ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廣田 弘毅
DSCN8623.jpg

DSCN8626.jpg
廣田 弘毅 像
(福岡市 中央区 福岡市美術館前)

廣田 弘毅(ひろた こうき)
(1878年(明治11年)1948年(昭和23年))
明治-昭和時代前期の外交官,政治家
第32代内閣総理大臣

撮影日:2008年12月7日
建設年:昭和 57年
分 類:政治家
作 者:緒方 敏雄
評 価:☆☆☆

広田弘毅
「近代日本人の肖像ホームページ」から

明治11年2月14日生まれ。
ソ連大使などを歴任。
斎藤内閣,岡田内閣の外相をへて昭和11年の二・二六事件後首相となり,日独防共協定に調印。
第1次近衛内閣の外相として対中国強硬政策を推進する。
太平洋戦争末期,ソ連を仲介とする和平工作をしたが失敗。
A級戦犯として文官中ただひとり昭和23年12月23日処刑された。
71歳。福岡県出身。
東京帝大卒。
名は「ひろたけ」ともよむ
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[エピソード]
◎日中戦争において、戦線の拡大に反対でありながら軍部に抵抗出来ず、東京裁判で文官でありながら唯一絞首刑となった点をとらえ、悲劇の外政家としての側面を描き出したのが、城山三郎の『落日燃ゆ』であり、今日におけるような、広田に対する同情的な見方が広まるのに一役買っている。
◎現在の国会議事堂は広田が首相の当時の1936年(昭和11年)に「帝国議会議事堂」として完成しており、現在の議事堂に初めて登壇した首相でもある。
◎戦前唯一の福岡県出身の首相であり、2008年(平成20年)に麻生太郎が就任するまで唯一の福岡県出身首相であった。
◎福岡市中央区の福岡市美術館前に広田の銅像が設置されている。
この像は玄洋社最後の社長であり、戦後には福岡市長を務めた進藤一馬の呼びかけで建立された。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感 想]
城山三郎の『落日燃ゆ』の主人公廣田弘毅の像です。
杖を持った堂々とした姿で、やさしい顔が印象的です。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/173-1094b8c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。