ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五代 友厚 1
IMG_0770.jpg

IMG_0771.jpg

IMG_0773.jpg

IMG_0778.jpg
五代 友厚 像 1
(鹿児島県 鹿児島市 泉町 泉公園)

撮影日:2012年11月18日
建設年:昭和36年
分 類:実業家
作 者:坂上 政克
評 価:☆☆☆☆

五代友厚
「近代日本人の肖像」から

五代 友厚(ごだい ともあつ)
(1836年-1885年)
明治時代の実業家

天保6年12月26日生まれ。
もと薩摩鹿児島藩士。
元治2年藩命で渡欧、武器や機械類を輸入。
維新後官界から実業界に転じ、大阪を本拠に鉱山、製藍、鉄道などの事業をおこす。
明治11年大阪商法会議所を設立し、会頭。
14年開拓使官有物払い下げ事件をおこした。
明治18年9月25日死去。51歳。
幼名は徳助、才助。号は松陰。
【格言など】男児、財産をつくるためにこの世に生をうけたのではない(信条)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[エピソ-ド]
◎14歳のとき、琉球公益係を兼ねていた父親が奇妙な地図を広げて友厚を手招いた。
見せたものは、藩主・島津斉興がポルトガル人から入手した世界地図だった。
友厚は父からこの世界地図の複写を命じられる。
友厚は2枚写し、1枚は藩主に献上し、1枚は自分の部屋に掲げて日夜眺めていたようで、地図を眺めながら特にイギリスに目をつけていた。
世界地図には薩摩はおろか日本すら載っていないことに気づくと同時に「なぜ日本と同じように小さい島国であるイギリスが世界を制覇できたのか」、そして国内で起こっている薩摩や長州の藩同士の争いがとても小さい争いであり「同じ日本国民として手を取り合い、外国に負けないような国力と技術力をつくろうではないか」という熱意をもつようになる。

◎安政元年(1854年)、ペリ-が浦賀沖に来航し天下は騒然となる。
その折、五代は「男児志を立てるは、まさにこのときにあり」と奮いたったと記されてある。

◎五代は小松帯刀や西郷隆盛、大久保利通などの要人と知り合いだった。
長州藩の高杉晋作や土佐藩の浪人坂本龍馬とも非常に仲が良い。
このように一流の人物たちと関わり合える条件をもっていたことが五代の後の功績へと役立った。
加えて、五代が役立てたものは英語力である。
当時から外交に英語力は欠かせなかった。
特に薩摩藩城代家老小松帯刀には重用されて恩義を感じ、小松死後はその妻(側室)子の面倒を見たことでも知られる。

◎友厚の大阪との関わりは、明治の新政府成立後に始まった。
新政府が諸外国との交渉窓口として外国事務掛を大阪に設け、五代を任命したのが起点である。
この頃、大阪では日本人の無知につけこんだ外国商人の不正行為が後を絶たなかった。
条約違反、購入料金の不払い、雇い人への賃金不払い等は日常茶飯事で、領事館の家賃不払いまでもが平気で行われていた。
五代はこのような不正に対しては断固たる態度で臨み、一切の妥協を拒んだ。
次第に五代が駐在する大阪港では外国船の荷物検査があまりにも厳しいという抗議が政府まで届き、政府が取り締まり緩和勧告を出すほどの騒動に発展した。
しかし、五代は外国商人の要求の真意が荷物検査が行われることによる不満(脱税や不正行為ができなくなる為)であることを見抜いていたので全く動じなかった。
商売人にとって【信用】は最も大切であり、不正を容認することは信用を失い、不正を糾弾することでその「信用」を勝ち取ろうとする五代の信念があった。
五代は商人である前に「正義」「大儀」を重んじる一人の武士であり、不正を見逃すことも国益を損なうことも出来ない性分だった。
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋


[感  想]
銅像は、昭和56年に長田陸橋袂から現在の県産業会館前の泉公園に移設されました。
左手を腰にあて、握りしめた右の拳をちょっと前に出した立ち姿は、示現流の使い手がい つでも拔刀できるポ-ズのようです。
彫りの深い顔も意志の強さを表しています。
IMG_0780.jpg
県産業会館をじっと見守っているようです。
スポンサーサイト


コメント

いい情報ありがとう
[2013/06/09 21:11] URL | B.H kim #4JcWZNxE [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/465-2593a70d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。