ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!


分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


梅ヶ谷 藤太郎
DSCN0085.jpg

DSCN0098.jpg

DSCN0099.jpg
梅ヶ谷 藤太郎 像
(福岡県 朝倉市 原鶴温泉サンライズ広場)

撮影日:2015年2月1日
建設年:平成13年
分 類:力士
作 者:塙 和道
評 価:☆☆☆

梅ヶ谷 藤太郎(うめがたに とうたろう)
(1845年-1928年)
力士

15代横綱。福岡県朝倉郡杷木町梅ヶ谷出身。本名小江藤太郎。
大阪の大関となった1870年に上京、初め本中に付け出されたが、逆境に発奮し74年入幕。
以来5敗のみで84年の天覧相撲に際し横綱免許。
176cm、124kgの強豪で、維新後不況の角界復興の端緒をつくった。
その人情家ぶりは落語や芝居の《幸助餅》の報恩美談になって現在も上演されている。
引退後は取締雷権太夫となり、国技館建設に功績があり、隠居後も協会は給金を贈った。
「世界大百科事典」から

DSCN0082.jpg

[主な成績]
幕内通算成績:116勝6敗18分2預78休 勝率.951(歴代横綱最高勝率)。
優勝相当成績:9回

[エピソード]
◎巨体とも伝わるが、実際には歴代横綱の中で小柄な方。右上手を浅く引きつけ、左は筈かのぞかせて寄る堅実な取り口だったとされている。
◎人望が非常に厚く、1904年に大相撲常設館建設が計画された際には、安田銀行本所支店長だった飯島保篤から自分の信用だけで40万円(現在なら100億円に相当するという)を無担保で借りることに成功した。協会は飯島に感謝し、毎場所初日に飯島家へ赤飯を届けるようになったという。
◎一斗酒の酒豪で、4斗樽を片手で差し上げる無双の怪力、研究熱心で寝た間も二の腕を脇から離したことがなく、彼の下駄は親指に力を入れて歩くため、その辺がひどく窪んだという。

[銅 像]
1959年11月24日、出身地である朝倉市の原鶴温泉で「初代梅ヶ谷記念碑」の除幕式が行われた。2001年11月3日には、同じ原鶴温泉のサンライズ広場にブロンズ像が完成した。
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

[感  想]
朝倉市原鶴温泉道の駅近くの広場におられます。
左手に刀を持ち化粧まわしを着けた堂々とした立ち姿です。
DSCN0096.jpg
銅像の台座のまわりが土俵になっています。
DSCN0106.jpg

スポンサーサイト

一遍 2
DSCN9977.jpg

DSCN9976.jpg

DSCN9982.jpg
一遍 像2
(大分県 別府市 鉄輪 白池地獄)

撮影日:2015年1月31日
分 類:僧
評 価:☆☆

一遍は、鎌倉時代中期の僧侶。時宗の開祖。
布教の旅に出た一遍上人が、この鉄輪を訪れ、荒れ狂う地獄を鎮め「むし湯」のほか「熱の湯」「渋の湯」など、今も人々に愛される温泉を作ったとされています。
ここ鉄輪では、毎年9月には温泉山永福寺にある上人像を温泉で洗い清める「湯あみ法要」が行われ、一遍上人ゆかりの土地です。
「鉄輪湯けむり倶楽部ホームページ」から

yuami.jpg
湯あみ祭り

[感  想]
白池地獄をめぐる順路の途中におられます。
DSCN9970.jpg

DSCN9962.jpg
像は、コンクリート製だと思われます。
湯あみ祭りは、おもしろい行事だと思いました。


一遍 1
IMG_1331.jpg

IMG_1332.jpg
一遍 像 1
(広島県 尾道市 海徳寺)

一遍(いっぺん)
(1239年-1289年)
鎌倉時代の僧

撮影日:2010年5月28日
建設年:平成3年  
分 類:僧
作 者:矢形 勇
評 価:☆☆☆

延応元年2月15日生まれ。
時宗の開祖。
浄土宗西山派の聖達にまなぶ。
信濃(長野県)善光寺などに参籠し念仏往生をさとる。
紀伊熊野権現(和歌山県)で神託を得,全国を遊行。
踊り念仏をひろめ,おおくの庶民をはじめ公家,武家にもあがめられた。
正応2年8月23日死去。51歳。
伊予(愛媛県)出身。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感  想]
海徳寺の敷地内におられます。
IMG_1329.jpg
腰をかがめ手を合わせる姿が印象的です。


山本 哲次郎
DSCN0005.jpg

DSCN0007.jpg
山本 哲次郎 像
(大分県 別府市 鶴見 鶴見台病院)

撮影日:2015年1月31日
建設年:昭和57年
分 類:医学者
作 者:長谷 秀雄
評 価:☆☆☆

山本 哲次郎(やまもと てつじろう)
(1906年-1962年)
別府市の山本病院、鶴見台病院の設立者。

DSCN0001.jpg


[感  想]
別府市内の鶴見台病院で偶然発見しました。
DSCN0012.jpg
聴診器を首にかけた姿が印象的です。




高杉 晋作 7
DSCN9372.jpg

DSCN9374.jpg

DSCN9376.jpg

DSCN9401.jpg

DSCN9393.jpg
高杉 晋作 像 7
(山口県 下関市 長府 功山寺)

撮影日:2014年12月30日
建設年:昭和47年
分 類:幕末藩士
作 者:般若 純一郎
評 価:☆☆☆☆☆(満点!)

