ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラーク博士 2
RIMG0279.jpg

RIMG0273.jpg

RIMG0282.jpg

RIMG0277.jpg
クラーク博士 像 2
(北海道 札幌市 羊が丘展望台)

撮影日:2008年10月29日
建設年:昭和51年
分 類:外国人
評 価:☆☆☆☆

[感 想]
有名な‘Boys Be Ambitious’(少年よ、大志をいだけ)のクラーク像。
右手を伸ばした立ち姿は、かっこいいです。
北海道の大地によくマッチします。

スポンサーサイト
クラーク博士 1
RIMG0117.jpg

RIMG0121.jpg
クラーク博士 像 1
(北海道 札幌市 北海道大学)

ウィリアム・スミス・クラーク(William Smith Clark)
(1826年-1886年)
アメリカの教育者

撮影日:2008年10月28日
分 類:外国人
作 者:田嶼碩郎
評 価:☆☆☆

クラーク
ウィリアム・スミス・クラーク
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から


1826年7月31日生まれ。
母校のアマースト大教授をへてマサチューセッツ農科大学長。
明治9年(1876)開拓使にまねかれ、札幌農学校(現北大)初代教頭となる。
キリスト教にもとづく人格教育をおこない、内村鑑三、新渡戸稲造らに影響をのこした。
10年帰国。1886年3月9日死去。59歳。
マサチューセッツ州出身。
【格言など】少年よ、大志を抱け
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

彼の言葉、‘Boys Be Ambitious’(少年よ、大志をいだけ) は、よく知られている。
これは、札幌農学校1期生との別れの際に、北海道札幌郡月寒村島松でクラークが発したものとされている。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感 想]
北海道大学の構内におられます。
上半身の像で、髭が印象的です。
ちょっと後ろに倒れている感じです。

石原 裕次郎
RIMG0292.jpg
石原 裕次郎 像
(北海道 札幌市 羊が丘展望台)

石原 裕次郎(いしはら ゆうじろう)
(1934年-1987年)
昭和時代後期の映画俳優

撮影日:2008年10月29日
分 類:俳優
評 価:☆☆☆

石原 裕次郎

昭和9年12月28日生まれ。
31年兄石原慎太郎原作の「太陽の季節」で日活からデビュー。
つづく「狂った果実」「乳母車」でブームをよび、33年「嵐を呼ぶ男」の記録的ヒットでスターとなる。
35年相手役の北原三枝と結婚。
歌手としても「銀座の恋の物語」などの主題歌で人気を博した。
38年石原プロを設立、後年はテレビで活躍。
昭和62年7月17日死去。52歳。兵庫県出身。慶大中退。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感 想]
石原裕次郎といえば、僕らの世代では「太陽にほえろ」と「西部警察」のボスが一番印象に残っています。
いい顔の銅像です。

浜口 庫之助
RIMG0291.jpg
浜口 庫之助 像
(北海道 札幌市 羊が丘展望台)

浜口 庫之助(はまぐち くらのすけ)
(1917年-1990年)
昭和時代後期の作曲家

撮影日:2008年10月29日
分 類:作曲家
評 価:☆☆☆

浜口 庫之助

大正6年7月22日生まれ。
昭和34年の「黄色いさくらんぼ」、40年の「愛して愛して愛しちゃったのよ」(作詞・作曲)でヒットメーカーとなる。
41年の「バラが咲いた」(作詞・作曲)が大ヒットし、あたらしいフォークソングの先駆けとなった。
同年「恍惚のブルース」「星のフラメンコ」「バラが咲いた」で日本レコード大賞作曲賞。平成2年12月2日死去。73歳。兵庫県出身。青山学院卒。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から
夜霧よ今夜も有難う(歌:石原裕次郎)(1967年)
恋の町札幌(歌:石原裕次郎(1972年) 、

[感 想]
「恋の町札幌」の歌詞の碑の上に石原裕次郎と一緒におられます。
メガネと髭が特徴的です。

RIMG0288.jpg

岩村 通俊
RIMG0218.jpg

RIMG0219.jpg
岩村 通俊 像
(北海道 札幌市 円山公園)

岩村 通俊 (いわむら みちとし)
(1840年-1915年(大正4年))
幕末-明治時代の武士、官僚

撮影日:2008年10月29日
建設年:昭和 42年
分 類:武士、官僚
評 価:☆☆☆

岩村 通俊
岩村通俊
(写真提供:札幌市教育委員会 文化資料室)

