ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東郷 平八郎 1
IMG_0686.jpg

IMG_0665.jpg

IMG_0687.jpg

IMG_0684.jpg
東郷 平八郎 像 1
(鹿児島県 鹿児島市 清水町 多賀山公園)

撮影日:2012年11月18日
建設年:昭和32年
分 類:軍人
作 者:雨田 光平
評 価:☆☆☆☆

250PX-~1
出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

東郷1
「近代日本人の肖像」から

東郷 平八郎(とうごう へいはちろう)
(1848年-1934年)
明治-大正時代の軍人

弘化4年12月22日生まれ。
もと薩摩鹿児島藩士。
維新後イギリスに留学。
日清戦争では浪速(なにわ)艦長。
日露戦争では連合艦隊司令長官として、旅順港封鎖作戦、日本海海戦を指揮。
バルチック艦隊を撃滅し、「東洋のネルソン」と称された。
海軍大将、元帥。
昭和9年5月30日死去。88歳。
名は実良。
【格言など】
皇国の興廃この一戦にあり各員いっそう奮励努力せよ(バルチック艦隊との交戦にあたり)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

IMG_0705.jpg

IMG_0700.jpg

[エピソ-ド]
◎イギリス留学
留学時の東郷(1877年)明治の世の中になると海軍士官として明治4年(1871年)から同11年(1878年)まで、イギリスのポ-ツマスに官費留学する。
東郷は当初鉄道技師になることを希望していた。
イギリスに官費留学する際、最初は大久保利通に「留学をさせてください」と頼み込んだが色よい返事はもらえなかった。後で東郷は大久保が自分に対して「平八郎はおしゃべりだから駄目だ」とする感想を他者に漏らしたことを伝え聞いて、自省してその後寡黙に努めた。それが長じて、後年は「沈黙の提督」との評価を得るまでになった。
大久保の後西郷隆盛に頼み込んだところ、「任せなさい」と快諾、ほどなく東郷のイギリス留学が決定した。東郷の才能を軍人にあると見込んだ西郷の人物眼の確かさをも物語るものであろう。
tougou3
留学時の東郷(1877年)

◎日露戦争
明治37年(1904年)2月10日からの日露戦争では、旗艦「三笠」に座乗してロシア海軍太平洋艦隊の基地である旅順港の攻撃(旅順口攻撃・旅順港閉塞作戦)や黄海海戦をはじめとする海軍の作戦全般を指揮する。
6月6日には大将に昇進する。
そして明治38年(1905年)5月27日に、ヨ-ロッパから極東へ向けて回航してきたロジェストヴェンスキ-提督率いるロシアのバルチック艦隊を迎撃する。
この日本海海戦に際し、「敵艦見ゆとの警報に接し、連合艦隊はただちに出動これを撃滅せんとす。
本日天気晴朗なれども波高し」との一報を大本営に打電した。
また、艦隊に対し、「皇国の興廃この一戦にあり。
各員一層奮励努力せよ」とZ旗を掲げて全軍の士気を鼓舞した。
東郷は丁字戦法、その後「トウゴウ・タ-ン」と呼ばれる戦法を使って海戦に勝利を納めた。
この海戦における勝利は、当時ロシアの圧力に苦しんでいたオスマン帝国においても自国の勝利のように喜ばれ、東郷は同国の国民的英雄となった。
その年に同国で生まれた子供たちの中には、ト-ゴ-と名づけられる者もおり、また「ト-ゴ-通り」と名付けられた通りもあった。
連合艦隊旗艦三笠の艦橋で指揮をとる東郷
連合艦隊旗艦三笠の艦橋で指揮をとる東郷、1905年

◎太平洋戦争時のアメリカ海軍の諸提督の多くは、若き日に東郷と接した事もあり東郷を英雄として崇拝していた。
特にチェスタ-・ニミッツは太平洋戦争でアメリカに勝利をもたらしたことで、「ト-ゴ-の血筋はヤマモト(山本五十六)ではなく、ニミッツへと受け継がれた」とも表現された。
ニミッツ本人も東郷への英雄崇拝の念が非常に強く、若い頃来日して東郷と出逢い、話した時の感激を生涯忘れることはなかったという。

◎第二次世界大戦後、GHQによって日本の軍事的モニュメントの撤去作業が行われたが、米国海軍は東郷に関するものには手を触れさせなかった。
戦後、戦艦三笠は荒れ果て、アメリカ軍人のため娯楽施設「キャバレ-・ト-ゴ-」や水族館が設置さたり、上部構造物はおろか取り外せそうな金属類は機関部に至るまで全て盗まれ、チ-ク材の甲板までも薪や建材にするために剥がされるなど荒廃していた。
ニミッツはその姿を憂い本を著して売り上げを寄付するなどして、東郷と若い頃への思いを込めて三笠の復興と保存に協力した。

◎一般に寡黙、荘重という印象があるが時として軽忽な一面もみせた。
晩年学習院に招かれた際、講演中に生徒に「将来は何になりたいか」と質問し「軍人になりたい」と答えた生徒に「軍人になると死ぬぞ」「なるなら陸軍ではなく海軍に入れ。海軍なら死なないから」と発言し、陸軍大将であり、諧謔のセンスの乏しい乃木希典院長を激昂させ、同時に半ば呆れさせたというエピソ-ドがある。

◎日本海海戦時カ-ル・ツァイスの双眼鏡を敵の沈没状況や降伏確認に使用した。
この双眼鏡は発売されて間もない明治37年(1904年)に小西屋六兵衛店(現コニカミノルタホ-ルディングス)が輸入したもの。
現在は三笠記念館に収蔵されている。

◎平成22年(2010年)2月16日に放送されたテレビ東京「開運!なんでも鑑定団」には、東郷平八郎が大正天皇から下賜されたという刀が出品され、鑑定額は5000万円と評価された。

◎東郷の郵便切手
逓信省(現在の日本郵便)が1937年(昭和12年)に発行した普通切手のうち、当時の封書基本料金用の4銭切手に東郷の肖像が使われている。
その後、郵便料金の改定に伴い5銭と7銭の額面の切手が発行されている。
4銭(1937年発行)
4銭(1937年発行)

5銭
5銭(1942年発行)

7銭(1944年発行)
7銭(1944年発行)
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感  想]
IMG_0698.jpg
小高い山も上にある多賀山公園を狭い階段を上っていった高い所におられます。

軍服姿で、左手にサ-ベル右手に帽子を持ち、正面を見据えた立ち姿です。
IMG_0670.jpg

IMG_0669_20130210132344.jpg
じっと錦江湾と桜島を見つめておられます。

IMG_0695.jpg
桜島から上る朝日がきれいでした。
IMG_0701.jpg
公園内には、お墓も有ります。



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/464-0ebcc49c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。