ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松下 幸之助
IMG_1660.jpg

IMG_1662.jpg

IMG_1671.jpg

IMG_1664.jpg
松下 幸之助 像
(愛媛県 今治市 宅間甲 コンテックス敷地内)

撮影日:2013年3月20日
建設年:昭和61年
分 類:実業家
評 価:☆☆☆

松下 幸之助
松下幸之助(1960年代初期頃)
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

松下 幸之助(まつした こうのすけ)
(1894年-1989年)

大正-平成時代の実業家
明治27年11月27日生まれ。
農家の3男。小学校を中退してはたらきはじめ,明治43年大阪電灯(現関西電力)に入社。
大正6年改良ソケットを考案,翌年松下電気器具製作所を創業。
昭和10年松下電器産業(現パナソニック)に改組して社長となる。
事業部制,連盟店制など独自の経営で「経営の神様」とよばれた。
のちPHP研究所,松下政経塾を創設。
平成元年4月27日死去。94歳。
和歌山県出身。
【格言など】青春とはこころの若さである(座右銘)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

IMG_1668.jpg

IMG_1669.jpg
[銅  像]
大阪府門真市に所在するパナソニックミュージアム内に、松下幸之助の銅像「松下幸之助翁寿像」が建立されているが、この像は労働組合に理解を示していた幸之助に感謝する形で、松下電器労組が贈呈したものである。

[エピソード]
◎米「タイム」誌国際版の表紙を飾った2人目の日本人実業家である(1人目は戦前に登場した日本郵船の各務鎌吉)

◎自分に対して厳しい松下は交通渋滞が原因で会議に間に合わなかった際、社内処分として自らの給与を10%を減給した(1カ月間)

◎晩年、雑誌の取材で「何かひとつ夢を叶えるとしたら何を望みますか?」と質問されたところ「今の全財産を渡すからもう一度二十歳に戻して欲しい。それが出来たら私はもう一度今と同じだけの財産を築いてみせる。」と答えたと言う。
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

[感  想]
タオル繊維会社のコンテックス工場敷地内におられます。
IMG_1658.jpg
松下電器労組が贈呈した「松下幸之助翁寿像」と同じものではないかと推測されます。
コンテックスとパナソニック株式会社が関連会社である関係で設置されたのではと思われます。
右手を前に出して握手をしようとしている立ち姿で、眼鏡など細かい部分まで精巧に作られています。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/514-e26b5fbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。