ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤 友三郎
2008.2~3 041

2008.2~3 042
加藤 友三郎 像
(広島市中区 中央公園)

加藤 友三郎(かとう ともさぶろう)
(1861年-1923年)
日本の海軍軍人、政治家
第21代内閣総理大臣

撮影日:2009年2月4日
建設年:平成20年
分 類:政治家
作 者:吉田 正浪
評 価:☆☆☆

加藤友三郎
「近代日本人の肖像ホームページ」から

文久元年2月22日生まれ。
日清戦争に出征。
日露戦争では連合艦隊参謀長として日本海海戦を指揮。
第2次大隈内閣の海相となり、海軍大将に昇進。
大正10‐11年ワシントン会議に首席全権として出席、海軍軍縮条約に調印。
翌年首相となり、軍縮、シベリア撤兵を実行した。
大正12年8月25日死去。63歳。安芸(広島県)出身。海軍大学校卒。
【格言など】国防は軍人の専有物に在(あ)らず(ワシントン会議から送った書簡)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[エピソード]
◎海軍でも1、2の酒豪で知られ、総理在任中も飲み過ぎで大腸ガンにかかり他界したのでは、とまでいわれた。
◎その加藤の亡骸は、元帥府に列せられ、海軍葬に付せられることになった。
現在、東京都港区の青山霊園を墓所として埋葬されている。
◎また、広島市南区の比治山に銅像が建てられたが、太平洋戦争時の金属回収令で取り除かれたままにされており、主なき台座が寂しく立っている。
なお、広島市中区の広島市中央公園内に、ワシントン軍縮会議時のフロックコート姿の加藤の銅像が新しく建立され、没後85年にあたる平成20年(2008年)8月24日に除幕式が行われた。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感 想]
広島市の中央公園におられます。
フロックコートとシルクハット姿が印象的です。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/189-bb8389f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。