DSCN9387.jpg

「これより長州男児の肝っ玉をお目にかけます」
元治元年(1864)12月、雪の長府・功山寺において、
高杉晋作は打倒萩政府の兵を挙げました。
従う者わずかに八十名……。
幕末、アジア諸国を蹂躙した西洋列強は、次に日本を狙っていました。
上海に渡航し、半植民地と化した中国を見て強烈な危機感を抱いた晋作は、攘夷実行のために、身分を問わぬ精鋭部隊「奇兵隊」を結成します。
そして長州藩は攘夷を決行、下関を通過する外国船に砲撃を加えます。
しかし、四カ国連合艦隊の強烈な報復攻撃を受け、
さらに幕府の征討軍を前に、藩は屈服の道を選んだ。
「このままでは長州が、そして日本が滅ぶ」
晋作は奇兵隊に決起を促すが、肯んじる者はいませんでした。
「ならば一人でも起つ!」
晋作の、この捨て身の決断が、奇跡を起こしました。
彼に従う者は次第に増え、ついに晋作らが藩の実権を握るに至ったのです。
長州藩内の動きを察知した幕府は、再び長州征伐の軍を起こし、四境戦争が勃発。
兵の数では数十倍の幕府軍が相手でしたが、晋作らの奮闘でこれを撃退。
幕府の権威は地におち、明治維新に向けての大きな一歩を進めることができました。
それは高杉晋作の一つの決断 から始まったといっても過言ではないでしょう。
「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し」と評された晋作。
破天荒で型破りながら、一片の私利私欲もなく、維新回天の事業に短い生涯を捧げた男。
「歴史街道」かわら版 から

[感  想]
下関市長府にある功山寺、
DSCN9414.jpg

DSCN9416.jpg

ここは、
1864年12月15日
高杉晋作が、三条実美ら五卿に
「これより長州男児の肝っ玉をお目にかけます!」
と言いはなち、挙兵したまさにその場所です。
DSCN9444.jpg

DSCN9439.jpg
「回天義挙」の記念碑も入り口にあります。
そして、この高杉晋作騎馬像は、まさにその瞬間をとらえた素晴らしい像です。
桃型の兜を頸に掛け紺糸威の小具足に身を固めた高杉の等身大の銅像です。
高杉晋作という人物、銅像の出来栄え、銅像の建っている場所と全てにおいて満点です!
長州男児として高杉晋作を見習いたいと思います。

DSCN9430.jpg


高杉 晋作 6
DSCN9476.jpg

DSCN9473.jpg
高杉 晋作 像 6
(山口県 下関市 竹崎町 竹崎公園)

撮影日:2014年12月30日
建設年:平成21年
分 類:長州藩士
作 者:濵野 邦昭
評 価:☆☆☆

DSCN9471.jpg

[銅 像]
「維新の地に晋作記念彫像完成 下関・竹崎公園」
幕末の長州藩士、高杉晋作の生誕170周年を記念した彫像「風の予言者 高杉晋作と奇兵隊」が20日、下関市のJR下関駅近くにある竹崎公園に完成した。現地で除幕式があり、関係者ら約60人が出席した。
ブロンズ製で高さ約3メートルの彫像は、同市の企業や文化団体などでつくる「志士の杜推進実行委員会」が建立。わき上がり、流れていく歴史の雲をつかみ取る高杉晋作を、奇兵隊士に見立てた岩が支える様子を表現している。制作費2500万円は有志から募った。
同実委の山本徹会長は「維新志士たちの息吹を現代によみがえらせた。下関の未来につなげていけたら」とあいさつし、来賓らと除幕。制作を担当した同市出身の彫刻家、濵野邦昭さん(58)は「命を懸けて国を動かした晋作と奇兵隊の彫像。市民の皆さんで新たな命を宿してもらいたい」と話した。同実委の顧問を務める直木賞作家の古川薫さんは「維新胎動の地、下関を象徴するモニュメントになるはず」と期待を寄せていた。
同実委による維新志士のモニュメント建立は、晋作と坂本龍馬の友情をテーマに2003年に同市あるかぽーとに完成した「青春交響の塔」に続いて2点目。除幕後は市に寄贈された。
2009年8月21日(金) 山口新聞掲載

[感  想]
下関市の市街地の竹崎公園におられます。
DSCN9467.jpg
「風の予言者」という題が付いています。
穏やかな優しい表情が印象的です。


高杉 晋作 5
DSCN9517.jpg

DSCN9519.jpg
高杉 晋作 像 5
(山口県 下関市 豊前田町 晋作通り)

撮影日:2014年12月30日
建設年:平成元年
分 類:長州藩士
作 者:中村 重雄
評 価:☆☆

DSCN9513.jpg

[感  想]
「夢みる晋作像」という題が付いています。
おちょこを手に持った上半身の石像です。


高杉 晋作 4
IMG_5595.jpg

IMG_5596.jpg

IMG_5598.jpg
高杉 晋作 像 4
(山口県 萩市 呉服町 晋作広場)

撮影日:2011年4月12日
建設年:平成22年
分 類:幕末志士
作 者:江里 敏明
評 価:☆☆☆

高杉晋作肖像(山口県立山口博物館所蔵)
高杉晋作肖像(山口県立山口博物館所蔵)

「生誕の地・萩に初!高杉晋作立志像」
幕末の志士、高杉晋作の銅像「高杉晋作立志像」が、高杉晋作誕生地向かいの晋作広場(呉服町)に完成し、10月31日除幕式が行われました。
式典には、晋作終焉の地・下関市から中尾友昭市長が、またNHK大河ドラマ「龍馬伝」で晋作役を演じた俳優の伊勢谷友介さんらが出席。
銅像を制作した彫刻家の江里敏明さんは「萩に立つ晋作の銅像ならば、立志を立てた20歳頃のまげ姿でなければと思いました」、野村市長は「萩の新しいシンボルとして、多くの皆さんに親しまれてほしい」とあいさつしました。
「萩市ホームページ」から

[感  想]
他の像とは、少し感じが違います。
キリリとした立ち姿が良い若き晋作像です。


高杉 晋作 3
DSCN9247.jpg

DSCN9250.jpg

DSCN9271.jpg
高杉 晋作 像 3
(山口県 下関市 吉田 東行庵)

