ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋本 左内
DSCN7973.jpg

DSCN7975.jpg
橋本 左内 像
(福井県福井市左内町 左内公園)

橋本 左内(はしもと さない)
(1834年‐1859年)
幕末期の越前国福井藩士

撮影日:2008年9月2日
建設年:昭和38年
分 類:福井藩士、思想家
評 価:☆☆☆☆

橋本左内
「近代日本人の肖像ホームページ」から

幕末の武士、医師。
天保5年3月11日生まれ。橋本長綱の長男。越前福井藩士。
緒方洪庵にまなび、父の跡をついで藩医となる。
安政元年江戸にでて藤田東湖らとまじわり、4年藩主松平慶永の侍講兼内用掛となる。
開国貿易論を提唱し、将軍継嗣問題では一橋慶喜の擁立につくし幕政改革をとなえたが、安政の大獄で6年10月7日刑死。26歳。
著作に「啓発録」など。
【格言など】稚とはすべて水くさき処ありて、物の熟して旨き味のなきを申也(「啓発録」)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感 想]
昭和38年10月7日、市民の寄付により建立された銅像です。
この公園には橋本家墓所もあります。
刀を手にした堂々とした姿は、りりしい感じです。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/166-b22b7f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。