ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川 啄木
RIMG0147.jpg

RIMG0148.jpg

RIMG0150.jpg
石川 啄木 像
(北海道 札幌市 大通公園)

石川 啄木(いしかわ たくぼく)
(1886年-1912年(明治45年))
明治時代の歌人・詩人

撮影日:2008年10月28日
分 類:文化人
評 価:☆☆☆

石川 啄木
石川啄木
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

明治19年2月20日生まれ。
石川節子の夫。
詩集「あこがれ」で将来を期待されるが、生活のため郷里の岩手県渋民村の代用教員や北海道の地方新聞の記者となる。
のち東京朝日新聞の校正係の職につき、歌集「一握の砂」を刊行、近代短歌に新領域をひらいた。
大逆事件で社会主義に目ざめるが、明治45年4月13日貧窮のうちに結核で死去。27歳。
死後歌集「悲しき玩具」が出版された。
盛岡中学中退。
評論に「時代閉塞の現状」など。
【格言など】東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる(「一握の砂」)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感 想]
札幌の大通公園におられます。
北海道の地方新聞の記者時代の姿でしょう。
若くて真面目そうな感じがします。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/176-000f214e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。