撮影日:2014年12月30日
建設年:平成24年
分 類:幕末藩士
作 者:奈部 雅昭
評 価:☆☆☆☆


2014山口新聞
2014年3月31日山口新聞

[感  想]
東行庵に新しく出来た、2番目の銅像です。
資料館間の池のほとりにおられます。
DSCN9245.jpg

DSCN9262.jpg
陶製の2よりすこし、顔の表情が厳しい感じです。

足元に梅の彫刻を発見しました。
DSCN9256.jpg

DSCN9257.jpg
高杉晋作の変名のひとつに谷梅之助が有り、梅が好きだったようで、東行庵にも梅の木が多く有ります。こういった細工は、おもしろいです。


DSCN9239.jpg

高杉 晋作 2
DSCN9292.jpg

DSCN9306.jpg

DSCN9308.jpg

DSCN9322.jpg
高杉 晋作 像 2
(山口県 下関市 吉田 東行庵)

撮影日:2014年12月30日
建設年:昭和31年
分 類:長州藩士
作 者:伊勢埼 陽山
評 価:☆☆☆☆

幕末志士 高杉晋作1
「下関吉田郵便局風景印」

幕末志士 高杉晋作2
「下関小月郵便局風景印」

[感  想]
下関市吉田の東行庵の敷地内におられます。
IMG_7542.jpg

東行庵は、明治17年かつての同士らによって建立されました。
日和山公園の1の像と同じく陶像ですが、こちらの像のほうが小ぶりで、顔がやさしい感じです。

また、ここには、晋作のお墓があります。
IMG_7551.jpg

そして有名な、伊藤博文が高杉晋作を評した言葉が書いてある顕彰碑があります。
IMG_7554.jpg
「動けば雷電の如く発すれば風雨の如し、
衆目駭然、敢えて正視する者なし。
これ我が東行高杉君に非ずや…」
(一たび動けば雷電のごとく、発すれば風雨のごとし。
周りの者は、ただただ驚き、呆然とするばかりで、敢えて正視する者すらいない。
それこそ我らが高杉さんのことだ)
IMG_7607.jpg
東行庵の横には、東行記念館があり、高杉晋作にまつわる品々が展示してあります。
上は、記念館にあった垂れ幕。

2階に長峰武四郎作の「高杉晋作馬上姿像」が展示してありました。
IMG_7601.jpg
ぜひ、銅像にしてもらいたいです。



高杉 晋作 1
DSCN9488.jpg

DSCN9485.jpg

DSCN9496.jpg
高杉 晋作 像1
(山口県 下関市 丸山町 日和山公園)

撮影日:2014年12月30日
建設年:昭和31年
分 類:幕末藩士
作 者:関野 聖雲(原型)
    伊勢崎 陽山
評 価:☆☆☆☆

高杉晋作
「近代日本人の肖像ホームページ」から

高杉晋作(中央)と伊藤博文(右)(左の少年は山田顕義)
高杉晋作(中央)と伊藤博文(右)(左の少年は山田顕義)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

高杉 晋作(たかすぎ しんさく)
(1839年-1867年)
幕末の武士

天保10年8月20日生まれ。
高杉小忠太の長男。長門(山口県)萩藩士。
松下村塾にまなぶ。
文久2年江戸品川のイギリス公使館焼き打ち,3年奇兵隊の創設,第2次幕長戦争での幕府軍撃退など,尊攘運動の先頭にたった。
慶応3年4月14日下関で病没。29歳。
墓所は東行庵(山口県下関市)。
名は春風。字は暢夫。変名は谷梅之助,谷潜蔵。号は東行。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[銅 像]
昭和11年に銅像として建てられましたが、戦時の金属不足から徴収され失われました。
戦後の昭和31年に、没後90年を記念して備前焼の陶像として再び建立。
備前焼の陶像としての大きさも日本一です。

幕末志士 高杉晋作4
「下関丸山郵便局風景印」

幕末志士 高杉晋作3
「下関豊前田郵便局風景印」

[エピソード]
◎人物評
伊藤 博文
「動けば雷電の如く発すれば風雨の如し、衆目駭然、敢て正視する者なし。これ我が東行高杉君に非ずや…」

中岡 慎太郎
「胆略有り、兵に臨みて惑わず、機を見て動き、奇を以って人に打ち勝つものは高杉東行(晋作)、是れ亦洛西の一奇才」

勝 海舟
「年は若し、時が時だったから、充分器量を出さずにしまったが、なかなか活気の強かった男さ」(海舟言行録)

◎高杉は長身ではなく小柄であり本人もそれを気にしていたため直立して撮った写真は現存しない。また小柄ではあったが長い刀を好んで愛用していた。
その姿は刀が長いため引きずって歩いているように見えたという。

◎師である吉田松陰は高杉の非凡さを逸早く見抜き、剣術ばかりであまり学業に本腰を入れない高杉を奮起させるためあえて、同門で幼馴染でもある優秀な久坂ばかりをべた褒めしたという。
高杉は悔しさをバネに自身の非凡さを発揮。久坂と肩を並べお互いを切磋琢磨しあうなどとても優秀であったという。

◎公金と私金の区別がつかない(つけない?)人物だった。
藩の金で軍艦を二度、購入しようとしたこともある。

◎一度日本に駐在していた英国人兵に頼まれ刀を見せた事があったが、武士の魂ともいえる刀を物めずらしいと何度も見せてくれと言われその事を遺憾に感じた高杉はそれ以後決して見せる事は無かったという。

◎高杉が上海で購入したピストルが、坂本龍馬に贈られたという。
S&W モデル
◎のちに伊藤博文は彦島の前を船で通過した際、「あのとき高杉が租借問題をうやむやにしていなければ、彦島は香港になり、下関は九龍半島になっていただろう」と語っている。

◎都々逸「三千世界の鴉を殺し、主と添寝がしてみたい」(添寝の部分が『朝寝』とされていることもある)は一般に晋作の作であると言われている(木戸孝允作の説も有り)。この都々逸は、現在でも萩の民謡である「男なら」や「ヨイショコショ節」の歌詞として唄われている。

