ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋山 真之 1
秋山真之1IMG_1802 (2)

秋山真之1IMG_1802 (3)

秋山真之1IMG_1802 (4)
秋山 真之 像 1
(愛媛県 松山市 歩行町 秋山兄弟生誕地・生家)

撮影日:2013年3月21日
建設年:平成16年
分 類:軍人
評 価:☆☆☆

秋山真之 肖像
秋山 真之(あきやま さねゆき)
(1868年-1918年)
明治-大正時代の軍人

慶応4年3月20日生まれ。
秋山好古の弟。
日清戦争に従軍後、アメリカに留学。
帰国後、常備艦隊参謀となる。
日露戦争では連合艦隊作戦参謀として海戦の作戦を指揮。
日本海海戦での「本日天気晴朗ナレドモ波高シ」の報告文は有名。
大正3年軍務局長。6年海軍中将。
戦略家として知られた。
大正7年2月4日死去。51歳。
伊予(愛媛県)出身。海軍兵学校卒。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[エピソード]
◎参謀としての真之の功績は、長らく東郷の影に隠れ、広く一般に知られている人物とは言い難かったが、戦後、島田謹二『アメリカにおける秋山真之』(初版・昭和44年(1969年))によって紹介され、司馬遼太郎が発表した歴史小説『坂の上の雲』(初版・昭和47年(1972年))で主人公になった結果、国民的な知名度を得ることになった。

◎同郷の俳人・正岡子規とは幼少時代よりの友人であり、東京へ行った後も共立学校の同級生として交遊し、和歌なども学ぶ。また、大蔵官僚となった勝田主計も真之や子規の松山時代からの友人として知られている。

◎日本海海戦出撃の際の報告電報の一節である「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」は、「本日天気晴朗ノ為、我ガ連合艦隊ハ敵艦隊撃滅ニ向ケ出撃可能。ナレドモ浪高ク旧式小型艦艇及ビ水雷艇ハ出撃不可ノ為、主力艦ノミデ出撃ス」という意味を、漢字を含めて13文字、ひらがなのみでも僅か20文字という驚異的な短さで説明しているため、今でも短い文章で多くのことを的確に伝えた名文として高く評価されている(モールス信号による電信では、わずかな途切れでも全く意味の異なる文章になるため、とにかく文章は短ければ短いほど良いとされている)。またZ旗の信号文「皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ、各員一層奮励努力セヨ」も真之の作である。

◎日本海海戦に勝利した連合艦隊の解散式における、東郷の訓示(聯合艦隊解散の訓示)の草稿も真之が起草したものとされている。この文章に感動した時の米大統領セオドア・ルーズベルトは、全文英訳させて、米国海軍に頒布した。これらから名文家・文章家としても知られており、後に「秋山文学」と高く評価されるようになる。

◎東郷は「智謀如湧」(ちぼうわくがごとし)と真之の作戦立案能力を評価した。

◎幼少の頃は腕白なガキ大将だった。多くの子供を引き連れて戦争ごっこをするにとどまらず、本を参考に花火を作って打ち上げたりするほどだった。あまりにも腕白がすぎるため、貞は「お前も殺して私も死ぬ」と言って涙を見せるほど手を焼いた。他に絵や水泳、かけっこが得意であった。

◎海軍兵学校時代、同校で野球チームを編成し、海軍野球の創始者となった。

◎少尉候補生時代、食事中にパンくずでビスマルクやナポレオン、豊臣秀吉などの頭像を作って遊んでいた。
同じく候補生時代、後輩から「猛勉強しているわけではないのになぜいつも成績がトップなのか?」と聞かれた真之は「過去の試験問題を参考にすることと、教官のクセを見抜くことだ。また必要な部分は何回も説明することから試験問題を推測できる」と、答えた。

◎煎り豆が好物で、ポケットに忍ばせてよく食べていた。
この豆の種類であるが、明治37年(1904年)11月23日付の母宛て手紙に「何か幸便あれば豌豆及空豆二三斗計りイリテ御送被下度候」とあり、エンドウマメとソラマメの2種であった。

◎軍服の袖で鼻水を拭いたり、作戦を練り始めると入浴せずに数日過ごすなど、身なりを全く気にしない性格であったと伝えられる。また人前で放屁や放尿をすることもあった。

◎アメリカからの帰国中、賭博詐欺にあった。イカサマだと気づいた真之は、リーダーの男を部屋に連れ込み「黙ってやらせておけばいい気になりおって。このままでは侍の名折れだ、金を返せ」と、語気鋭く短刀の鞘を払った。怯えた男は金を返して逃げ出したという。
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋

秋山真之1IMG_1802 (6)
道後公園内に建てられていた真之の銅像は、写真しか残っていなかったため、それと同じ銅像の復元がきわめて難しいことから、旧海軍大学校(現、海上自衛隊幹部学校)にある真之の胸像をモデルにして、復元したものである。

[感  想]
秋山兄弟生誕地・生家に兄好古と共におられます。
軍服を着た、サーベルを両手で押さえている上半身の像で、細かいところまでよく造られています。
兄の好古の銅像を見つめています。
秋山真之1IMG_1802 (5)

秋山真之1IMG_1802 (1)
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/531-14b452df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。