ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩崎想左衛門重友
IMG_6338.jpg

IMG_6337.jpg

IMG_6334.jpg
岩崎 想左衛門 像
(山口県 周南市 鹿野)

岩崎 想左衛門(いわさき そうざえもん)
(1598年-1662年)
江戸時代前期の治水家

撮影日:2007年9月21日
分 類:その他
評 価:☆☆☆

慶長3年生まれ。
周防(山口県)の人。
鹿野村漢陽寺の裏山にトンネルをほり,錦川の支流渋川から引水することを計画。
慶安4年着工した用水路は承応3年完成し,潮音洞と名づけられた。
灌漑面積は約21ha。
寛文2年8月18日死去。65歳。
名は重友。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感  想]
この像は、旧鹿野町役場の前にあります。
この像のすごいところは、想左衛門の両手から水がしたたり落ちているところです。
多分銅像の中を水が通るパイプが仕掛けて有るのだと思います。
水を引き、鹿野の大地を潤した想左衛門にピッタリの銅像だと思います。

スポンサーサイト
俵田 明
IMG_6437.jpg

IMG_6439.jpg
俵田 明 像
(山口県 宇部市 恩田 俵田翁記念体育館)

俵田 明(たわらだ あきら)
(1884年-1958年)
昭和時代の経営者

撮影日:2007年9月25日
分 類:実業家
作 者:朝倉 文夫
評 価:☆☆☆

明治17年11月13日生まれ。
沖ノ山炭鉱にはいり,昭和3年専務。
17年宇部新川鉄工所,宇部セメント製造などを合併して宇部興産を設立,社長となる。
宇部市会議員,経団連・日経連常任理事などをつとめた。
昭和33年3月21日死去。73歳。山口県出身。
工手学校(現工学院大)卒。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感  想]
宇部市の恩田に俵田翁記念体育館というのがあります。
宇部市民は、渡邉翁記念館と並んで、みな知っている体育館です。
そこのロビーにこの像はあります。
おだやかな表情が印象的です。
IMG_6440.jpg

渡辺 祐策
IMG_6148.jpg

IMG_6158.jpg
渡辺 祐策 像
(山口県 宇部市 朝日町)

渡辺 祐策(わたなべ ゆうさく)
(1864年-1934年)
明治-昭和時代前期の実業家,政治家

撮影日:2007年9月8日
建設年:昭和11年
分 類:実業家
作 者:朝倉文夫
評 価:☆☆☆

渡辺 祐策
渡辺 祐策
「山口県ホームページ」から

元治元年6月15日生まれ。
長門(山口県)萩藩家老福原氏家臣渡辺恭輔の次男。
宇部村の村議,助役をつとめ,のち宇部興産の前身となる沖ノ山炭鉱(明治30年),宇部新川鉄工所(大正2年),宇部セメント(大正12年)などを創業した。
明治45年衆議院議員(当選4回,政友会)。
昭和9年7月20日死去。71歳。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[エピソード]
◎1912年には衆議院議員に初当選し、その後4選を果たし立憲政友会山口支部の初代支部長などを務めた。田中義一内閣の組閣時には入閣の打診があったが、「(田中義一)大将の御志はありがたいが、いま、自分には地方に大事業をかかえているので、ただちに中央にでかけるわけにはいかない」として大臣就任を断っている。
◎1934年6月7日に腸閉塞と腹膜炎との合併症により沖ノ山同仁病院にすると、松岡洋右や菊山嘉男(当時の山口県知事)等が交代で見舞いに訪れたが、病状は回復することなく翌月20日に他界した。
告別式と密葬が22日に行われ、市葬が25日に行われた。
市葬の際には市内の各会社、工場、商店が敬弔休業となり、会場となった神原公園には2万人を超える市民が集まった。

