ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山 和夫
IMG_4070.jpg

IMG_4072.jpg
鳩山 和夫 像
(東京都 文京区 音羽 鳩山会館)

撮影日:2010年12月12日
建設年:昭和5年
分 類:政治家
作 者:朝倉 文夫
評 価:☆☆☆

鳩山 和夫
鳩山和夫 /『明治人物評論』より
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

鳩山 和夫(はとやま かずお)
(1856年-1911年)
明治時代の政治家

安政3年4月3日生まれ。
鳩山春子の夫。鳩山一郎,鳩山秀夫の父。
美作(岡山県)勝山藩士の子。
東京開成学校卒業後,コロンビア大,エール大に留学。
代言人(弁護士),帝国大学教授をへて,明治25年衆議院議員(当選9回,政友会)。
衆議院議長,外務次官。東京専門学校(現早大)校長をつとめた。
明治44年10月3日死去。56歳。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

◆鳩山和夫は、明治時代の政治家です。
幕末の安政3年(1856)に美作勝山藩士の家庭に生まれ、明治維新後は学門を志して開成学校(のちの東京大学)に進み、アメリカ留学も経験。
コロンビア大学、エール大学で法学を学び、博士号も取得しています。
帰国後は教育者や弁護士として活躍し、明治18年(1885)に東京府会議員に当選したのをきっかけに政治の世界にも進出します。
衆議院議長を務める一方で、当時、開発が急務となっていた北海道開墾にも大きな影響力を示しました。
後に早稲田大学の総長も務めましたが、55歳という若さで死去。
政治家として日本の近代化・民主政治の発展に向けた思いは長男の一郎に受け継がれることになりました。
夫人の春子は、文久元年(1861)に信州・松本藩士の五女として生まれ、東京女子師範学校(現・お茶の水女子大学)卒業後、明治14年(1881)に鳩山和夫と結婚。
5年後に、津田梅子(津田塾大学創始者)らとともに共立女子職業学校(現・共立女子大学)の設立に参加するなど、女性の教育や職業進出に尽力しました。
夫妻の銅像は、彫刻家・朝倉文夫の手によるもので、鳩山和夫は台座付きの胸像、春子は全身の座像と様式は異なりますが、仲良く並んで大きな台座に一体となって置かれています。
「歴史群像―学研デジタル歴史館-「TOKYO銅像マップ」」から

[感  想]
帽子と髭が特徴的な上半身の像です。
夫婦像の近くには、鳩の像もあります。

IMG_4073.jpg
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/273-cef82337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。