◎辞世の句
「おもしろき こともなき世に おもしろく」
辞世の句は「おもしろきこともなき世におもしろく」であり、下の句は看病していた野村望東尼が「すみなすものは心なりけり」とつけたと言われている。
また都々逸(どどいつ)の「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」は一般に晋作の作であると言われている。(木戸孝允作の説も有り)この都々逸は、現在でも萩の民謡である「男なら」や「ヨイショコショ節」の歌詞として唄われている。


[感  想]
この像は、下関市の中心街に近い日和山公園にあります。
ここは、高台にあり、関門海峡を見ることができます。
DSCN9486.jpg
像は、陶像で、かなりの大きさが有り、刀を手に持った立ち姿は、りりしく顔は少し怒ったような感じで、迫力があります。


林 勇蔵
DSCN8183_20150208085446f03.jpg

DSCN8190_201502080854533c7.jpg

DSCN8191_20150208085501cd8.jpg
林 勇蔵 像
(山口県 山口市 小郡上郷)

撮影日:2014年11月22日
建設年:昭和46年
分 類:幕末の尊攘運動家
評 価:☆☆☆

林 勇蔵(はやし ゆうぞう)
(1813年-1899年)
幕末の尊攘運動家

文化10年7月16日生まれ。
新田開拓、椹野川堤防工事などにつくし、安政2年(1855)周防(山口県)吉敷郡小郡宰判の大庄屋となる。
元治元年からの萩藩内部抗争では庄屋同盟を結成して改革派を財政的に援助し、勤王大庄屋とよばれた。
明治5年から県租税課につとめ、地租改正にかかわった。
明治32年9月24日死去。87歳。本姓は山田。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

DSCN8175_20150208085432349.jpg

高杉晋作らを支えた小郡の大庄屋
幕末の農民
1813(文化10)年、吉敷郡矢原村(現 山口市)に生まれ、小郡宰判の林家の養子となりました。
上中郷(現 山口市小郡上郷)の庄屋となりますが、当時上中郷は椹野川の洪水によって米を収穫できない年が度々ありました。
勇蔵は1851(嘉永4)年、仁保津の丘の上に水田を作ることを考え、鉱山を掘る技術を取り入れて池や水路用トンネルなど(椎の木峠トンネル)を作り、その後、約10ヘクタールの水田を完成させました。
1855(安政2)年、勇蔵は小郡宰判の大庄屋となりました。
1864(元治元)年、幕府から萩藩征討の命令が出され、藩の主導権を幕府に従う人たちが握り、それに反発して高杉晋作らが挙兵します。
勇蔵は翌年、晋作らの改革派を財政的に援助し、また、庄屋同盟を結成して支え、勤王大庄屋と呼ばれるようになりました。
明治維新後は山口県租税課に勤め、農民のための地租改正の仕組みを作りました。
また、洪水を防ぐため椹野川を改修し、小郡の人々のために力を尽くし、満86歳で亡くなりました。
「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料 山口県人づくり財団ホームページから

[感  想]
山口市小郡上郷児童館の近くにおられます。
DSCN8177_201502080854392ab.jpg
着物で正座をした姿の像で、前をしっかりと見つめた、きりりとした表情が印象的です。


フランシスコ・ザビエル 8
DSCN0506.jpg

DSCN0514.jpg

DSCN0500.jpg
フランシスコ・ザビエル 像 8
(山口県 山口市 亀山町 サビエル記念聖堂前)

撮影日:2014年10月25日
建設年:平成10年
分 類:外国人
評 価:☆☆☆

山口サビエル記念聖堂
サビエル記念聖堂は、昭和27年にサビエルが山口を訪れてから400年を記念して建てられました。内部にはサビエルの一生を描いた美しいステンドグラスがあり、聖堂からは15分おきに時を告げる美しい鐘音が市街に響いていましたが、残念ながら平成3年9月5日に焼失してしまいました。

ac_sabieru02_02.jpg

ac_sabieru02_01.jpg
※焼失前の山口サビエル記念聖堂

その後、再建に向けて募金活動なども行われ、焼失から6年と7か月経った平成10年4月29日、白亜に輝く待望の新しい記念聖堂が完成しました。
新しい記念聖堂は、高さ53メートル(十字架と鐘を含めて)の2本の塔と屋根が建物全体を覆う三角錐となった斬新なデザインです。
「西の京 やまぐちホームページ」から
DSCN0501.jpg

[感  想]
新しい山口サビエル記念聖堂の玄関前におられます。
右手に司教杖を持ち、左手で十字架を掲げている立ち姿で、
白い大理石でできており、後ろの聖堂とマッチしています。

DSCN0509.jpg


フランシスコ・ザビエル 7
IMG_0795.jpg

IMG_0804.jpg

IMG_0800.jpg
フランシスコ・ザビエル 像 7
(鹿児島県 鹿児島市 東千石町 ザビエル公園)

撮影日:2012年11月18日
建設年:平成11年
分 類:外国人
評 価:☆☆☆

IMG_0808.jpg

[感  想]
ザビエル、ヤジロウ、ベルナルドの群像です。
ザビエル来航450周年を記念して、1999年ザビエル公園内に設置されたもの。
ヤジロウ、ベルナルドの後ろで、左手を横に掲げておられます。
ザビエルの顔は、他の像と比べるとちょっと違った印象です。


フランシスコ・ザビエル 6
IMG_0786.jpg

IMG_0787.jpg

IMG_0790.jpg
フランシスコ・ザビエル 像 6
(鹿児島県 鹿児島市 東千石町 ザビエル公園)

撮影日:2012年11月18日
建設年:昭和24年
分 類:外国人
作 者:柳田 昇
評 価:☆☆☆

IMG_0806.jpg

◎ザビエル来鹿記念碑
元は記念教会だったが太平洋戦争中に空襲で焼失。
1949年、ザビエル来航400年を記念して教会の廃材を使用し設置。
奥にはザビエルの胸像がある。
鹿児島カテドラル・ザビエル教会向かいの「ザビエル公園」内。

