ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪 舟 4
IMG_9181.jpg

IMG_9182.jpg

IMG_9186.jpg
雪舟 像 4
(島根県 益田市 乙吉町 雪舟の郷記念館裏)

撮影日:2011年10月16日
建設年:平成2年
分 類:水墨画家
作 者:山名常人
評 価:☆☆☆

雪舟の郷記念館の中に高村光雲作の雪舟座像があります。
カメラ撮影禁止のため、記念館のホームページから抜粋
雪舟像
高村 光雲 作
昭和2年(1927)
木彫(桂)
32.2×24.0×35.0㎝
市指定文化財

この雪舟像は、雪舟425回忌に際して、当時の東京美術学校長正木直彦氏が高村光雲に制作を依頼し、寄贈したもの。 
雪舟の自画像をもとに制作され、シャープでしかもしなやかな衣文線は光雲作の他の仏像と共通する特徴である。
明治末から大正、昭和初期にかけて空前の雪舟ブームが巻き起こり、全国的に雪舟の遺跡保存運動が起こった。
雪舟終焉地益田でも大正7年「雪舟終焉地保存会」を立ち上げて、荒廃していた大喜庵、雪舟の墓などの保存整備に取りかかった。
この運動は全国的な募金活動へと発展し、保存会の会長は平山成信男爵、副会長に正木東京美術学校長が就任し雪舟終焉地遺跡保存に力を尽くした。
現在の大喜庵、大喜庵参道、雪舟の墓などは、その当時復元整備されたものである。
この雪舟像は昭和4年執り行われた雪舟没後425回忌の折に修復が終わった大喜庵本堂に収められた。

[感  想]
雪舟の郷記念館の裏におられます。
ちょっと分かりにくい所です。
これまでの雪舟像3つは、いずれも上半身の像でしたが、
これは全身像で、袈裟と帽子が印象的な像です。
記念館にある高村光雲の木像を基に作られたそうです。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/362-0139ac25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。