「渡辺翁記念会館」
IMG_6426.jpg

宇部市では、同市の発展に大きく寄与した渡辺祐策を記念し、1937年に渡辺翁記念会館を竣工した。
村野藤吾の設計による同記念館は、戦前期の前衛建築として最高傑作の一つに数えられ、2005年には重要文化財に指定された。
『概 要』
建築面積:2629㎡
延床面積:4582㎡
固定客席:1353席(1階837席、2階516席)
竣工:1937年4月
設計・施工:村野藤吾・沖ノ山炭鉱
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[銅 像]
銅像は、翁の死後、その遺徳を永遠に伝えるために、昭和11年建立され、題字は高橋是清氏のものです。

[感  想]
宇部市民は、渡辺祐策の名前は知らなくても、渡辺翁記念会館のことはみんな知っています。
高さ8mの花崗岩の台石の上に立つ約4mの銅像で、宇部の工業地帯を見守るように建てられているそうです。
工業地帯のある海の方を見つめる、立派な銅像です。
IMG_6171.jpg

笠井 順八
IMG_6142.jpg

IMG_6139.jpg
笠井 順八 像
(山口県 山陽小野田市 若山公園)

笠井 順八(かさい じゅんぱち)
(1835年-1919年)
明治時代の実業家

撮影日:2007年9月7日
分 類:実業家
評 価:☆☆☆

笠井 順八
笠井 順八
「山口県ホームページ」から

天保6年5月生まれ。
もと長門萩藩士。
山口県勧業局主任をつとめる。
明治14年日本初の民営セメント会社,セメント製造(のちの小野田セメント)を創立,34年まで社長をつとめた。
大正8年12月死去。85歳。
本姓は有田。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

「若山公園」
若山公園は、昭和9年、小野田セメントの創設者である笠井順八翁の私庭を整備したのが始まりです。
笠井順八翁像をはじめ、野外ステージなどの施設があり、桜300本、つつじ200本が植栽されています。
「山陽小野田市ホームページ」から

[感  想]
若山公園の奥の方にひっそりと佇んでおられます。
見つけるのに結構時間が、かかりました。
球をじっと見つめておられます。
像は、石の継ぎ目の線が、ちょっと気になります。

柿本 人麻呂
IMG_5917.jpg

IMG_5912.jpg

IMG_5915.jpg
柿本 人麻呂 像
(島根県 益田市 柿本神社)

柿本 人麻呂(かきのもとのひとまろ)
(660年頃~720年頃)
飛鳥時代の歌人

撮影日:2007年9月2日
分 類:歌人
評 価:☆☆☆

柿本人麻呂(百人一首より)
柿本人麻呂(百人一首)
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

六位以下の官人で宮廷歌人としてつかえ,晩年は地方官として石見(島根県)につかわされ,その地に没したらしい。
おもな作品は持統-文武天皇の時代(690-707)につくられ,「万葉集」には人麻呂作と詞書のある長歌18首,短歌67首。
また「柿本人麻呂歌集」所収の長短あわせて約370首が「万葉集」におさめられている。
皇室関係,自然,旅,死,恋愛などを歌材に枕詞,対句,比喩などの修辞を多用した雄渾な作風から,歌聖とあおがれた。
【格言など】あしひきの山鳥の尾の垂(しだ)り尾の長々し夜をひとりかも寝む(「小倉百人一首」)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[百人一首]
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む
訳:夜になると谷を隔てて独り寂しく寝るという山鳥の長く垂れた尾のように、長い長いこの夜を、私は独り寂しく寝るのだろう。
この歌は枕詞、序詞を巧みに駆使しており、百人一首にも載せられている。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感  想]
島根県益田市の柿本神社におられます。
境内の神社の横で、筆と紙を持って座っておられます。
百人一首は、高校の夏休みの宿題で覚えさせられましたが、全然覚えることが出来なかった、嫌な思い出があります…
歌の意味を理解し、興味を持って、覚えていたらもっとおもしろかったのにと今では思いますが…






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。