ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大森 房吉
DSCN7983.jpg

DSCN7989.jpg

DSCN7987.jpg
大森 房吉 像
(福井県 福井市 手寄公園)

大森 房吉(おおもり ふさきち)
(1868年(明治元年)-1923年)
日本の地震学者

撮影日:2008年9月2日
分 類:学者
評 価:☆☆☆

大森 房吉
大森 房吉
「(財)歴史のみえるまちづくり協会ホームページ」から

明治元年9月15日生まれ。
30年東京帝大教授。
大森式地震計の考案や地震帯の発見などで知られる。
震災予防調査会委員として活動。
今村明恒の関東大震災の予測に反対して論争した。
学士院会員。大正12年11月8日死去。56歳。
越前(福井県)出身。帝国大学卒。著作に「地震学講話」など。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感 想]
福井市内の公園におられます。
隣には、大森式地震計のレリーフがあります。
紳士な感じがする像です。
スポンサーサイト


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/05/01 20:33] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/165-a61f8980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。