ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒田 清隆
RIMG0136.jpg

RIMG0132.jpg
黒田 清隆 像
(北海道 札幌市 大通公園)

黒田 清隆(くろだ きよたか)
(1840年-1900年)
明治時代の政治家
第2代内閣総理大臣

撮影日:2008年10月28日
分 類:政治家
評 価:☆☆☆

黒田清隆
「近代日本人の肖像ホームページ」から

天保11年10月16日生まれ。
坂本竜馬らと薩長同盟の成立につくす。
明治7年参議兼開拓長官。
9年特命全権弁理大臣として日朝修好条規を締結。
14年開拓使官有物払い下げ問題で世論の攻撃をうけた。
21年首相になったが条約改正に失敗,翌年辞任し,枢密顧問官となる。
のち第2次伊藤内閣の逓信相,枢密院議長。伯爵。
明治33年8月23日死去。61歳。
薩摩(鹿児島県)出身。
通称は了介。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[エピソード]
◎戊辰戦争後、榎本武揚の助命を強く要求して、厳罰を求める者と長い間対立し、彼のために丸坊主になったこともある。
榎本問題は明治5年(1872年)1月6日にようやく、榎本らを謹慎、その他は釈放として決着した。

黒田 清隆坊主
榎本武揚助命嘆願のため剃髪した黒田(左)
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

[感 想]
ケプロン像と並んで建っている像。
このような並びの像は、珍しいと思います。
濃い顔が特徴的です。
丸坊主のエピソードもすごいと思いました。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/178-10ad524c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。