ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シモン・ボリーバル
DSCN7360.jpg

DSCN7366.jpg
シモン・ボリーバル 像
(東京都千代田区永田町 憲政記念館内)


シモン・ボリバル(1783年‐1830年)
革命家

撮影日:2008年7月15日
分 類:革命家
評 価:☆☆☆

シモン・ボリーバル
シモン・ボリバル
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

南米大陸のアンデス5ヵ国をスペインから独立に導き、統一したコロンビア共和国を打ちたてようとした革命家、軍人、政治家、思想家である。
日本語ではシモン・ボリーバルと表記されることも多い。
ベネズエラのカラカスにアメリカ大陸屈指の名家の男子として生まれたが、早いうちに妻を亡くしたことが直接、間接のきっかけとなってボリバルはその後の生涯をラテンアメリカの解放と統一に捧げた。
このため、ラテンアメリカでは「解放者」とも呼ばれる。
多くの武将を配下にして使いこなし、特にアントニオ・ホセ・デ・スクレ将軍との親交は有名である。
ボリビアは、独立前はアルト・ペルー(上ペルー、高地ペルー)と呼ばれていたが、独立に際してラテンアメリカの解放者として知られるシモン・ボリバル将軍と、アントニオ・ホセ・デ・スクレ将軍に解放されたことを称えて、国名をボリビア、首都名をスクレ(旧チャルカス)と定めた。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感 想]
ボリビアの国の名前由来となった革命家だそうで、初めて知りました。
上半身ですが、マント姿がりりしいです。
記念館建設を記念して、ヴェネズエラ政府から寄贈された像です。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/141-e5331603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。