ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北条 時宗
IMG_4270.jpg
北条 時宗 像
(東京都 武蔵野市 御殿山 井の頭自然文化園 彫刻館)

撮影日:2010年12月12日
建設年:昭和16年
分 類:武将
作 者:北村西望
評 価:☆☆☆

北条 時宗(ほうじょう ときむね)
(1251年-1284年)
鎌倉時代の武将

建長3年5月15日生まれ。
北条時頼の子。母は北条重時の娘。
文永元年連署となり,3年将軍宗尊親王を廃し,惟康親王を擁立。
5年8代執権につく。
9年庶兄の北条時輔らを討ち,得宗としての地位を確定。
九州の防備体制をかため,2度の蒙古軍の来襲を撃退(文永・弘安の役)。
禅宗に帰依し,無学祖元をまねき円覚寺を建立した。
弘安7年4月4日死去。34歳。
幼名は正寿。通称は相模太郎。法名は道杲(どうこう)。
【格言など】御家人已下,軍兵等は守護の命に随い,防戦の忠を致すべし(弘安の役で御家人へ発した教書)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[感 想]
彫刻園の中に展示されています。
小さい像ですが、左手で刀を杖に、立っている姿は堂々としています。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/354-ea474a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。