ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘボン
DSCN6146.jpg

DSCN6148.jpg
ヘボン 像
(東京都 港区 明治学院大学)

ヘボン(Hepburn, James Curtis)
(1815年‐1911年)
アメリカの宣教師,医師,語学者

撮影日:2010年3月15日
建設年:昭和41年
分 類: 外国人
作 者:瀬戸 団治
評 価:☆☆☆

ヘボン
ジェームス・カーティス・ヘボン
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

1815年3月13日生まれ。
安政6年(1859)長老派の宣教師として来日,横浜にすみ,診療と英語教育をおこなう。
慶応3年日本初の和英辞典「和英語林集成」を出版,この第3版にもちいられたローマ字がヘボン式ローマ字として日本で普及した。
明治22年明治学院初代総理,25年帰国。
1911年9月21日死去。96歳。
ペンシルベニア州出身。ペンシルベニア大卒。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感 想]
ヘボン式ローマ字を考案したヘボンの像です。
明治学院大学のヘボン館前におられます。
聡明な感じの顔立ちです。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/208-d47e4215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。