天保11年6月10日生まれ。
林有造、岩村高俊の兄。
土佐高知藩士。
維新後、北海道開拓にかかわる。
西南戦争戦中・戦後の鹿児島県令。
のち初代北海道庁長官、第1次山県内閣の農商務相、貴族院議員。
大正4年2月20日死去。76歳。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感 想]
札幌の円山公園におられます。
コートを着たりりしい立ち姿とひげが印象的です。

島 義勇
RIMG0237.jpg

RIMG0240.jpg
島 義勇 像
(北海道 札幌市 円山公園)

島 義勇(しま よしたけ)
(1822年-1874年(明治7年))
幕末-明治時代の武士、官僚。
北海道開拓の父(開拓の神)と呼ばれる。

撮影日:2008年10月29日
分 類:武士、官僚
評 価:☆☆☆

島 義勇

文政5年9月12日生まれ。
枝吉神陽、副島種臣の従兄弟。
肥前佐賀藩士。
安政3年(1856)藩命により蝦夷地(北海道)、樺太(からふと)を視察。
戊辰戦争には大総督府軍監として従軍。
維新後、開拓使判官、秋田県権令などをつとめたが、政府と対立し辞職。
江藤新平とともに佐賀の乱の指導者となり、明治7年4月13日処刑された。53歳。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感 想]
札幌の円山公園におられます。
北海道開拓に尽力された人で、
岩の上に乗った、堂々とした姿が印象的です。

新渡戸 稲造
RIMG0088.jpg

RIMG0086.jpg
新渡戸 稲造 像
(北海道 札幌市 北海道大学)

新渡戸 稲造(にとべ いなぞう)
(1862年-1933年(昭和8年))
明治-昭和時代前期の教育者

撮影日:2008年10月28日
分 類:教育者
作 者:山本 正道
評 価:☆☆☆

新渡戸 稲造
新渡戸稲造
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

新渡戸稲造夫婦
新渡戸稲造と妻メアリー

文久2年8月8日生まれ。
新渡戸十次郎の3男。
札幌農学校にまなび、内村鑑三らとキリスト教に入信。
欧米に留学後、母校の教授となる。
明治27年札幌に遠友夜学校を設立。
京都帝大、東京帝大の教授をへて大正7年東京女子大学長となる。
9年国際連盟事務局次長。
「太平洋の橋」になることをねがい、世界平和をとなえた。
昭和8年10月15日カナダのビクトリアで死去。
72歳。陸奥盛岡出身。著作に「武士道」「修養」など。
【格言など】信実と誠実となくしては、礼儀は茶番であり、芝居である
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

5千円
五千円紙幣
D号券からは肖像に文化人が採用されており、五千円券には新渡戸稲造が選ばれた。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

[感 想]
旧五千円札、武士道精神で有名な新渡戸像は、北海道大学のポプラ並木の近くにあります。
誠実そうな顔が印象的です。

RIMG0100.jpg

吉町 太郎一
RIMG0110.jpg

RIMG0112.jpg
吉町 太郎一 像
(北海道 札幌市 北海道大学)

吉町 太郎一(よしまち たろういち)
(1873年(明治6年)-1962年)
北海道大学初代工学部長(大正13.9~昭和6.6)

撮影日:2008年10月28日
建設年:昭和 35年
分 類:学者
作 者:加藤 顕清
評 価:☆☆☆

『旭橋』
1927年(昭和2年)、北海道帝国大学土木工学科橋梁学教授の吉町太郎一に設計指導を依頼し、内務省と協議した結果、橋梁形式にブレースト・リブ・バランスト・タイドアーチ橋を採用することとなった。
日本でこの形式の橋は岩手県一関市の北上大橋、東京都荒川区/墨田区の白髭橋、岐阜県岐阜市の忠節橋、そして旭橋の4例しかない。
旭橋
※出典(写真): フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感 想]
北海道大学工学研究科前庭におられます。
誠実そうな顔が印象的です。

今 裕
RIMG0106.jpg

RIMG0107.jpg
今 裕 像
(北海道 札幌市 北海道大学)

