ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイブラハム・リンカーン
DSCN7357.jpg

DSCN7358.jpg
リンカーン 像
(東京都千代田区永田町 憲政記念館内)

エイブラハム・リンカーン(Abraham Lincoln)
(1809年‐1865年)
第16代アメリカ合衆国大統領

撮影日:2008年7月15日
分 類:外国人
評 価:☆☆☆

エイブラハム・リンカーン
エイブラハム・リンカーン
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

初の共和党所属大統領。偉大な解放者、奴隷解放の父と呼ばれた。
リンカーンは奴隷制の拡張に反対し、彼の大統領就任はアメリカ合衆国を二分し、南北戦争に結びついた。
戦争中に彼はアメリカ史上その前任大統領に比べ最も多くの権力を手にした。
リンカーンはその非常大権によって封鎖を宣言し、人身保護令状を保留し、議会の認可無く支出を行い、個人的に戦争を指揮し、それは北部連邦を南部連合に対する勝利へ導いた。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感 想]
リンカーン大統領の頭像です。
頭だけなのが少し残念です。
ワシントンD.C.のリンカーン記念館にあるイスに座った有名な像は、是非見てみたいものです。
記念館建設を記念して、アメリカ合衆国政府から寄贈された像です。

スポンサーサイト
シモン・ボリーバル
DSCN7360.jpg

DSCN7366.jpg
シモン・ボリーバル 像
(東京都千代田区永田町 憲政記念館内)


シモン・ボリバル(1783年‐1830年)
革命家

撮影日:2008年7月15日
分 類:革命家
評 価:☆☆☆

シモン・ボリーバル
シモン・ボリバル
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

南米大陸のアンデス5ヵ国をスペインから独立に導き、統一したコロンビア共和国を打ちたてようとした革命家、軍人、政治家、思想家である。
日本語ではシモン・ボリーバルと表記されることも多い。
ベネズエラのカラカスにアメリカ大陸屈指の名家の男子として生まれたが、早いうちに妻を亡くしたことが直接、間接のきっかけとなってボリバルはその後の生涯をラテンアメリカの解放と統一に捧げた。
このため、ラテンアメリカでは「解放者」とも呼ばれる。
多くの武将を配下にして使いこなし、特にアントニオ・ホセ・デ・スクレ将軍との親交は有名である。
ボリビアは、独立前はアルト・ペルー(上ペルー、高地ペルー)と呼ばれていたが、独立に際してラテンアメリカの解放者として知られるシモン・ボリバル将軍と、アントニオ・ホセ・デ・スクレ将軍に解放されたことを称えて、国名をボリビア、首都名をスクレ(旧チャルカス)と定めた。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感 想]
ボリビアの国の名前由来となった革命家だそうで、初めて知りました。
上半身ですが、マント姿がりりしいです。
記念館建設を記念して、ヴェネズエラ政府から寄贈された像です。

クアウテモック
DSCN7367.jpg
クアウテモック 像
(東京都千代田区永田町 憲政記念館内)

クアウテモック(1495年頃‐1525年)
アステカ11代王。
名の意味は「急降下する鷲」。

撮影日:2008年7月15日
分 類:外国人
評 価:☆☆☆

アステカ帝国最後の皇帝で、スペイン人の侵略に対し勇敢に立ち向かった。
現在のメキシコでは国民的英雄であり、メキシコシティには彼の銅像が建っている。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感 想]
頭にかぶったカブトが特徴的です。
記念館建設を記念して、メキシコ政府から寄贈された像です。

川崎 克
DSCN7348.jpg
川崎 克 像
(東京都千代田区永田町 憲政記念館内)


川崎 克(かわさき かつ)
(1880年- 1949年)
大正-昭和時代の政治家

撮影日:2008年7月15日
分 類:政治家
評 価:☆☆☆

川崎 克
川崎 克
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

明治13年12月28日生まれ。
尾崎行雄に師事し、憲政擁護運動に参加。
大正4年衆議院議員(当選10回)となり、憲政会、民政党、日本進歩党などに属した。
昭和16年議会で大政翼賛会を違憲として追及し、翌年の総選挙(翼賛選挙)に非推薦で当選。
昭和24年2月3日死去。70歳。
三重県出身。日本法律学校(現日大)卒。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感 想]
この像は、憲政記念館の中に有ります。
顔の表情がリアルな銅像です。

尾崎 行雄
DSCN7339.jpg

DSCN7343.jpg

DSCN7345.jpg
尾崎 行雄 像
(東京都千代田区永田町 憲政記念館)

