ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山内 千代
IMG_2817.jpg

IMG_2818.jpg

IMG_2821.jpg
山内 千代 像
(高知県 高知市丸ノ内 高知公園)

山内 千代(やまうち ちよ)
(1557-1617)
安土桃山時代の武家の女性

撮影日:2010年9月18日
建設年:昭和40年
分 類:武家女性
評 価:☆☆☆

山内一豊の妻。千代。見性院
浅井家家臣若宮喜助友興の娘。
父の討死後,美濃(岐阜県)不破重純氏の養女となる。
一豊の母に仕えて嫁に見込まれたともいわれる。
一豊が,目にとめた名馬を求めたいと望んだ折,夫の大事にと実家から持参した黄金10枚を用立てた。のち馬揃のとき,これが織田信長に認められ,一豊の出世のきっかけになったとの逸話がある。
天正13(1585)年に長浜城主夫人となり,のち大坂に居住した。
慶長5(1600)年,一豊は徳川家康に従って会津に出陣,千代はそのもとへ石田三成の挙兵を知らせ,自身は人質となれば自決の覚悟なので心置きなく徳川氏に忠誠を尽くすよう助言したという。
関ケ原の戦の功績として一豊は土佐一国を与えられたが,翌10年死去。
千代は落飾して妙心寺から見性院の法号を受け,翌年京都に戻った。
「朝日日本歴史人物事典」から

[銅 像]
夫である山内一豊を内助の功で支えたと言われ、その伝説を顕彰して、1965年に高知商工会議所婦人会により建立された。
「山内一豊之妻」の題字は元総理大臣吉田茂の筆によるもの

[感  想]
「内助の功」の話をもとにした銅像です。
大きな馬と差しのばした手が印象的です。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/247-94ed556f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。