ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊東 マンショ
IMG_0669.jpg

IMG_0671.jpg
伊東 マンショ 像
(大分県 大分市 大手町 遊歩公園)

伊東 マンショ(いとう まんしょ)
(1570年-1612年)
織豊-江戸時代前期のキリシタン
天正遣欧少年使節の正使

撮影日:2008年3月22日
分 類:その他
作 者:北村西望
評 価:☆☆☆☆

伊東 マンショ
右上の人物が伊東マンショ
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

元亀元年生まれ。
天正8年(1580)受洗。
10年大友宗麟の名代として天正遣欧使節の正使となり,長崎を出発。
スペイン国王,ローマ教皇に謁見,18年に帰国した。
のちイエズス会司祭。
一説に名は祐益。
慶長17年10月21日死去。43歳。
日向(宮崎県)出身。
洗礼名は満所ともかく。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

「天正遣欧少年使節」
巡察師として日本を訪れたアレッサンドロ・ヴァリニャーノ(ヴァリニャーニ)はキリシタン大名であった大村純忠と知り合い、財政難に陥っていた日本の布教事業を立て直すため、また次代を担う邦人司祭育成のため、キリシタン大名の名代となる使節をローマに派遣しようと考えた。
そこでヴァリニャーノに白羽の矢をたてられたのが、セミナリヨで学んでいた四人の少年たちであった。
伊東マンショは大友宗麟の名代として選ばれた。
事実、彼は「大友宗麟の姪(一条房基子女)の夫である伊東義益の妹の子」という遠縁の関係にあった。
本当は義益の息子で宗麟と血縁関係にある伊東祐勝が派遣される予定であったが、当時祐勝は安土にいて出発に間にあわないため、マンショが代役となったという。
その選考基準は容姿端麗であり、長旅に耐える健康を備え、語学や勉学においてすぐれていることであった。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感  想]
大分遊歩公園の中で、馬にまたがっておられます。
北村西望の作品で、かしこそうなやさしい顔が印象的です。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/124-6bd18141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。