ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢 儀明
IMG_0225.jpg

IMG_0226.jpg

IMG_0224.jpg
小沢 儀明 像
(山口県 美祢市 秋芳町 秋吉台山)

撮影日:2011年12月31日
建設年:昭和44年
分 類:学者
作 者:久間 秋夫
評 価:☆☆☆

小沢 儀明
小沢 儀明(おざわ よしあき)
(1899年-1929年)
大正-昭和時代前期の地質学者

明治32年3月31日生まれ。
大正14年東京帝大助教授。
日本の造山運動を研究。
15年学士院恩賜賞。
翌年欧米に留学し,有孔虫類の系統分類の研究で成果をあげた。
昭和4年12月28日死去。31歳。
山梨県出身。東京帝大卒。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

「小沢儀明と秋吉台」
小沢博士は31歳の若さで亡くなりましたが、わずかの期間にたくさんの研究をされ、秋吉台を世界的に有名にし、古生物の研究の基礎を作られました。
フズリナ、サンゴ、こけ虫などの化石研究を行い、特にフズリナ化石の分類体系やその生層序の確立により、秋吉台は日本の古生層を代表する模式地となりました。
秋吉台が特別天然記念物に指定されるにいたった経緯は、小沢博士の研究成果の重要性によるものが大きく寄与しています。
また、博士は日本で最初のカルスト地下水系の論文も公表されています。
「秋吉台科学博物館ホームページ」から
IMG_0228.jpg

[感  想]
秋吉台科学博物館の前におられます。
眼鏡をかけた上半身の像で、秋吉台をじっと見守られている感じがします。
小沢博士が研究していたフズリナの化石がある石灰岩も銅像と一緒に展示してあります。
IMG_0229.jpg

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/374-9521e87a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。