ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長岡 外史
IMG_3993.jpg

IMG_3999.jpg

IMG_4000.jpg
長岡 外史 像
(山口県 下松市 笠戸島 外史公園)

長岡 外史(ながおか がいし)
(1858年-1933年)
明治-昭和時代前期の軍人,政治家

撮影日:2007年7月13日
分 類:軍人、政治家
評 価:☆☆☆

20070820082241.jpg
長岡 外史
写真提供:長岡外史顕彰会

安政5年1月13日生まれ。
日露戦争で大本営参謀次長などをつとめ,明治42年陸軍中将。
軍務局長や第十三・第十六師団長を歴任する。
大正13年衆議院議員。
新潟県高田の第十三師団長在任当時の明治44年,将校たちにオーストリアの軍人レルヒから1本杖スキーをまなばせ,スキー技術を日本にはじめて紹介。
昭和8年4月21日死去。76歳。
長門(山口県)出身。陸軍大学校卒。
本姓は堀。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

新し物好きであり、新潟県高田(現在の上越市)の第13師団長時代、視察に訪れていたオーストリアの軍人レルヒ少佐が伝えたスキーを軍隊にはじめて導入した(これが日本スキー発祥と言われている)。
また変わった所もあったようで「プロペラ髭」と呼ばれる長大な髭を蓄え、それを自慢したとされる。自慢の髭は最長で70cm弱にも達したという。
山口県下松市笠戸島の国民宿舎大城に外史を顕彰する外史公園があり、外史の銅像が建てられている。下松市内には「長岡外史顕彰会」があり、顕彰活動に取り組んでいる。

パリから飛行家ビュルタンとメンジュ表敬訪問
昭和6年3月21日、パリから飛行家ビュルタンとメンジュ表敬訪問
「明治偉人伝 長岡外史 ホームページ」から

[感 想]
大雨の中、公園まで階段を一所懸命上って行きましたが、行ったかいのあるインパクトのある像でした。
石像ですが、特徴は、何と言っても、プロペラ髭です!
何かつけていたのだろうか?
どうやって、寝ていたのだろうか?
と思ってしまいます。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/48-6ea782dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。