ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双葉山
IMG_0918.jpg

IMG_0920.jpg

IMG_0924.jpg

IMG_0926.jpg
双葉山 像
(大分県 宇佐市 川部 宇佐市総合運動公園)

撮影日:2013年2月4日
建設年:平成5年
分 類:大相撲力士
作 者:山崎 正義
評 価:☆☆☆☆

双葉山 定次

双葉山 2
双葉山 定次(ふたばやま さだじ)
(1912年-1968年)
元大相撲力士

本名・穐吉定次(あきよし さだじ)。
明治45(1912)年宇佐市下庄布津部に生まれる。
天津小学校卒業後、昭和2年に16歳で立浪部屋に入門。
持前の粘り強さで昭和11年より勝ち星を続け、前頭から横綱まで一気にのぼりつめ、昭和14年、前人未踏の69連勝の偉業を成し遂げた。
双葉山は、幼少の頃に右手小指の先を失い、右目を失明したものの、不屈の努力と強い精神力で相撲に精進し、空前の相撲ブームを巻き起こした。
引退するまで日本中の人気を博し、引退後は時津風理事長として角界の近代化を押し進めた。
「双葉の里ホームページ」から

IMG_0930.jpg

IMG_0928.jpg

[エピソード]
◎幕内通算成績は、31場所で276勝68敗1分33休、勝率.802。
繰上げ入幕のため、通算での勝率では他の大横綱に一歩譲ることになったが、横綱昇進後は17場所・180勝24敗22休で勝率8割8分2厘(取り直し制度導入以降の最高)、優勝12回(年2場所制での最多)、全勝8回(現在に至るまで最多、年6場所制となってから大鵬と白鵬がタイ記録樹立)、5場所連続全勝(年2場所制で最多)、関脇1場所、大関2場所は全て全勝で通過(明治以降唯一)、69連勝(記録に残っている1757年以降最高)など、不滅の足跡を残した。

◎双葉山は立合いに相手を良く見るが、攻撃はほとんど相手に先行する。
武道のやり方としては「後の先」と言われる作法で、「うっちゃり双葉」と呼ばれていた頃も右四つからの上手投げなどの正攻法の相撲を仕掛けていたが、当時は通用せずに結果的にそのようになってしまった。
稽古場での強さも群を抜いており、大関以下を相次いで相手にして相当の番数をこなしても、息が上がることが無かったという。

◎どんな相手に対しても同じような態度で臨んだ。
力水は一回しかつけず、自ら待ったをかけることはなく、相手力士がかけ声を発すれば制限時間前であっても、1回目の仕切でさえ受けて立った(1度目で立った相撲でも見事に勝っている)。
後述のように双葉山自身が無駄な動作を嫌い土俵上の短時間に極限まで集中を高めたためであるが、こうした土俵態度も今日まで力士の模範とされている。

◎現在の大相撲で、力士は力水を最初に一度しかつけないが、これは双葉山から始まっている。
彼以前の時代には、仕切りなおしのたびに力水をつける者も珍しくなかった。
新弟子の頃、「力水は武士にとっての水盃だ」と兄弟子から教えられ、死を覚悟しての水盃なら、一度つければ十分だと考えたという話が広く流布しているが、双葉山自身はこれを否定、「ただ土俵上であまり無駄なことはするまいと思っただけ」と語っている。

◎右目の状態は、入門から入幕の頃にかけては、かすんだり物が二重に見えたりしていたが、やがてほとんど見えなくなったという。
なまじ見えるよりその方が都合が良かったと、当人は後に語っている。
対戦力士の側にも、「あの人は目の前の相手と違うものを見て相撲を取っている」といった証言が多く残る。
実際双葉山の右目はやや白濁しており、右目に白い星があった。そのことから相手は神眼だといって恐れたという。
ちなみに、横綱昇進後に喫した24敗(うち不戦敗が1つ)は、安藝ノ海に69連勝を止められた一番を含め、大半が右側から攻められてのものである。右目が見えないことは公表されていなかったが、櫻錦利一に敗戦したとき、飛び違いという決まり手であったことから、双葉山は目が悪いのではないかという噂が広がった。
なお、小坂秀二の著書に引かれた笠置山の談話によると「我々は皆双葉山の右目のことを知っており、当然そこを狙って作戦を立てていた」という。