今 裕(こん ゆたか)
(1878年-1954年(昭和29年))
大正-昭和時代の病理学者。

撮影日:2008年10月28日
建設年:昭和 25年
分 類:学者
作 者:加藤 顕清
評 価:☆☆☆

明治11年2月7日生まれ。
東京慈恵医専教授などをへて、大正10年北海道帝大教授となり、のち総長。
昭和9年「細胞の銀反応の研究」で学士院賞。
昭和29年2月5日死去。75歳。青森県出身。第二高等学校医学部(現東北大医学部)卒。
著作に「近世病理学総論」など。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感 想]
北海道大学医学研究科管理棟前庭におられます。
髭が印象的です。頭の汚れがちょっと気になりますが…

黒田 清隆
RIMG0136.jpg

RIMG0132.jpg
黒田 清隆 像
(北海道 札幌市 大通公園)

黒田 清隆(くろだ きよたか)
(1840年-1900年)
明治時代の政治家
第2代内閣総理大臣

撮影日:2008年10月28日
分 類:政治家
評 価:☆☆☆

黒田清隆
「近代日本人の肖像ホームページ」から

天保11年10月16日生まれ。
坂本竜馬らと薩長同盟の成立につくす。
明治7年参議兼開拓長官。
9年特命全権弁理大臣として日朝修好条規を締結。
14年開拓使官有物払い下げ問題で世論の攻撃をうけた。
21年首相になったが条約改正に失敗,翌年辞任し,枢密顧問官となる。
のち第2次伊藤内閣の逓信相,枢密院議長。伯爵。
明治33年8月23日死去。61歳。
薩摩(鹿児島県)出身。
通称は了介。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[エピソード]
◎戊辰戦争後、榎本武揚の助命を強く要求して、厳罰を求める者と長い間対立し、彼のために丸坊主になったこともある。
榎本問題は明治5年(1872年)1月6日にようやく、榎本らを謹慎、その他は釈放として決着した。

黒田 清隆坊主
榎本武揚助命嘆願のため剃髪した黒田(左)
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

[感 想]
ケプロン像と並んで建っている像。
このような並びの像は、珍しいと思います。
濃い顔が特徴的です。
丸坊主のエピソードもすごいと思いました。

ホーレス・ケプロン
RIMG0129.jpg

RIMG0131.jpg
ケプロン像
(北海道 札幌市 大通公園)

ホーレス・ケプロン(Horace Capron)
(1804年-1885年)
アメリカ合衆国の軍人、政治家。お雇い外国人。

撮影日:2008年10月28日
分 類:外国人
評 価:☆☆☆

ホーレス・ケプロン
ホーレス・ケプロン
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

マサチューセッツ州の豪農の家に生まれ南北戦争に北軍義勇兵として従軍後、アメリカ合衆国政府で農務局長となった。
1871年、渡米していた黒田清隆に懇願され、職を辞し、同年7月訪日。
開拓使御雇教師頭取兼開拓顧問となる。1875年5月帰国。
日本では積極的に北海道の視察を行い、多くの事業を推進した。
札幌農学校開学までのお膳立てをしたのもケプロンである。
また、1872年、開拓使東京事務所で、ケプロン用の食事にライスカレー(当時の表記はタイスカリイ)が提供されていることが分かっており、これはライスカレーという単語が使われた最初期の例である。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感 想]
札幌大通公園に黒田像と並列で立っておられます。
お茶ノ水博士にような髪型が特徴的です。

RIMG0125.jpg

石川 啄木
RIMG0147.jpg

RIMG0148.jpg

RIMG0150.jpg
石川 啄木 像
(北海道 札幌市 大通公園)

石川 啄木(いしかわ たくぼく)
(1886年-1912年(明治45年))
明治時代の歌人・詩人

撮影日:2008年10月28日
分 類:文化人
評 価:☆☆☆

石川 啄木
石川啄木
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

明治19年2月20日生まれ。
石川節子の夫。
詩集「あこがれ」で将来を期待されるが、生活のため郷里の岩手県渋民村の代用教員や北海道の地方新聞の記者となる。
のち東京朝日新聞の校正係の職につき、歌集「一握の砂」を刊行、近代短歌に新領域をひらいた。
大逆事件で社会主義に目ざめるが、明治45年4月13日貧窮のうちに結核で死去。27歳。
死後歌集「悲しき玩具」が出版された。
盛岡中学中退。
評論に「時代閉塞の現状」など。
【格言など】東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる(「一握の砂」)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感 想]
札幌の大通公園におられます。
北海道の地方新聞の記者時代の姿でしょう。
若くて真面目そうな感じがします。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。