[感  想]
記念碑の壁中央の開口部の後ろにおられます。
横を向いた上半身の像です。

IMG_0794.jpg
向かいの教会をじっと見つめておられます。


フランシスコ・ザビエル 5
IMG_0816.jpg

IMG_0810.jpg

IMG_0811.jpg
フランシスコ・ザビエル 像 5
(鹿児島県 鹿児島市 照国町)

撮影日:2012年11月18日
建設年:昭和24年(平成19年設置)
分 類:外国人
評 価:☆☆☆

IMG_0812.jpg

[感  想]
鹿児島カテドラル・ザビエル教会の前におられます。
大理石で出来た、イタリア製の真っ白な像です。
左手を上げ右手に十字架を握り、天を見上げておられます。
細かい服のシワまで表現された像です。

IMG_0817_20130209202522.jpg


フランシスコ・ザビエル 4
IMG_0843_20130209204207.jpg

IMG_0844.jpg

IMG_0845_20130209204219.jpg
フランシスコ・ザビエル 像 4
(鹿児島県 日置市 大田 城山公園)

撮影日:2012年11月18日
建設年:平成11年
分 類:外国人
作 者:竹 道久
評 価:☆☆

IMG_0847.jpg

IMG_0848.jpg
1549年9月、伊集院城(一宇治城/現鹿児島県日置市伊集院町大田)で薩摩の守護大名・島津貴久に謁見、宣教の許可を得た。
ザビエルは薩摩での布教中、福昌寺の住職で友人の忍室と好んで宗教論争を行ったとされる。
後に日本人初のヨ-ロッパ留学生となる鹿児島のベルナルドなどにもこの時に出会う。
しかし、貴久が仏僧の助言を聞き入れ禁教に傾いたため、「京にのぼる」ことを理由に薩摩を去った(仏僧とザビエル一行の対立を気遣った貴久のはからいとの説もある)。
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感  想]
日置市のちょっと小高い山の上の城山公園におられます。
左手に十字架を持った、ちょっと丸っこい感じの石像です。


フランシスコ・ザビエル 3
IMG_0628_20130209204754.jpg

IMG_0632.jpg
フランシスコ・ザビエル 像 3
(鹿児島県 鹿児島市 祇園之洲町 ザビエル上陸記念碑)

撮影日:2012年11月18日
建設年:昭和53年
分 類:外国人
作 者:ルイ・フランセン(Louis Fransen)
評 価:☆☆☆

IMG_0634.jpg

◎ザビエル上陸記念碑
ザビエル一行が薩摩国祇園之洲あたりに上陸したことを記念して、鹿児島市祇園之洲公園に1978年に設置。
かつてこの公園(新祇園之洲)は浅瀬の干潟で1970年代の埋め立てによって作られた土地。
実際の上陸地は旧祇園之洲よりもさらに内陸の、稲荷川河口付近であったと考えられる。
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋
IMG_0626.jpg

[感  想]
ザビエル一行が、初めて日本に上陸した場所におられます。
記念碑の壁画の横の柱に設置されており、宙に浮かんでいる珍しい像です。
手を広げ、天を見上げておられます。


フランシスコ・ザビエル 2
IMG_0074HE.jpg

IMG_0066.jpg
フランシスコ・ザビエル 像 2
(大分県 大分市 大手町 遊歩公園)

撮影日:2008年2月3日
分 類:宣教師
作 者:佐藤  忠良
評 価:☆☆☆

1551年に府内を訪れてキリスト教の布教を行ったフランシスコ・ザビエルの彫像。
彫刻家佐藤忠良の1969年の作品。
日本までの航路を示した世界地図を背景に、左手に十字架を持ち、右手を掲げたザビエルが描写されている。
公園北端の交差点の南西側角地にある。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感  想]
後ろの壁に世界地図が描かれており、航海の道のりが記されています。
その前に立つ、像は堂々としています。
山口の像とは、かなり顔が違った感じです。


フランシスコ・ザビエル 1
DSCN0489.jpg

DSCN0495.jpg

DSCN0492.jpg

DSCN0494.jpg
フランシスコ・ザビエル 像 1
(山口県 山口市 亀山町 山口サビエル記念聖堂)

撮影日:2014年10月25日
分 類:外国人
評 価:☆☆☆

300px-Franciscus_de_Xabier.jpg
フランシスコ・ザビエル肖像
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

フランシスコ・ザビエル(Francisco de Xavier)
(1506年-1552年)
スペインの宣教師

1506年4月7日生まれ。
ナバラ王国の貴族の子。
1534年イグナチウス=デ=ロヨラらとともにイエズス会をおこす。
インド,モルッカ諸島で布教。
マラッカであった日本人アンジロ-の案内で,天文18年(1549)鹿児島に上陸,日本にはじめてキリスト教をつたえた。
平戸,山口,豊後などで2年あまり伝道。
インドにもどり,さらに中国をめざすが1552年12月3日広東港外で病死。46歳。
パリ大卒。
シャビエルともよむ。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

