ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来島 又兵衛
IMG_0262.jpg

IMG_0267.jpg
来島 又兵衛 像
(山口県 美祢市 厚保小学校)

来島 又兵衛(きじま またべえ)
(1817年-1864年)
幕末の武士、長州藩士

撮影日:2008年1月16日
建設年:平成10年
分 類:幕末藩士
評 価:☆☆☆

来島又兵衛(肖像画)
「幕末ガイドホームページ」から

文化13年1月8日生まれ。
長門(山口県)萩藩士。
大検使役,所帯方頭人。
文久3年下関での外国船砲撃にあたり,総督国司信濃の参謀をつとめる。
ついで遊撃隊を組織して総督となり,禁門の変に出陣,元治元年7月19日戦死した。49歳。
本姓は喜多村。名は政久。幼名は光次郎。変名は森鬼太郎。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

「蛤御門の変」
元治元年(1864年)の蛤御門の変にさいして、積極的、激烈に出兵を主張。
風折烏帽子に先祖伝来の甲冑を着込み、自ら兵を率いて上洛し激戦を繰り広げた。
この戦闘で胸を当時薩軍にいた川路利良の狙撃で撃ちぬかれ、助からないと悟った又兵衛は甥の喜多村武七に介錯を命じ、自ら槍で喉を突いた後、首を刎ねられ死亡した。

[銅 像]
現在、山口県美祢市にある美祢市立厚保小学校には彼の銅像が建てられている。近くに来島家の生家があったためである。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

[感  想]
美祢市の厚保小学校の奥に立っておられます。
甲冑を着た、どっしりとした立ち姿と凛とした顔が、印象的です。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。