ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近藤 勇
DSCN3111.jpg

DSCN3104.jpg

DSCN3107.jpg
近藤 勇 像
(京都府 京都市 中京区 壬生寺)

近藤 勇(こんどう いさみ)
(1834年‐1868年)
新選組局長

撮影日:2008年6月14日
建設年:昭和46年
分 類:新撰組局長
評 価:☆☆☆

近藤 勇
近藤 勇
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

幕末の武士。
天保5年10月5日生まれ。
近藤周助に天然理心流の剣をまなび、養子となる。
文久3年幕府浪士隊にくわわり京都へゆく。
のち芹沢鴨らと新選組を結成、副長のち局長として尊攘(そんじょう)運動をとりしまる。
鳥羽・伏見の戦いののち、甲府入城に失敗、下総(しもうさ)流山(千葉県)で新政府軍に捕らえられ、慶応4年4月25日処刑された。35歳。
武蔵多摩郡出身。
【格言など】下拙刀(げせつとう)は、虎徹ゆえにや、無事にござ候
(池田屋襲撃後に養父にあてた手紙)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

壬生寺
江戸時代後期の幕末には京都の治安維持を目的に活動した新選組(当初は壬生浪士組といった)の本拠が壬生村の八木家に置かれた。
その縁で壬生寺境内には局長近藤勇の銅像や、新選組隊士の墓である壬生塚がある。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』他から抜粋

[感 想]
壬生寺境内東方にある池の中の島におられます。
目のつった厳しい顔が印象的です。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/137-873d3c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。