ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布田 保之助
DSCN8523.jpg

DSCN8525.jpg

DSCN8562.jpg
布田 保之助 像
(熊本県 上益城郡山都町 通潤橋)

布田 保之助 (ふた やすのすけ)
(1801年-1873年)

撮影日:2008年11月30日
分 類:実業家
評 価:☆☆☆

江戸時代後期の公共事業家。
享和元年11月26日生まれ。
天保4年肥後(熊本県)矢部の惣庄屋となる。
養父布田太郎右衛門の土木治水事業の影響をうけ、嘉永7年通潤橋(石造アーチ型の通水橋で国の重要文化財)を完成させるなど、橋・道路を新設して矢部の開発につとめた。
明治6年4月3日死去。73歳。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感 想]
職場旅行で、熊本県「通潤橋」を見に行きました。
通潤橋をしっかり見つめる感じの像です。

スポンサーサイト
天草 四郎
DSCN8496.jpg

DSCN8498.jpg
天草 四郎 像
(熊本県 松島町・天草パールセンター)

天草 四郎(あまくさ しろう)
(1621年? -1638年)

撮影日:2008年11月30日
分 類: 島原の乱の首領
評 価:☆☆☆

江戸時代前期、島原の乱の首領。
天草甚兵衛の子。
寛永14年圧政とキリシタンの弾圧に対して島原と天草に一揆がおこると、小西行長の遺臣らにおされ大将となる。
島原半島の原城に籠城、幕府軍の板倉重昌を敗死させたが、15年2月28日落城、16歳で討ちとられたという。洗礼名はジェロニモ。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感 想]
早朝に撮ったので、写りがあまりよく有りませんが、鳩を天にかかげるポーズが印象的な像です。

林 市蔵
DSCN8352.jpg

DSCN8355.jpg
林 市蔵 像
(熊本県 熊本市 三角公園)

林市蔵 (はやし いちぞう)
(1867年-1952年(昭和27年))
明治-大正時代の官僚。
民生委員の父

撮影日:2008年11月29日
分 類:官僚
評 価:☆☆

林 市蔵

慶応3年11月28日生まれ。
三重・山口県知事をへて、大正6年大阪府知事。
7年米騒動に際し小河滋次郎とともに方面委員を創設。
現在の民生委員制度の始まりで、市蔵は民生委員の父といわれる。
のち日本信託銀行頭取などをつとめた。
昭和27年2月21日死去。84歳。肥後(熊本県)出身。帝国大学卒。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感 想]
熊本城のすぐ近くの三角公園におられます。
官選知事時代の13代山口県知事だそうです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。