ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大友 宗麟 6
IMG_0896.jpg

IMG_0894_20130224181825.jpg

IMG_0900_20130224181837.jpg
大友 宗麟 像 6
(大分県 大分市 勢家町 神宮寺浦公園)

撮影日:2013年2月4日
建設年:昭和33年
分 類:大名
作 者:永谷 秀雄
評 価:☆☆☆

IMG_0897.jpg

IMG_0892.jpg

[銅  像]
『「南蛮貿易場跡 大友宗麟像(神宮寺浦公園)』
公園の付近一帯は埋め立てられていますが、かつては浅瀬の波に洗われる美しい海浜でした。
平安時代、近くに春日神社の神宮寺という寺が建立されたところから、この名がついたといわれています。
天文年間(1532~1555)、ポルトガルや明との貿易を行った大友宗麟は、この浜辺を交易場として利用していたといわれています。
それにちなんだ「南蛮貿易場址」の碑があり、その側に太刀を杖にした大友宗麟像が建てられています。
ポルトガル人の来府は天文14年(1545)、中国のジャンク船に乗船して沖ノ浜に入港したのを皮切りに、天文20年(1551)の7月にポルトガル船が日出沖(神宮寺浦の対岸)に来泊しました。
同年9月にはフランシスコ=ザビエルが宗麟の招きで府内を訪れています。
その後、相次いでポルトガル船が来航し、神宮寺浦を含む別府湾は文字どおり南蛮貿易の表玄関でした。
「大分市観光協会ホームページ」から

[感  想]
立派な高い台座の上に立っておられます。
昭和12年に建設された像が、第二次世界大戦時の金属回収で無くなり、昭和33年に再建されたものです。台座は当時のもののようです。
十字架のペンダントをつまみ、刀をつえ代わりにした堂々とした立ち姿です。

IMG_0902_20130224181920.jpg
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/503-2389a369
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。