ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福沢 諭吉 1
DSCN6877.jpg

DSCN6881.jpg
福沢 諭吉 像 1
(東京都 新宿区 應義塾大学病院)

撮影日:2008年4月24日
建設年:昭和50年
分 類:思想家
作 者:柴田 佳石
評 価:☆☆☆

福沢諭吉
「近代日本人の肖像ホームページ」から

福沢諭吉 (ふくざわ ゆきち)
(1835年‐1901年)
幕末・明治時代の思想家

豊前中津藩(大分県)藩士。
大坂の適塾でまなび、安政5年江戸で蘭学塾(のちの慶応義塾)をひらく。
英学を独修し、7年幕府の遣米使節に同行して咸臨(かんりん)丸で渡米。
以後2回欧米を視察。
元治(げんじ)元年幕臣となり外国奉行翻訳方をつとめる。
維新後は官職を辞して生涯野にあった。
明治15年「時事新報」を創刊。
人間の独立自尊、実学の必要性を説き、脱亜論をとなえた。
明治34年2月3日死去。68歳。
著作に「西洋事情」「学問のすゝめ」「文明論之概略」など。
【格言など】天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと云へり(「学問のすゝめ」)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

◎1万円札
1984年~2004年の日本銀行券D号1万円札、2004年~のE号1万円札の肖像にも使用されている。そのせいか、「ユキチ」が一万円札の代名詞として使われることもある。このことから派生して、一万円札の枚数を言う時に1人、2人などのように人数を数えるように言うことがあり、一万円札の代名詞でもある。
10000_yen_note.jpg

◎現在「最高額紙幣の人」としても知られているが、昭和59年(1984年)11月1日の新紙幣発行に際して、最初の大蔵省理財局の案では、十万円札が聖徳太子、五万円札が野口英世、一万円札が福澤諭吉となる予定だった。その後、十万円札と五万円札の発行が中止されたため、一万円札の福澤諭吉が最高額紙幣の人となった。

◎慶應義塾大学をはじめとする学校法人慶應義塾の運営する学校では、創立者の福澤諭吉のみを「福澤先生」と呼ぶ伝統があり、他は教員も学生も公式には「○○君」と表記される。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[銅  像]
信濃町キャンパス大学病院中央棟玄関ロビー~胸像(ブロンズ像)~
三田キャンパスと同様、柴田佳石制作のもの。
医学部第三回同級会(大正十四〈一九二五〉年卒業)から寄贈され、昭和五十年四月二十七日に設置された。
「慶応義塾大学出版会ホームページ」から

[感  想]
應義塾大学病院の1階ロビーにおられます。
ここでも先生は、「福澤先生」だけなのでしょうか?
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/206-e434b47a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。