ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大村 能章
DSCN2610.jpg

DSCN2609.jpg

DSCN2602.jpg
大村 能章 像
(山口県 防府市 緑町 防府市公会堂前庭)

撮影日:2014年5月14日
建設年:平成3年
分 類:作曲家
評 価:☆☆☆

Omura_Nosho.jpg
1948年(左)
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

大村 能章(おおむら のうしょう)
(1893年-1962年)
大正-昭和時代の作曲家

明治26年12月13日生まれ。
昭和10年代に東海林太郎のうたう「野崎小唄」がヒットし、以後純日本調の作品を数おおくのこした。
12年日本歌謡学院を設立。
58年、作曲者不詳といわれていた「同期の桜」の作曲者とみとめられた。
昭和37年1月23日死去。68歳。
山口県出身。本名は秀弌。
作品はほかに「明治一代女」「麦と兵隊」など。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

中山晋平、古賀政男、江口夜詩とともに歌謡界の四天王として昭和の歌謡界にその名を残した。約8000曲を作曲し、多くの歌手を育てた。

[感  想]
防府市公会堂の前庭におられます。
上半身の像で、眼鏡と髭が特徴的です。
コンサートも行われる公会堂をじっと見つめておられます。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。