ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田 信長
IMG_4181.jpg

IMG_4182.jpg
織田 信長 像
(東京都 武蔵野市 御殿山 井の頭自然文化園)

撮影日:2010年12月12日
建設年:昭和45年
分 類:武将
作 者:北村 西望
評 価:☆☆☆

織田 信長
紙本著色織田信長像(狩野元秀画、長興寺蔵)
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

織田信長 (おだ のぶなが)
(1534年-1582年)
戦国-織豊時代の武将

天文3年生まれ。
織田信秀の子。
永禄2年尾張(愛知県)を統一。
3年桶狭間の戦いで今川義元を破る。
徳川家康と同盟し,10年美濃を征服して岐阜を拠点とする。
11年足利義昭を擁立して京都にはいるが,のち対立。
天正元年義昭を追放し,室町幕府をほろぼす。
浅井・朝倉連合軍との姉川の戦いで勝利し,伊勢長島の一向一揆を鎮圧,武田軍との長篠の戦いにも勝利。
4年近江に安土城をきずく。
天下統一を目前にして,明智光秀の謀反にあい,天正10年6月2日京都本能寺で自刃した。49歳。
尾張出身。
【格言など】人間五十年,下天の内をくらぶれば,夢幻のごとくなり。一度生を得て滅せぬ者のあるべきか(「信長公記」)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感  想]
武蔵野市の井の頭自然文化園内には、北村西望の彫刻園が有り屋外に作品が数多く展示されています。
題:「若き日の織田信長」
馬に跨り、後ろに向かって弓を引く若き日の信長の姿です。
躍動感あふれる像です。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/291-6906e1f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。