ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柏木 幸助
IMG_8536.jpg

IMG_8537.jpg
柏木 幸助 像
(山口県 防府市 桑山 防府市青少年科学館 )

柏木 幸助(かしわぎ こうすけ)
(1856年-1923年)
明治期の発明家,実業家

撮影日:2007年12月25日
建設年:平成10年
分 類:発明家
作 者:吉塚隆一
評 価:☆☆☆

柏木 幸助
「山口県ホームページ」から

薬商の家に生まれ,化学をまなぶ。
はじめマッチ製造に従事し,寒暖計の製造に転じ,さらに体温計の研究にとりくみ,明治16年(1883)苦心の末,水銀体温計の製造に成功。
事業は子の2代柏木幸助にひきつがれ,柏木体温器製造所に発展した。
山口県出身。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

1856年(安政3年)、周防国三田尻(現山口県防府市)の薬種商を営む家に生まれた柏木幸助は、16歳で牟礼村の桂権吾に化学を習い、県立華浦医学校を卒業。
19歳の時、まだ高価な舶来品が主流だったマッチに興味を持ち、独学で成分を解明。
2年後には自宅に工場を設けて自然発火しない安全マッチの製造を開始した。
当時、三田尻には職を失った旧士族が多くいて、柏木はその救済も考えていた。
しかし着火性の良いすぐれたマッチを作っても、舶来崇拝の時代に販売は難しく、大阪と往復する船から売れないマッチの荷を海中に投じて売りさばいたかのように見せかけたり、乗船した船が沈没してあやうく命を落としかけたりというエピソードも残る。やがて工場の火災でマッチ製造は終焉を迎える。
82年、たまたま柏木薬種店の前を通りかかったガラス職人惣兵衛が桂皮水(ニッケ水)の自家製造をもちかけ、マッチ工場の跡地でガラス瓶の製造を始める。
柏木は新たな挑戦として体温計の生産を決意。
惣兵衛は途中で亡くなるが、柏木は自ら職人たちを指揮して細管の製造に成功。
水銀を自家精製したり目盛り板の白色ガラスにランプのかさを使うなど、苦心の末についに身体から離しても水銀柱が下がらない留点式の体温計を実用化した。
柏木は他に醤油速成醸造法の発明、ジアスターゼの発見・製造、三田尻港築堤への貢献、防長実業新聞の発刊など、多くの発明と社会貢献事業を行った。
1910年には4か月近くを費やして世界一周。
帰国してからは三田尻海水浴場開設にも貢献し、1923年に67歳で世を去っている。
※読売新聞ONLINE(07.11.03)から抜粋
体温計
柏木特製体温計(萩市、柏木薬局所蔵)

[感 想]
防府の防府市青少年科学館ソラールに立っておられます。
山口県防府市出身でこんな発明家が居たことは、知りませんでした。
銅像巡りはこういう発見もできるので、うれしいです。
防府市青少年科学館にこの像が存在することも、ぴったりでいいと思います。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/114-216f2573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。