ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春日局
IMG_4113.jpg

IMG_4114.jpg

IMG_4115.jpg
春日局 像
(東京都 文京区 春日 礫川公園)

撮影日:2010年12月12日
建設年:平成元年
分 類:その他
評 価:☆☆☆

春日局
春日局(斎藤福)
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

春日局(かすがのつぼね)
(1579年-1643年)
大奥の女中

徳川家光の乳母。
明智光秀の臣斎藤利三の女で,名はお福。
稲葉正成に嫁し稲葉正勝ら4男を生む。
家光出生とともに乳母となる。
家光の将軍継嗣問題では駿府の大御所家康に直訴するなど尽力,後に大奥内外に勢力を振るう。
「百科事典マイペディア」から

◆春日局(かすがのつぼね)は、安土桃山時代末期から江戸時代初期の女性で、徳川幕府三代目将軍、徳川家光の乳母を務め、家光が父秀忠の後継者となり、将軍職に就任するにあたって大きな功のあった人物です。
春日局は美濃守護代を務めた名族、斎藤氏の一流の出身で、天正7年(1579)、明智光秀の重臣・斉藤利三の娘として誕生しました(母は戦国武将として知られる稲葉一鉄の娘)。
本名は福といいます。
父が明智光秀の謀反に連座して処刑されると一族はばらばらになりますが、福は難を逃れて一時母方縁者の公家の下で養育され、後に伯父の稲葉重通の養女になります。
成長した福は、稲葉一鉄の係累である稲葉正成と結婚。
武将の妻としての幸せを手にしたかに思われましたが、公家教育を受けた福の高い教養に注目した徳川将軍家が秀忠の子・竹千代(後の家光)の乳母に指名したため、夫と離縁して江戸城に入りました。
春日局の名は、後に宮中に参内した際、朝廷から賜ったものです。
竹千代の乳母としては、弟の国松が両親の寵愛を受けていることに悲観して自害しようとする竹千代を諌め、将軍後継者としての自覚を諭した、というエピソードが有名です。
その一方で、大奥では御年寄りとして公務を仕切るなど、実務や統率の面でも力を奮いました。
その後も大奥の制度の整備や、家光の側室探しにも尽力するなどし、寛永20年(1643)年、64歳で世を去りました。
銅像は文京区春日の礫川公園(文京区役所の向かい)にあります。
春日の地名は、春日局が家光より土地を拝領したことに由来するそうです。
昭和64年(平成元年/1989)にNHK大河ドラマ『春日局』が放映されたことを契機として、地域振興などを目的とする事業の一環として製作が決定。平成元年に建立されました。
台座付きで、扇を持った立像です。
春日局(福)が乳母になったのは25歳ごろのことですが、銅像も若さを感じさせる姿で、お局様というよりお福様と呼びたいような像です。
時代が新しいだけあって、現代的な雰囲気の面立ちが印象的です。
「歴史群像―学研デジタル歴史館-「TOKYO銅像マップ」」から

[感  想]
着物を着て、扇子で前を指し示す立ち姿は、気品があります。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/275-f88c9bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。