ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大石内 蔵助
DSCN6140.jpg

DSCN6141.jpg

DSCN6144.jpg
大石内 蔵助 像
(東京都 港区高輪 泉岳寺)

大石 良雄(おおいし よしお)
通称は内蔵助
(1659年‐1703年)
江戸時代前期の武士

撮影日:2010年3月15日
分 類:武士
評 価:☆☆☆

大石良雄の肖像画
大石良雄の肖像画
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

万治2年生まれ。
播磨(兵庫県)赤穂藩家老。
儒学を伊藤仁斎に,兵学を山鹿素行にまなぶ。
元禄14年藩主浅野長矩が吉良義央にきりつけて切腹・領地召し上げとなったため,城をひきわたし京都山科にうつる。
翌年同志46名を指揮して江戸の吉良邸に討ち入り主君の仇を討った。
元禄16年2月4日切腹。45歳。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

【泉岳寺】
浅野内匠頭と赤穂浪士が葬られていることで有名であり、現在も多くの参拝客が訪れる。また、毎年12月13日、12月14日には義士祭が催される。
また境内に、赤穂浪士ゆかりの品を所蔵している「赤穂義士記念館」がある。
義士の討ち入り後、当時の住職が義士の所持品を売り払って収益を得たことに世間の批判が集まり、あわててこれらの品を買い戻しに走ったことがある。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋
DSCN6139.jpg

[感 想]
赤穂浪士が葬られている泉岳寺の境内に
巻物を手に堂々と立っておられます。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/209-25d63490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。