DSCN0496.jpg
「山口での宣教」
ザビエルは、平戸に置き残していた献上の品々を携え、三度山口に入った。
1551年4月下旬、大内義隆に再謁見。
それまでの経験から、貴人との会見時には外観が重視されることを知っていたザビエルは、一行を美服で装い、珍しい文物を義隆に献上した。
献上品は、天皇に捧呈しようと用意していたインド総督とゴア司教の親書の他、望遠鏡、洋琴、置時計、ギヤマンの水差し、鏡、眼鏡、書籍、絵画、小銃などがあったとされる。
これらの品々に喜んだ義隆はザビエルに宣教を許可し、信仰の自由を認めた。
また、当時すでに廃寺となっていた大道寺をザビエル一行の住居兼教会として与えた(日本最初の常設の教会堂)。
ザビエルはこの大道寺で一日に二度の説教を行い、約2カ月間の宣教で獲得した信徒数は約500人にものぼった。
また、山口での宣教中、ザビエルたちの話を座り込んで熱心に聴く盲目の琵琶法師がいた。
彼はキリスト教の教えに感動してザビエルに従い、後にイエズス会の強力な宣教師となるロレンソ了斎となった。
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感  想]
銅像の説明文によると
ザビエルは、毎日2回大殿小路という通りに出かけ、そこにあった井戸端で集まって来る人々に向かい布教したそうです。
その時の様子の銅像です。
教科書によく出てくるザビエルの肖像とは、感じが全然違います。
どっちが本物に近いのだろうかと思いました。



藤岡 市助
DSCN9265.jpg

DSCN9251.jpg

DSCN9258.jpg

DSCN9249.jpg

DSCN9253.jpg
藤岡 市助 像
(山口県 岩国市 横山 吉香公園 岩国美術館前)

撮影日:2014年9月30日
建設年:平成26年
分 類:実業家
作 者:小川 幸造
評 価:☆☆☆

藤岡市助
藤岡 市助(ふじおか いちすけ)
(1857年-1918年)
明治時代の電気工学者、実業家
日本に電気、電球灯の普及させたところに功績が大きく、「日本のエジソン」、「電力の父」と評される。

安政4年3月14日生まれ。
明治17年母校工部大学校の教授。
19年帝国大学助教授となったが、同年実業界に転じ、東京電灯技師長となる。
のち東京電気(東芝の前身)社長。
白熱灯用発電機、タングステン電球の製造など、電気事業の発展につくした。
大正7年3月5日死去。62歳。
周防(山口県)出身。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

藤岡市助ものがたり
エジソンの発明から10年後。
一人の男の情熱によって、日本で初めて国産電球が点灯されました。
欧米に負けない電気産業を興し、人々にゆたかな暮らしをもたらすために、彼は生涯にわたり懸命に努力を続けました。
彼が灯した白熱電球の輝きは、文明開化のシンボル。
もう一人の東芝創業者・藤岡市助の偉業に迫ります。

【運命 DESTINY】
それは運命の出会いから始まった ~エジソンとの出会い~
明治17年(1884年)、日本の電気工学の草創期を支えた若き研究者が、国の使節に任命されアメリカに渡った。
電気時代の到来を告げる盛大な博覧会や電気産業を視察した後、彼はエジソンの研究室を訪ねる。そして発明王に自らの想いを語った。
「日本に帰ったら電気事業の創設に我が身を捧げます」と。
青年の大志に、エジソンは「日本を電気国にするのは、大変よいことだ。だがひとつだけ忠告しておこう、どんなに電力が豊富でも、電気器具を輸入するようでは国は滅びる。
まず電気器具の製造から手がけ、日本を自給自足の国にしなさい」と応じた。
およそ120年前、このアドバイスを受けた人物こそ、藤岡市助だった。

【.挑戦 CHALLENGE】
白熱電球の国産化に成功 ~「白熱舎」創設~
帰国後、市助は、国や経済界へ電球の実用化・国産化を積極的に働きかけていく。
2年後の明治19年(1886年)、市助の提言により「東京電燈」(東京電力株式会社の前身)が開業。いよいよ日本でも電気時代が到来した。
同年、市助はついに大学の教職を辞し、東京電燈の技師長へ転身。
英国から電球製造機械を輸入して、白熱電球の試作を開始した。
明治23年(1890年)4月には、同じ岩国出身の三吉正一と共同で「白熱舎」を創設し、本格的な電球製造に着手する。当初、製造は日産数個。日夜苦労を重ねた末、品質も向上し、6年後には生産規模を日産280~290個まで拡大させた。

【.誕生 ADVENT】
「マツダランプ発売」 ~「東京芝浦電気」誕生まで~
マツダランプ
マツダランプ
明治38年(1905年)、市助はエジソンの会社、米国ゼネラルエレクトリック社との提携を図った。
明治44年(1911年)には、タングステン電球「マツダランプ」を発売。
安価で丈夫な国産電球が普及し、市助が理想とした社会が実現する。
その後、市助の情熱を継承する東京電気の技術者により二つの発明(二重コイル/内面つや消し)がもたらされ、現在の白熱電球が完成。東京電気は海外企業に負けない競争力を持つ会社へと変貌を遂げ、昭和14年(1939年)、田中久重が興した会社の流れをくむ「芝浦製作所」と合併。
遂に総合電気メーカー「東京芝浦電気」が誕生する。
日本の技術であらゆる電気製品をつくる市助のスピリットは、今に受け継がれている。
「東芝未来科学館ホームページ」から

[感  想]
岩国美術館の前におられます。
後ろで手を組んだ立ち姿で、電燈をじっと見つめておられます。
台座に彫られた「明るい未来へ」も良いです。


久能 寅夫
DSCN9197_20150207195159782.jpg

DSCN9201_201502071952070c8.jpg
久能 寅夫 像
(山口県 岩国市 横山 吉香公園)

久能 寅夫(ひさのう とらお)
(1890年-1977年)

撮影日:2014年9月30日
建設年:昭和60年
分 類:政治家
評 価:☆☆☆

岩国町錦見(現在の岩国市)に生まれる。
大正4年九州帝国大学工学部を卒業して商工省東京試験場に入り、大正8年から3年間米国に留学したのち。呉海軍工廠に就職。
大正14年のジュネーブ国際労働会議には海軍連盟中央委員長として代表顧問で参加した。
昭和4年海軍技官に任官。
その後舞鶴海軍火薬廠製造部長・東洋曹達徳山工場長を歴任した。
戦後、昭和26年岩国市長に就任し、台風で流失した錦帯橋の再建や国鉄岩日線の着工などに尽くした。市長退職後岩国商工会議所会頭を一期務め、49年に名誉市民になった。

