ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森 茂樹
IMG_8134.jpg

IMG_8133_20110821092747.jpg
森 茂樹 像
(山口県 宇部市 南小串 山口大学医学部)

撮影日:2011年8月15日
建設年:昭和42年
分 類:病理学者
評 価:☆☆

森 茂樹
森 茂樹(もり しげき)
(1893年-1971年)
大正-昭和時代の病理学者

明治26年2月26日生まれ。
森わさの長男。
京都帝大助教授をへて,大正15年熊本医大教授。
体質医学を研究し,同大体質医学研究所,日本体質学会を創設した。
昭和15年京都帝大教授,32年山口県立医大学長。
41年神戸学院大を創設して学長となった。
昭和46年4月21日死去。78歳。
兵庫県出身。京都帝大卒。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感 想]
山口大学医学部の中庭におられます。
背広を着た上半身の像です。

スポンサーサイト
水田 信夫
IMG_5108.jpg

IMG_5110.jpg
水田 信夫 像
(山口県 宇部市 南小串 山口大学医学部)

水田 信夫(みずた のぶお)
(1898年-1963年)
医学者

撮影日:2011年5月19日
建設年:昭和56年
分 類:学者
評 価:☆☆☆

田布施町出身。
大正12年 京都大学入学
昭和14年京都大学助教授就任。
山口県立医学専門学校附属病院院長
俳句では山口県の戦後俳壇の指導的位置を占めた存在。
「ホトトギス」同人。
宇部ホトトギス句会、うすらい句会を主宰。

[感  想]
眼鏡をかけた優しい感じの顔の像です。
俳句の世界でも活躍した人です。

冨田 雅次
IMG_5096.jpg

IMG_5098.jpg
冨田 雅次 像
(山口県 宇部市 南小串 山口大学医学部)

撮影日:2011年5月19日
建設年:昭和42年
分 類:学者
評 価:☆☆☆

冨田 雅次(とみた まさじ)
(1889年-1967年)
大正-昭和時代の生化学者

明治22年8月7日生まれ。
欧米留学後,大正12年長崎医大教授。
のち台北帝大教授,山口県立医専校長,神戸大教授などを歴任。
昭和11年胎生化学についての研究で学士院賞。
昭和42年12月20日死去。78歳。
兵庫県出身。京都帝大卒。

[感  想]
ちょっと微笑んだ顔が印象的です。

桂 太郎
IMG_6040.jpg

IMG_6036.jpg

IMG_6041.jpg
桂 太郎 像
(山口県 萩市 川島 桂太郎旧宅)

撮影日:2011年5月16日
建設年:平成12年
分 類:政治家、内閣総理大臣
作 者:武石 弘三郎
評 価:☆☆☆

桂太郎1
「近代日本人の肖像ホームページ」から

桂 太郎
フロックコートを着用した桂
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

桂 太郎(かつら たろう)
(1848年-1913年)
明治-大正時代の軍人,政治家
内閣総理大臣(第11・13・15代)

弘化4年11月28日生まれ。
参謀本部にはいり,山県有朋を補佐して陸軍の軍制改革に着手。
日清戦争に出征。
第3次伊藤内閣などの陸相として軍拡政策を推進した。
明治34年第1次桂内閣を組織,以後西園寺公望と交互に政権を担当。
大正2年第3次桂内閣は護憲運動により2ヵ月で総辞職。
陸軍大将。
大正2年10月10日死去。67歳。
長門(山口県)出身。
【格言など】天が私を試しているのだ(長男の訃報に接して)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

IMG_6039.jpg

[エピソード]
◎桂太郎は「ニコポン宰相」と呼ばれた。
命名者は「東京日日新聞」記者の小野賢一郎で、桂がニコニコ笑って肩をポンと叩き、政治家や財界人を手懐けるのに巧みだったため新聞にそう書いたと言われている。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感  想]
桂太郎は、拓殖大学の創立者です。
この像は、拓殖大学創立100年を記念して、萩市に寄贈されたものです。
拓殖大学に原像があります。
恩賜金の御沙汰書を桂校長が、教職員・学生に奉読している凛々しい姿です。
桂太郎旧宅は、鯉が泳ぐ藍場川沿いにあります。

IMG_6044.jpg

新造 節三
IMG_5850.jpg

IMG_5856.jpg
新造 節三 像
(山口県 宇部市 文京町 宇部フロンティア大学短期大学部)

撮影日:2011年5月5日
建設年:昭和57年
分 類:教育者
作 者:向井 良吉
評 価:☆☆☆

新造 節三
新造 節三(しんぞう せつぞう)
(1906年-1976年)
教育者

新造節三氏は宇部市の香川学園・宇部短期大学の創設者で、初代学長である。
胸像としては従来のものとは破調である。
台座に近い下部の方はかたちなき断片がささくれだって集合しながら上方の胸部、頭部へと次第にかたちがくっきりと姿を現わし、顔部に至ってある気品が漂っていく。
教育者、創設者としての苦労の過程がしのばれる像でもある。
「宇部市デジタルアーカイブ宇部蔵くん」から

[感  想]
宇部フロンティア大学短期大学玄関前の中庭におられます。
銅像の下部が、破壊された感じで芸術作品のような珍しい像です。

香川 昌子
IMG_5845.jpg

IMG_5847.jpg
香川 昌子 像
(山口県 宇部市 文京町 宇部フロンティア大学附属香川高等学校)

撮影日:2011年5月5日
建設年:昭和57年
分 類:教育者
作 者:柳原 義達
評 価:☆☆

香川昌子アーカイブズ
絵を描く昌子
「宇部フロンティア大学短期大学部図書館ホームページ」から

香川 昌子(かがわ まさこ)
(1872年-1953年)
明治-昭和時代の教育者

明治5年1月1日生まれ。
36年山口県藤山村(宇部市)に裁縫塾をひらき,37年香川裁縫女学校,昭和11年香川高女(現香川高)へと発展させた。
26年香川学園園長。
昭和28年12月17日死去。81歳。
愛媛県出身。

香川昌子は、宇部市に中学・高校・短大をかかえる香川学園の創設者。
和服姿の胸像だがあの鴉や裸婦像の激しいムーブマンや量塊感を創出した作者にしては実にもの静かな作風だ。
教育者という人柄に寄り添った意図があるだろう。
「宇部市デジタルアーカイブ宇部蔵くん」から

[感  想]
香川学園高校の中庭におられます。
顔が長い和服姿の像です。

二木 謙吾
IMG_5840.jpg

IMG_5842.jpg
二木 謙吾 像
(山口県 宇部市 西琴芝 慶進高校)

撮影日:2011年5月5日
建設年:昭和60年
分 類:政治家
作 者:柳原 義達
評 価:☆☆☆

二木 謙吾(ふたつぎ けんご)
(1897年-1983年)
山口県の政治家

二木謙吾は、慶進高校や山口芸術短大等をもつ学校法人宇部学園の創設者。
県議会議長なども務めた。
写実に徹した作風で、柔和な表情の中にある種の男の意志のようなものをたたえている。
背部はがらん洞にぬかれた胸像である。
「宇部市デジタルアーカイブ宇部蔵くん」から

[感  想]
慶進高校の玄関前におられます。
優しい感じのする像です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。