ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松方 正義
IMG_0866.jpg

IMG_0868.jpg
松方 正義 像 
(鹿児島県 鹿児島市 下荒田 武ノ橋)

撮影日:2012年11月18日
建設年:平成20年
分 類:政治家
作 者:田畑 功
評 価:☆☆☆

松方正義1

松方正義2
「近代日本人の肖像」から

松方 正義(まつかた まさよし)
(1835年-1924年)
明治-大正時代の政治家
第4・6代内閣総理大臣

天保6年2月25日生まれ。
もと薩摩鹿児島藩士。
パリ万国博の事務局副総裁となり、明治11年渡欧。
14年以降大蔵卿、蔵相として紙幣整理、増税の松方財政を推進。
また日本銀行を設立し、金本位制を実施。
24年、29年の2度内閣を組織し、蔵相をかねた。
日本赤十字社社長、枢密顧問官、内大臣を歴任。
後年は元老として力をふるった。
大正13年7月2日死去。90歳。
号は海東、孤立。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

IMG_0870.jpg

IMG_0872.jpg
台座に刻まれた名言

[エピソ-ド]
◎松方は財政家として、政府紙幣の全廃と兌換紙幣である日本銀行券の発行による紙幣整理、煙草税や酒造税や醤油税などの増税や政府予算の圧縮策などの財政政策、官営模範工場の払い下げ、などによって財政収支を大幅に改善させ、インフレ-ションも押さえ込んだ。
ただ、これらの政策は深刻なデフレ-ションを招いたために「松方デフレ」と呼ばれて世論の反感を買うことになった。

◎1891年(明治24年)に第1次山縣内閣が倒れると大命降下を受けて総理大臣に就任した。
しかし閣内の不一致や不安定な議会運営が続き、1年強で辞任に追い込まれた。
その後第2次伊藤内閣を挟んで1896年(明治29年)に再び松方に組閣の命令が下るが、懸案であった金本位制への復帰こそ成し遂げたものの、大隈重信率いる進歩党との連繋がうまくいかず、同じく1年数か月で辞任を余儀なくされた。

◎松方は女好きで、非常に子沢山であり、早世した2男も含めて15男11女の26子があった。或る日、明治天皇から何人子供がいるのかと尋ねられたが咄嗟に思い出せず、「後日調査の上、御報告申し上げます」と奏上したという。
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋


[感  想]
錦江湾に流れる甲突川の河川公園におられます。
堂々とした大きな像です。
子供が26人もつくったということには驚きです!

IMG_0864.jpg
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/463-8e0bf108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。