◎名言集
「われ未だ木鶏たりえず」
70連勝をかけて臨んだ昭和14年一月場所四日目、約3年間勝ち続けていた双葉山は、ついに安芸ノ海によって黒星を喫する。双葉山はいつもと変わることなく、土俵に一礼をして東の花道を下がっていったが、その日の夜、知人に宛てて打った電報がこの言葉である。
「木鶏」とは中国の故事に由来する言葉で、木彫りの鶏のように全く動じることのない最強の状態にある闘鶏をさしている。無心の境地に至れなかった自分を戒めた双葉山だが、相撲道に対する更なる精進を重ね、連勝記録がストップした後も3度の全勝優勝を含む7度もの優勝を数えることとなる。

「後の先」
双葉山は生涯1度も「待った」をしなかったという。立ち合いでの相手を受けて立つ姿勢は、一見、立ち遅れているように見えるが、組んだときには既に先手を取っており、「後の先」と呼ばれている。
双葉山の右目は幼い頃の事故でほとんど見えない状態であった。しかし、双葉山は現役時代、そのことを誰にも悟られぬようにして土俵人生を全うしている。
立ち合いに「待った」をせず、「後の先」を完成させたのも、自分のハンディを乗り越えるために生み出されたものであった。

「稽古は本場所のごとく、本場所は稽古のごとく」
常に真摯な姿勢で相撲道と向き合い続けた双葉山の言葉は、強い説得力を持っていたことは想像できる。その双葉山が親方となり、弟子たちに説いていたのがこの言葉である。
「稽古は本場所のように緊張感を持って取り組むように。本場所では硬くならず、リラックスして臨みなさい。」と言う意味と考えられるが、あえて最小限の言葉に抑えることにより、弟子たちへの押し付けではなく、個々の自覚を促す教訓に聞こえる。技術面を口にせず、「心気体」を相撲道の理念とした時津風親方(双葉山)を象徴する言葉の一つである。

「勝負師は寡黙であれ」
前人未到の69連勝など、土俵上では無敵を誇った双葉山であるが、失明となった右目と事故で潰してしまった右手小指という2つのハンディを負っていた。しかし、現役中、それを決して他人に語ることなく相撲を取り続け、引退まで黙り通している。
大きなハンディを乗り越えるため、必死の努力を続けてきた双葉山のこの言葉は、勝っても喜ぶ姿を相手に見せることがなかった双葉山の土俵哲学といわれている。

「心・気・体」
一般的にスポーツの世界では「心技体」が重要な理念であるとして知られているが、双葉山は相撲道の理念として「心技体」ではなく、「心気体」が重要であると説いた。また、双葉山が目指した「木鶏」こそ、この「心気体」の象徴であったと考えられている。
稽古場での時津風親方(双葉山)は、ほとんど技術面のことを口にせず、「稽古は本場所のごとく、本場所は稽古のごとく」を指導理念とし、「心技体」ではなく「心気体」を強調していた。師匠(双葉山)が稽古場に現れると、私語を交わす者は誰一人と無く、体と体がぶつかり合う音と荒い息づかいが聞こえるばかりで、その指導力は優れていたという。双葉山は、亡くなるまでの25年間親方を務め、1横綱、3大関を含む多くの関取を育成した。


[感  想]
初めての力士像です。
化粧まわしを締め、左手に日本刀を持った堂々とした立ち姿です。
銅像は、実物大では無く、体重122kg、身長1m79cmあった双葉山の1.5倍の大きさの像です。
「心・気・体」は、いい言葉だと思いました。
IMG_0917_20130224181925.jpg

IMG_0937.jpg

IMG_0935.jpg
相撲場の方をじっと見守っておられます。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/504-09004d92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。