ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良寛
DSCN5582.jpg

DSCN5586.jpg

DSCN5583.jpg
良寛 像
(新潟県 新潟市 古町)

良寛(りょうかん)
(1758年-1831年)
江戸時代中期-後期の僧,歌人,書家

撮影日:2009年3月23日
建設年:平成12年
分 類:僧
作 者:茂木 弘次
評 価:☆☆☆

宝暦8年生まれ。曹洞宗。
越後(新潟県)出雲崎の名主の子。
備中(岡山県)円通寺の国仙の法をつぐ。
のち帰郷して国上山の五合庵にすみ,托鉢の合間に詩歌や書をたのしんだ。
詩集に「草堂集」,歌集に弟子の貞心尼編「蓮の露」がある。
天保2年1月6日死去。74/75歳。
【格言など】うらを見せおもてを見せて散るもみぢ(辞世)

良寛の名は、子供達を愛し積極的に遊んだという行動が人々の記憶に残っている。
良寛は「子供の純真な心こそが誠の仏の心」と解釈し、子供達と遊ぶことを好み、かくれんぼや、手毬をついたりしてよく遊んだという(懐には常に手毬を入れていたという)。
名書家として知られた良寛であったが、高名な人物からの書の依頼は断る傾向があったが、子供達から「凧に文字を書いて欲しい」と頼まれた時には喜んで『天上大風』(てんじょうたいふう)の字を書いた(現在でもその凧は残っている)。
ある日の夕暮れ時にも、良寛は隠れん坊をして子供達と遊んでいて、自分が隠れる番になり、田んぼにうまく隠れ得た。
しかし、日が暮れて暗くなり、子供達は、良寛だけを探し出せないまま、家に帰ってしまった。
翌朝早くに、ある農夫が田んぼに来ると、そこに良寛が居たので、驚いて問い質すと、良寛は、「静かに!そんな大声を出せば、子供達に見つかってしまうではないか」と言ったという。
このような類いの話が伝えられ、子供向けの童話などとして紹介されることで、良寛に対する親しみ深い印象が、現在にまで伝えられている。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感  想]
小さい像と詩碑が一体となっています。
小さいですが良寛の特徴がよく表現されています。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/197-b871bd06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。