尾崎 行雄(おざき ゆきお)
(1858年-1954年)
明治-昭和時代の政治家

撮影日:2008年7月15日
分 類:政治家
作者 :朝倉文夫
評 価:☆☆☆

尾崎
司法大臣服に正装した尾崎行雄
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

安政5年11月20日生まれ。
「新潟新聞」主筆などをへて、立憲改進党の結成に参加。
明治23年の第1回総選挙以来衆議院議員に25回連続当選。
大隈内閣の文相、法相および東京市長を歴任。
政友会、憲政会などに属し、立憲政治の擁護につとめ「憲政の神様」といわれる。
第2次大戦中も反軍国主義をつらぬいた。
昭和29年10月6日死去。95歳。相模(神奈川県)出身。
慶応義塾中退。著作に「政戦三十年」など。
【格言など】議事堂は名ばかりで実は表決堂である(「憲政の危機」)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[エピソード]
◎日本の議会政治の黎明期から戦後に至るまで衆議院議員を務め、当選回数・議員勤続年数・最高齢議員記録と複数の日本記録を有することから「憲政の神様」、「議会政治の父」と呼ばれる。
◎永年在職議員表彰第1号、衆議院名誉議員(50年以上の議員在職者。衆院の正面玄関に胸像を建立)第1号、東京都名誉都民第1号。
◎東京市長在任中にアメリカ合衆国へソメイヨシノ2000本を贈り、ポトマック川に植樹された。
だがこれらのソメイヨシノは虫害によって焼却されてしまい、後に3100本の桜が新たに植樹されている。
その返礼としてアメリカよりハナミズキを戴き、日本に初めてハナミズキをもたらした人物としても知られている。
◎9年にわたる東京市長在任は、政争が激しく短期の在任での交代が多かった東京市長の中で最も長いものである。
◎のちに内閣総理大臣となる三木武夫は政界入りした当初は尾崎を政治上の恩師と仰いだ。
◎相模原市緑区と伊勢市に、それぞれ尾崎咢堂記念館がある。
伊勢神宮に隣接する合格神社に祭神として祀られている。
また、国会前庭の敷地内にある憲政記念館は尾崎の功績を称えて建設されたものであり、銅像も建立されている。
尾崎2
尾崎記念会館(現・憲政記念館)完成記念切手
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

[感 想]
銅像の姿は、なんと92歳の時のものだそうです。
帽子を上げたかくしゃくとしたポーズが良いです。

池田 勇人
2008.7.1広島城 004

2008.7.1広島城 005
池田 勇人 像
(広島県 広島市 広島城前)

池田 勇人(いけだ はやと)
(1899年- 1965年)
昭和時代の官僚,政治家
内閣総理大臣(第58代~第60代)

撮影日:2008年7月1日
建設年:昭和45年
分 類:政治家
作 者:森野 圓象
評 価:☆☆☆

1池田 勇人
池田勇人
1962年11月22日、ユトレヒト州スーストダイクにて
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

明治32年12月3日生まれ。
大正14年大蔵省にはいり、昭和22年事務次官。
24年衆議院議員(当選7回、自民党)、第3次吉田内閣の蔵相となり、ドッジ-ラインによる財政の均衡につとめた。
27年通産相となるが失言問題で辞任。
35‐39年首相をつとめ、高度経済成長政策や所得倍増計画を推進した。
昭和40年8月13日死去。65歳。
広島県出身。京都帝大卒。
【格言など】神仏と名医にすべてをまかせる。日本の国のために務めを果たす(がんで手術室にはいる直前のメモ)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[エピソード]
◎旧制五高在学当時、池田は趣味と実益を兼ねてそば屋と一杯飲み屋の屋台を開業することを発案。「池田屋」と称した。友人達にツケで飲ませ本人も飲むといった調子のため3ヶ月でつぶれた。
◎池田が最も心を許したのは、同じ明治32年の亥年生まれで集まる亥の「二黒会」のメンバー、小林中、水野成夫、小池厚之助、堀田庄三、東畑精一で、池田が総理になってからも「おまえ」「おれ」と呼び合う仲であったが、この中でも池田が一番の酒豪であったという。
◎首相になるにあたって、放言癖や前岸内閣で傷ついた政府のイメージを払拭し、親しみやすさをアピールすることに努めた。
例えば、スーツはダブルからシングルに、メガネは黒縁から銀縁に替えたりしたことなどが挙げられる。
◎池田は各界の著名人を私邸に招いて交遊を図っていた。
特に俳優の石原裕次郎を気に入り、石原裕次郎と私邸の風呂に一緒に入浴したこともあったという。
◎1960年代にインドネシアのスカルノ大統領と池田をつなぐ仲介役を務めたのはデヴィ夫人という。
デヴィ夫人は池田と家族ぐるみの付き合いがあったといい「日本外務省にはこき使われました」と話している。
◎戦後の総理大臣の中で、東京都以外に位置する日本の大学を卒業しているのは池田のみである。
◎苦難の多い前半生もあって、大蔵官僚出身とは思えないほどさばけた気さくな性格だった。
池田を「ディスインテリ」という造語で評した宮沢によれば、池田は「(本当はそんなことはないのだが)自分が秀才ではないと思い込んでしまった人」。
そのことが、高い地位にあっても、自然に周囲に有能な人物を集めることになった。
◎郷土広島愛が強く、広島カープ後援会の名誉会長を務め、南海入りが決定的だった山本一義を呼びだし熱心に説得してカープ入りさせたりカープが負けると国鉄時代の豊田泰光の自宅に電話をかけ、「ワシは池田勇人じゃ。今日はよくもカープを負かしてくれたなあ」と脅したという。
豊田は一国の総理が野球の試合結果について電話をかけてきたことにびっくり仰天したが、同時に自身が影響力のある仕事に携わっている喜びがこみあげたと話している。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感  想]
広島城の近くにおられます。
結構大きな像で、手と足のポーズが特徴的です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。