ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久原 房之助
IMGP3645.jpg

IMGP3649.jpg
久原 房之助 像
(山口県 下松市 下松工業高校)

撮影日:2014年9月27日
建設年:昭和31年
分 類:政治家
作 者:長嶺 武四郎
評 価:☆☆☆

久原房之助
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

久原 房之助(くはら ふさのすけ)
(1869年-1965年)
明治-昭和時代の実業家、政治家

明治2年6月4日生まれ。
久原庄三郎の4男。
明治24年藤田組にはいり小坂鉱山を再建。
日立鉱山を開発して久原鉱業、日立製作所を創立する。
昭和3年経営を義兄鮎川義介にゆだね衆議院議員に転身(当選5回)、同年田中義一内閣逓信相、14年政友会総裁。
昭和40年1月29日死去。95歳。
長門(山口県)出身。慶応義塾卒。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

日立製作所、日産自動車、日立造船、日本鉱業創立の基盤となった久原鉱業所(日立銅山)や久原財閥の総帥として「鉱山王」の異名を取った。

[感  想]
下松工業高校の中庭におられます。
着物姿の上半身の像で、萩市出身の彫刻家である長嶺武四郎の作です。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/569-ac164b1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。