[感  想]
錦帯橋近くの錦川河畔におられます。
DSCN9204.jpg
上半身の像で、錦川をじっと見つめておられます。


親鸞 4
DSCN9348.jpg

DSCN9346.jpg
親鸞 像4
(山口県 柳井市 柳井津 白潟山誓光寺境内)

撮影日:2014年9月30日
分 類:僧
評 価:☆☆☆

[感  想]
台座に「親鸞聖人ご幼少の像」とあるように、親鸞の幼少の像です。
小ぶりな像ですが、手を合わせてしっかりと前を見つめる目が特徴的です。


DSCN9350.jpg

DSCN9354.jpg

親鸞 3
DSCN9356.jpg

DSCN9357.jpg
親鸞 像3
(山口県 柳井市 柳井津 白潟山誓光寺境内)

撮影日:2014年9月30日
分 類:僧
評 価:☆☆☆

[感  想]
白潟山誓光寺境内におられます。
DSCN9365.jpg

せいこうじ
東京にある1、2の像と基本スタイルは、同じです。


親鸞 2
IMG_4582.jpg

IMG_4584.jpg
親鸞 像2
(東京都 港区 元麻布 善福寺)

撮影日:2010年12月18日
建設年:昭和11年
分 類:僧
評 価:☆☆☆

◆元麻布にある麻布山善福寺は、真言宗の開祖空海により創建。
鎌倉時代に親鸞が布教に訪れ、以後浄土真宗に改められて現在に至っています。
親鸞上人像は、昭和11年7月に建立。
幼い我が子を亡くした廣瀬精一氏が、これをきっかけに真宗の教えに深く感じ、像を作って寄進したといわれます。
境内には他に福沢諭吉夫人の墓や、初代アメリカ公使、タウンゼント・ハリスの記念碑(公使館が置かれていた)、樹齢約750年という天然記念物の逆さ銀杏などがあります。
「歴史群像―学研デジタル歴史館-「TOKYO銅像マップ」」から

[感  想]
善福寺の敷地内におられます。
築地本願寺別院にある1と同じ旅姿でよく似ていますが、こちらが小さめです。


親鸞 1
IMG_4151.jpg

IMG_4146_20110801075755.jpg

IMG_4150.jpg
親鸞 像1
(東京都 中央区 築地 築地本願寺)

撮影日:2010年12月12日
分 類:僧
評 価:☆☆☆

親鸞
親鸞聖人 熊皮の御影
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

親鸞(しんらん)
(1173年-1263年)
鎌倉時代の僧

承安3年生まれ。
日野有範の子。
妻は恵信尼。浄土真宗の開祖。
比叡山で修学し,建仁元年源空(法然)の門にはいり,専修念仏に帰依。
念仏教団禁圧により越後(新潟県)に流罪となる。
建暦元年ゆるされ,関東で布教。
60歳ごろ京都にもどり,著述と門弟の指導につとめた。
絶対他力・悪人正機説をとなえ,肉食妻帯の在家主義を肯定した。
弘長2年11月28日死去。90歳。
著作に「教行信証」「和讃」,語録に唯円編「歎異抄」など。
【格言など】善人なおもて往生をとぐ,いわんや悪人をや(「歎異抄」)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

◆親鸞は鎌倉時代初期の僧です。浄土宗の開祖といわれる法然を師とし、その教えを継承し、昇華させて浄土真宗開宗への道を拓きました。
布教・教化のため、各地に念仏道場を開きましたが、その教えが広まるにつれて既存の仏教勢力や宗派の攻撃の的となりますが、これが逆に浄土真宗の教義と信徒の結束をより強固なものとしたようです(浄土真宗の開宗は親鸞没後)。
銅像は、築地本願寺別院(京都西本願寺の別院)の正門を入って左の駐車場脇にあります。
台座も含めて5メートル余りの立像で、各地の仏教道場を巡って教えを広めていたであろう旅の姿を描いています。
築地本願寺は元和3年(1617年)に浅草近くに建立されましたが、明暦の大火で焼失。
同地に再建することが叶わなかったため、八丁堀沖を埋め立てて代替地とし、再建されました(この埋め立て工事が築地の名の由来)。
なお、現在の伽藍は関東大震災後の火災により焼失したものを1934年に再建したもので、古代インド様式の造りは一見の価値があります。
「歴史群像―学研デジタル歴史館-「TOKYO銅像マップ」」から

[感  想]
築地本願寺別院の敷地内におられます。
笠を被った旅姿のい像は、大きくじっと寺院を見守っているような感じです。

IMG_4144_20110801075755.jpg

久原 房之助
IMGP3645.jpg

IMGP3649.jpg
久原 房之助 像
(山口県 下松市 下松工業高校)

撮影日:2014年9月27日
建設年:昭和31年
分 類:政治家
作 者:長嶺 武四郎
評 価:☆☆☆

久原房之助
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

久原 房之助(くはら ふさのすけ)
(1869年-1965年)
明治-昭和時代の実業家、政治家

明治2年6月4日生まれ。
久原庄三郎の4男。
明治24年藤田組にはいり小坂鉱山を再建。
日立鉱山を開発して久原鉱業、日立製作所を創立する。
昭和3年経営を義兄鮎川義介にゆだね衆議院議員に転身(当選5回)、同年田中義一内閣逓信相、14年政友会総裁。
昭和40年1月29日死去。95歳。
長門(山口県)出身。慶応義塾卒。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

日立製作所、日産自動車、日立造船、日本鉱業創立の基盤となった久原鉱業所(日立銅山)や久原財閥の総帥として「鉱山王」の異名を取った。

[感  想]
下松工業高校の中庭におられます。
着物姿の上半身の像で、萩市出身の彫刻家である長嶺武四郎の作です。


アンデルセン 2
DSCN8835.jpg

DSCN8837.jpg

DSCN8848.jpg
アンデルセン像 2
(岡山県 倉敷市 JR倉敷駅北口)

