ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頼 山陽
IMG_1377.jpg
頼 山陽 像
(広島県 尾道市 千光寺公園)

頼山陽(らい さんよう)
(1781年-1832年)
江戸時代後期の儒者

撮影日:2010年5月28日
建設年:平成5年  
分 類:文化人
作 者:橋本 次郎
評 価:☆☆☆

頼山陽
頼山陽像 帆足杏雨筆 広瀬旭荘賛
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

江戸で尾藤二洲らにまなぶ。
21歳で安芸広島を出奔,脱藩の罪で自宅幽閉となる。
赦免ののち,京都で開塾。
詩,書に才能を発揮。
幽閉中に起稿した「日本外史」は,幕末の尊攘派につよい影響をあたえた。
天保3年9月23日死去。53歳。大坂出身。別号に三十六峰外史。著作はほかに「日本楽府」など。
【格言など】われに一腔(いっこう)の血あり。其色はまさに赤く,其性は熟す(結核闘病中にうたった「喀血の歌」)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

「尾道と頼山陽」
山陽の活動は、地方の門人やパトロンによって支えられており、芸備には門人が多く、後に福山藩に登用された門田朴斎、江木鰐水、関藤藤陰や、尾道の橋本竹下、宮原節庵、平田玉蘊らがいる。
 尾道は、山陽道の宿場町、瀬戸内海航路の港町として繁栄し、備後地方の商業の中心地であった。
近世後期には、経済的な実力を蓄えた商人のなかで、文芸への関心が高まり、それを反映して、多くの文人墨客が立ち寄っている。
彼らは、商人たちの求めに応じて、多くの書や絵画を製作し、潤筆料を受け取っている。
山陽に限らず、この時代に学者や文人が職業として成り立つようになった経済的背景には、尾道のような地方の豪商や豪農の存在があったのである。
「尾道文学芸術探訪」から

[感  想]
本と筆を持った立ち姿が印象的です。
頼山陽の像近くの岩に頼山陽の歌が刻まれています。
IMG_1382.jpg
頼山陽が、千光寺山に登ったときの作品です。
IMG_1383.jpg

隣の「岩割の松」もすごいです!
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/223-914d6021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。