ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金子みすず 3
金子みすず (1)

金子みすず (4)

金子みすず (6)

金子みすず (5)
金子みすず 像 3
(山口県 長門市仙崎 みすず通り)

撮影日:2016年7月14日
建設年:平成27年
分 類:その他
作 者:小川 幸造
評 価:☆☆☆

『金子みすゞブロンズ像 長門で除幕 長女・ふさえさんら参加 /山口』
童謡詩人・金子みすゞ(1903~30)のブロンズ像が長門市仙崎のみすゞ通りの一角に設置され、8日、設置に関わった実行委員会のメンバーや近くの園児ら約100人が参加して除幕式をした。
ブロンズ像は、岩国市出身でもある東京造形大学の小川幸造教授の提案を受け、金子みすゞ顕彰会(木下敬介理事長)が昨年1月に実行委員会を発足。全国のみすゞファンなどに呼びかけ、407人から940万円を集めた。
ブロンズ像は、金子みすゞ記念館から北側のみすゞ通りの市有地に設置。
台座(高さ110センチ)の上に全身像(同170センチ)が立つ。
像の題字は安倍晋三首相が揮毫した。
除幕式には、安倍昭恵首相夫人や同記念館の矢崎節夫館長らが参加。
園児が風船を飛ばして祝った。
制作した小川教授は「詩を何度も読み返しみすゞさんらしさを出すのに苦労しました」とエピソードを語った。
金子みすゞの長女・上村ふさえさん(89)は「胸がいっぱいで涙が出てきました。母は私が3歳の時に亡くなっており記憶はありませんが、大変喜んでいると思います」と話した。【川上敏文】
〔山口版〕毎日新聞2015年12月9日 地方版

[感  想]
みすず通りの一角におられます。
金子みすず (2)
作者の小川さんによると、像は18歳の頃のみすゞさんで、無垢で純情で純粋で温かい彼女のイメージを表現されたそうです。
等身大の全身像で、指の先をくっつけたかわいい仕草の像です。
金子みすず (3)
代表作「私と小鳥とすずと」の石碑も設置してあります。
台座には、“みんなちがってみんないい”

スポンサーサイト
金子 みすず 2
IMG_0939.jpg

IMG_0938.jpg
金子 みすず 像 2
(山口県 長門市 仙崎)

撮影日:2012年2月19日
建設年:平成15年
分 類:詩人
評 価:☆☆

[感  想]
金子みすず記念館の中庭におられます。
白い大理石の小振りな像です。
着物を着て詩を書いている姿が印象的です。

金子 みすず 1
IMG_5360.jpg

IMG_5367.jpg
金子 みすず 像 1
(山口県 長門市 仙崎)

撮影日:2007年8月13日
分 類:童謡詩人
評 価:☆☆☆

金子みすず
金子みすゞ肖像(提供:金子みすゞ著作保存会)
山口県ホームページ「ふるさとの文学者63人」から

金子 みすゞ(かねこ みすず)
(1903年-1930年)
大正-昭和時代前期の童謡詩人

明治36年4月11日生まれ。
大正12年から「童話」「金の星」などに童謡を投稿し,西条八十にみとめられる。
「大漁」「繭(まゆ)と墓」「夢売り」などの作品を発表したが,夫に反対されて筆をたった。
離婚ののち,昭和5年3月10日自殺。28歳。
57年矢崎節夫により遺稿512編が発見され,「金子みすゞ全集」として出版された。
山口県出身。大津高女卒。
本名はテル。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

「作品」
代表作には「わたしと小鳥とすずと」や「大漁」などがある。
仙崎は古くから捕鯨で成り立っていた漁師の村であった。
鯨に対する畏敬の念から鯨墓が存在する。
金子みすゞは鯨の供養のために、鯨法会をする地域の慣わしに感銘し「鯨法会」という作品を書いている。
自然とともに生き、小さないのちを慈しむ思い、いのちなきものへの優しいまなざしが、金子みすゞの詩集
の原点とも言われ、「お魚」「大漁」などに繋がっている。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感  想]
長門市は、金子みすずが生まれ育ったまち。
近年は、みすず関係の記念館や公園などいろいろ整備されています。
銅像は、「大漁」の詩碑の前にあります。
ふくよかな顔立ちが印象的です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。