ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長宗我部 元親
IMG_2881.jpg

IMG_2884.jpg


IMG_2872.jpg

IMG_2878.jpg
長宗我部 元親 像
(高知県 高知市 若宮八幡宮)

長宗我部元親 (ちょうそかべ もとちか)
(1538年-1599年)
戦国時代の武将

撮影日:2010年9月19日
建設年:平成11年
分 類:武将
作 者:濱田 浩造
評 価:☆☆☆☆☆

長宗我部 元親
長宗我部 元親
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

天文(てんぶん)7年生まれ。
長宗我部国親の長男。
永禄3年家督をつぐ。
天正13年四国を統一。
同年豊臣秀吉に攻められ土佐(高知県)だけの領有をゆるされる。
秀吉の九州攻め,小田原攻め,文禄・慶長の役にも出陣。
領内では惣検地をおこない,「長宗我部元親百箇条」をさだめた。
慶長4年5月19日死去。62歳。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

「長宗我部元親初陣の像」
地域おこしを進めようと結成した港南地域の異業種集団「一領具足会」が中心となり、没後400年を記念して平成11年(1999年)に建立された。
銅像は、永禄3年(1560年)、22歳で初陣を迎えた元親が、合戦に挑む前夜、若宮八幡宮に陣取った姿を表現している。
力強く前に伸ばされた左手は、足下に広がる四国をつかみ取ろうとしている形に作られている。
「高知市公式ホームページ」から

初陣の長浜の戦いの際、家臣の秦泉寺豊後に槍の使い方と大将の行動を聞いたという逸話が有る。
秦泉寺豊後は「槍は敵の目と鼻を突くようにし、大将は先に駆けず臆さずにいるもの」と答えた。
そしていざ戦になると元親はその通りに行動し鬼若子と言われる程の活躍をしたとされる。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

「一領具足(いちりょうぐそく)」
戦国時代の土佐国の戦国大名、長宗我部氏が兵農分離前の武装農民や地侍を対象に編成、運用した半農半兵の兵士および組織の呼称である。
土佐物語では死生知らずの野武士なりと書かれている。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感  想]
高知市内から桂浜へランニングで行く途中の若宮八幡宮横で発見!
長い槍を斜めに持ち、力強く前に伸ばされた左手の鎧姿は、とても力強く、見る者を圧倒します!
久しぶりの満点の像に感動しました!
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/252-e6e1f170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。