撮影日:2014年9月14日
分 類:外国人
評 価:☆☆☆

[感  想]
JR倉敷駅北口のアンデルセン広場からちょっと外れた、ロータリーの植え込みの中におられます。
DSCN8845.jpg
右手に本、左手にステッキを持ち、椅子に座った姿で、横を向いて遠くを見つめています。
シルクハットと鷲鼻が印象的です。


アンデルセン 1
DSCN8824.jpg

DSCN8828.jpg

DSCN8834.jpg
アンデルセン像 1
(岡山県 倉敷市 JR倉敷駅北口 アンデルセン広場)

撮影日:2014年9月14日
建設年:平成10年
分 類:外国人
評 価:☆☆☆

アンデルセン
アンデルセンの肖像(1869年)
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

アンデルセン 【Hans Christian Andersen】
(1805~1875)
デンマークの童話作家・小説家・詩人

創作童話で世界的に有名。
小説「即興詩人」「絵のない絵本」、童話「親指姫」「マッチ売りの少女」など。
デンマーク語名アナセン。

[エピソード]
◎大学を卒業しなかったアンデルセンは、旅行を自分の学校として、多くの旅行記を書いている。グリム兄弟、バルザック、ディケンズ、ヴィクトル・ユーゴー、シュポーア、ケルビーニ、ダヴィッドなど旅先で多くの作家や学者、芸術家と交友を深めた。生涯独身(未婚)であった。

◎アンデルセンが亡くなった時は、フレゼリク王太子や各国の大使、子供から年配者、浮浪者に至るまで葬式に並び大騒ぎになった。世界中で愛読されていたにもかかわらず、自身は常に失恋の連続だった。要因として、容姿の醜さ、若い頃より孤独な人生を送ったため人付き合いが下手だったこと、他にもラブレター代わりに自分の生い立ちから、童話作家としてデビューした事、初恋に敗れた悲しさなどを綿々と綴られた自伝を送るという変な癖があったことを指摘する人もいる。この著作は死後約50年経て発見された。それ等によると生涯に三度、こうした手紙類を記したことが分かっている。探検家デイヴィッド・リヴィングストンの娘との文通は有名である。

◎彼の肖像は、デンマークの旧10クローネ紙幣に描かれていた。
10クローネ

◎首都コペンハーゲンには人魚姫の像とダンス博物館に王立バレエ団時代の資料が、彼の生まれ故郷オーデンセにはアンデルセンの子供時代の家(一般公開)とアンデルセン博物館がある。また、1956年には彼の功績を記念して国際児童図書評議会 (IBBY) によって「児童文学への永続的な寄与」に対する表彰として国際アンデルセン賞が創設され、隔年に授与が行われている。この賞は「児童文学のノーベル賞」とも呼ばれ、高い評価を得ている。
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

[感  想]
JR倉敷駅の北側にある、倉敷駅周辺第一土地区画整理事業の記念として作成されたアンデルセン広場の階段の途中に座っておられます。
DSCN8853.jpg
本を片手に持ち、バイキング像とからくり時計の童話の主人公たちをやさしく見つめておられます。


蒋 介石
DSCN8819.jpg

DSCN8815.jpg
蒋 介石 像
(岡山県 倉敷市 鶴形 昭和大戦博物館準備展示室前)

撮影日:2014年9月14日
建設年:昭和60年
分 類:外国人
評 価:☆☆☆

蒋介石2

蒋介石
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から
蒋 介石(しょう かいせき)
(1887年-1975年)
中国の軍人、政治家

光緒13年10月31日生まれ。
日本に留学し、孫文の中国同盟会にはいる。
帰国して辛亥革命に参加。
黄埔軍官学校校長、国民革命軍総司令などをへて1928年国民政府主席となる。
共産党を弾圧したが、西安事件で抗日のための第2次国共合作に合意。
1948年中華民国総統。
翌年国共内戦に敗れて台湾にのがれ、以後その死まで中華民国総統をつとめた。
1975年4月5日死去。89歳。
浙江省出身。字は中正。
【格言など】怨みに報いるに徳を以てす(敗戦国日本に対して)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[エピソード]
◎陽明学の信奉者だった。

◎戦後にGHQが安岡正篤を戦犯に指定しようとした際に、蒋介石が反対したとも言われている。

◎遺されている小物や衣服、写真を見てわかるとおり、公式の場で特注の軍服などを着用していたものの、プライベートでは派手好きな妻と反対に非常に質素な生活を好み、静養地でも読書に耽っていたり、妻と茶などを楽しむ程度だった。

◎総統に就任してからも、毎朝5時に起床し、朝食までの時間を漢書を主とした読書などといった勉強の為にあてるなど、普段から規則正しい生活を送り続け、終生生真面目さを失わなかったと伝えられている。

◎慈湖紀念雕塑公園-中華民国の民主化に伴い、次々と撤去され始めた蒋介石像を収集して展示している公園。
蒋介石の遺体が安置された慈湖にある。現在も台湾全土から集められ、その数は200体近くに上ると言われている。

◎紙幣-没後の1980年から、台湾元の高額紙幣に蒋介石の肖像が使われてきた。
李登輝政権末期から準備され、政権交代後の2000年以降発行された現行設計の紙幣でも、高額紙幣では科学技術・教育・スポーツを象徴する絵柄に取って代わられたものの、5券種中4番目にあたる200元紙幣に描かれている。
ただし、日本の2000円札同様、市中での流通量は極めて少ない。
なお、10元、5元、1元硬貨にも蒋介石が描かれている。
twd1000f.jpg

[銅 像]
蒋介石による「暴をもって暴に報ゆる勿れ」の演説が行われた四十周年を記念して建立されたものです。

[感  想]
昭和大戦博物館準備展示室前におられます。
DSCN8816.jpg
右手に山高帽、左手にステッキを持ち、座った像で、引き締まった表情が印象的です。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。