ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅原 道真 3
IMGP5439.jpg

IMGP5445.jpg

IMGP5438.jpg

IMGP5437.jpg
菅原 道真 像 3
(波乗り祈願像)
(兵庫県 神戸市須磨区天神町 綱敷天満宮)

撮影日:2016年8月26日
分 類:貴族
評 価:☆☆☆

IMGP5435.jpg
サーフボードを持たれた菅公さん
時勢の波に乗り、夢が叶うことを祈願します
~波乗り祈願像~
「波乗り祈願」とは、成功を収めるために、うまく時流の波に乗ることを祈願するものです。決して自分本位な行動をとるのではなく、時を読み、流れに逆らわず、自らの平衡感覚によって状況に適応していくことが、人間が生きていく上で大切だと思います。
綱敷天満宮の近くには、古くから風光明媚な景勝地として親しまれている須磨の浦があります。 今も、夏になれば、須磨海岸には、多くの若者や家族が訪れ、賑わいます。
この像は、時代の荒波に乗り、一人でも多くの方々が幸せになることを願い、須磨の海でサーフボードを抱える幼少時代の菅原道真公をモチーフに制作、建立しました
「綱敷天満宮ホームページ」から

[感  想]
綱敷天満宮の境内におられます。
サーフボードを持った幼少時代の菅原道真の像。
サーフボードと菅原道真という異色の組み合わせですが、「波乗り祈願」の像として上手くマッチしている感じです。

IMGP5455.jpg

IMGP5454.jpg

IMGP5453.jpg
波乗り坂
境内にさしかかる坂に、サーフボード型の石畳があります。
これに乗ると「サーフィーン上達」「人生の波にうまく乗ることができる」

スポンサーサイト
菅原 道真 2
IMGP5428.jpg

IMGP5426.jpg
菅原 道真 像 2
(5歳の菅原道真公像)
(兵庫県 神戸市須磨区天神町 綱敷天満宮)

撮影日:2016年8月26日
分 類:貴族
評 価:☆☆☆

菅原道真公は清公公、是善公と続く文章博士の家系に生まれました。
母は、少納言伴(大伴)氏の出身です。道真公の幼名は、「阿呼(あこ)」。
5才の時、庭に咲く紅梅を見てその花びらで自分の頬を飾りたいと、
『美しや紅の色なる梅の花あこが顔にもつけたくぞある』と歌い、
11歳(斉衡2年/855年)には、初めて漢詩を詠み、神童と称されました
「綱敷天満宮ホームページ」から

[感  想]
綱敷天満宮の境内におられます。
IMGP5451.jpg
5歳の菅原道真が和歌を詠んでいる姿を表した像です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。