ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東郷 青児
青郷1

青郷2

IMG_0958.jpg
東郷 青児 像
(鹿児島県 鹿児島市 武 長島美術館)

撮影日:2012年11月18日
分 類:画家
作 者:西 常雄
評 価:☆☆☆

東郷 青児(とうごう せいじ)
(1897年-1978年)
大正-昭和時代の洋画家

明治30年4月28日生まれ。
有島生馬にまなぶ。
フランスに留学し、昭和6年二科会会員。
戦後は二科会再建の中心となり、36-53年会長。
32年壁画「創生の歌」で芸術院賞。
幻想的で詩情ゆたかな女性像をえがいた。
芸術院会員。
昭和53年4月25日死去。80歳。
文化功労者を追贈された。
鹿児島県出身。青山学院中学部卒。
本名は鉄春。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

東郷 創生の歌
「創生の歌」

[感  想]
長島美術館の玄関横には、鹿児島にゆかりのある6人の画家の銅像が並んでいます。
向かって一番左の像です。
腕を組んで、右手に木炭を持った姿は、絵を描いている様子だと思われます。
「創生の歌」は、よく見る女性の絵です。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/424-d4bc81ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。