ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩崎 きみ
IMG_4575.jpg

IMG_4578.jpg
岩崎 きみ 像
(東京都 港区 麻布十番)

撮影日:2010年12月18日
建設年:平成元年
分 類:その他
作 者:佐々木 至
評 価:☆☆☆

岩崎 きみ(いわさき きみ)
(1902年-1911年)

明治35年(1902)7月15日、日本平の麓、静岡県旧不二見村(現 静岡市清水区宮加三)で生まれました。
きみちゃんは赤ちゃんのとき、いろいろな事情で母親「岩崎かよ」に連れられて北海道に渡ります。
母親に再婚の話がもちあがり、かよは夫の鈴木志郎と開拓農場 (現北海道、留寿都村)に入植することになります。
当時の開拓地の想像を絶する厳しさから、かよはやむなく三歳のきみちゃんをアメリカ人宣教師チャールス・ヒュエット夫妻の養女に出します。
かよと鈴木志郎は開拓農場で懸命に働きますが、静岡から呼んだかよの弟「辰蔵」を苛酷な労働の中で亡くし、また、開拓小屋の火事など努力の甲斐なく失意のうちに札幌に引き上げます。明治40年(1907)のことです。
鈴木志郎は北鳴新報という小さな新聞社に職を見つけ、同じ頃この新聞社に勤めていた野口雨情と親交を持つようになります。
明治41年(1908)、小樽日報に移った志郎は、石川啄木とも親交を持ったことが琢木の「悲しき玩具」に書かれています。
「名は何と言いけむ、姓は鈴木なりき、今はどうして何処にゐるらむ」
雨情は明治41年(1908)に長女を生後わずか7日で亡くしています。
おそらくそんな日常の生活の中でかよは世間話のつれづれに、自分のお腹を痛めた女の子を外人の養女に出したことを話したのでしょう。
「きみちゃんはアメリカできっと幸せに暮らしていますよ」。
こんな会話の中で、詩人野口雨情の脳裏に赤い靴の女の子のイメージが刻まれ、「赤い靴」の詩が生まれたのではないでしょうか。
雨情は 、また夭折した長女を「・・・生まれてすぐにこわれてきえた・・・・」と「シャボン玉」に詠ったと言われています。
後年、赤い靴の歌を聞いた母かよは、「雨情さんがきみちゃんのことを詩にしてくれたんだよ」とつぶやきながら、「赤い靴はいてた女の子・・・」とよく歌っていたそうです。その歌声はどこか心からの後悔と悲しみに満ちていたのです。 
ところが、赤い靴の女の子は異人さんに連れられていかなかったのです。母かよは、死ぬまできみちゃんはヒュエット夫妻(右写真)とアメリカに渡り、幸せに元気に暮らしていると信じていました。
しかし、意外な事実がわかったのです。
きみちゃんは船に乗らなかったのです。
ヒュエット夫妻が任務を終え帰国しようとしたとき、きみちゃんは不幸にも当時不治の病といわれた結核 に冒され、身体の衰弱がひどく長い船旅が出来ず、東京のメソジスト系の教会の孤児院に預けられたのです。
薬石の効無く一人寂しく幸薄い9歳の生涯を閉じたのは、明治44年(1911)9月15日の夜でした。
3歳で母かよと別れ、6歳で育ての親ヒュエット夫妻とも別れたきみちゃんは、ただひとり看取る人もいない古い木造の建物の2階の片隅で病魔と闘いつづけました。熱にうなされ、母かよの名を呼んだこともあったでしょう。温かい母の胸にすがりたかったでしょう。それもできないまま、秋の夜、きみちゃんは幸薄い9歳の生涯を閉じたのです。母かよがきみちゃんの幸せを信じて亡くなったであろうことが、ただ救いでした。
母と子の愛の絆をこの「きみちゃん」の像に託し、皆さまの幸せを祈って、平成元年2月28日(1989)麻布十番商店街はパティオ十番に「きみちゃん」の像を建てました。

◎きみちゃん
 佐々木 至 作 1989.2.28.完成
 像 600mm  台座 700mm
 頭部と足:ブロンズ  胴部分:赤御影石  台座:御影石
「麻布十番商店ホームページ」から

◆麻生十番駅から善福寺に向かう途中には、物悲しい由来の小さな女の子像もあります。
佐野きみ(1902-1911)は、静岡県清水市で生まれた女の子で、生活苦から外国人宣教師に預けられたものの、栄養失調で結核を発症し、麻布の教会に併設された孤児院で亡くなりました。
この経緯が、後に作詞家・野口雨情により『赤い靴』として描かれました。
なお、神奈川県横浜市の山下公園には座像が、生誕の地の静岡県清水市には、母との別れの場面を描いた母子像があります。
「歴史群像―学研デジタル歴史館-「TOKYO銅像マップ」」から

[感  想]
赤い靴の歌は、聞くと物悲しい感じがしていましたが、本当は異人さんに連れられていかなかったという事実には驚きました。
像は、顔と足がブロンズで、体の部分が御影石というちょっと変わった像です。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/284-0bb85e60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。