ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和田 英作
和田1

和田2
和田 英作 像
(鹿児島県 鹿児島市 武 長島美術館)

撮影日:2012年11月18日
建設年:昭和63年
分 類:画家
作 者:千野 茂
評 価:☆☆☆

和田英作 画伯
「鹿児島県図書館協会ホームページ」から

和田 英作(わだ えいさく)
(1874年-1959年)
明治-昭和時代の洋画家

明治7年12月23日生まれ。
曾山幸彦、原田直次郎、黒田清輝らにまなぶ。
明治29年白馬会創立に参加。
フランス留学から帰国後、母校東京美術学校(現東京芸大)の教授となり、のち同校校長。
文展審査員、帝国美術院会員、帝室技芸員。
昭和18年文化勲章。
昭和34年1月3日死去。84歳。
鹿児島県出身。
作品に「渡頭の夕暮」など。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

憲法発布式 和田
「憲法発布式」
明治天皇を記念する聖徳記念絵画館のために描かれた『憲法発布式』は歴史教科書でおなじみの作品。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

和田英作筆「富士(河口湖)」
和田英作筆「富士(河口湖)」
和田英作(1874~1959)は垂水市に生まれ、1879年には両親と共に上京した。
1887年明治学院に入学するが、上杉熊松について洋画の初歩を学ぶようになり、本格的に勉強するようになった。
1896年東京美術学校の助教授となるが、翌年にはこの職を辞し、改めて東京美術学校西洋画科に入学し、卒業後は教授助手となった。
1900年には文部省の留学生としてパリに赴き、ラファエル・コランの指導を受けた。
1932~36年には美術学校の校長をつとめ、1943年文化勲章を受けた。
この作品は、河口湖から見た富士山で、雪を冠した端正な富士の姿が美しい。
「鹿児島県ホームページ」から

図書館旧館のスティンドグラス(原画:和田英作
図書館旧館のスティンドグラス(原画:和田英作、源制作:小川三知、復元:大竹龍蔵)

[慶應義塾豆百科] 図書館のスティンドグラス
三田に学んだものにとって、図書館(旧館)の赤レンガの八角塔は、いつまでも学窓への限りない郷愁をかき立ててやまない。
と同時に1度でも同館の玄関に足をふみ入れたものには、1階から2階へ上る階段の正面にはめこまれた色鮮やかなスティンドグラスの存在をこれまた忘れることはあるまい。
これは設計の当初から予定されていたが、実際に完成を見たのは大正4年(1915)のことであった。
原画は和田英作、施工は小川三知であった。
高さ6.45メートル、幅2.61メートルの大作で図柄は甲冑に身を固めた武将が馬から降りて、ペンを手にした自由の女神を迎えているところで、下部にはラテン語でCalamvs Gladio Fortior(ペンは剣よりも強し)の文字があり、その左右には義塾創立の年(1858)と図書館建設の計画がなされた50年記念の年(1907)とがローマ数字で記されている。
原画を描いた和田の談話によると、「図は今、封建の門扉をパッと開いて旭日燦たる光とともに、泰西文明のシンボル女神が、塾章ペンを手にして入ってくるところ、弓矢を持ったミリタリズムの表徴たる鎧武者が白馬を降りて迎えている。下方に叢生しているのは笹や茨棘で、今後泰西文明に依って開かれようとするカルチュアー少き荒野の様、女神の足下に飛び立っているのは梟で、旭日の光から遁れて暗きにさるもの、凡そ我国近代文明の暁を示す姿である。」(『三田新聞』昭和5年2月4日付)とある。
また実際の施工に当った小川も米国で修業を了えて帰国したばかりであった。
それだけに両人のこれにかけた情熱は非常なもので、当時の日本人の手になる作品としては抜群の出来栄えだといわれていた。
『慶應義塾図書館史』には「青い壁面に依る稍々薄暗いホールから階段に面するとき、この色彩眩ゆいスティンドグラスには恍惚とした崇高さにうたれ、学問の深奥にわけ入ろうとする大学図書館の入口にふさわしい雰囲気をかもした」とある。
しかし、これらはすべて戦災により焼失してしまった。
幸い図書館は戦後間もなく修築が完成したが、スティンドグラスまで手が届かずにいたところ、その昔小川の助手としてこの制作にかかわった大竹龍蔵からぜひ復元させてほしいとの申し出に接し、谷口吉郎の助言のもとにこれの復元に着手し、昭和49年11月見事にこれの完成を見たのであった。
なおこの制作に生涯をかけた大竹は完成直前に急逝し、文字通り彼の遺作となった。
「慶應義塾ホームページ」から

[感  想]
ブロンズ色の像で、眉間のしわと濃い眉毛が特徴的です。
「憲法発布式」は、よく見る絵で、「富士(河口湖)」は、美しく描かれています。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/427-75a6a8bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。