ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤岡 市助
DSCN9265.jpg

DSCN9251.jpg

DSCN9258.jpg

DSCN9249.jpg

DSCN9253.jpg
藤岡 市助 像
(山口県 岩国市 横山 吉香公園 岩国美術館前)

撮影日:2014年9月30日
建設年:平成26年
分 類:実業家
作 者:小川 幸造
評 価:☆☆☆

藤岡市助
藤岡 市助(ふじおか いちすけ)
(1857年-1918年)
明治時代の電気工学者、実業家
日本に電気、電球灯の普及させたところに功績が大きく、「日本のエジソン」、「電力の父」と評される。

安政4年3月14日生まれ。
明治17年母校工部大学校の教授。
19年帝国大学助教授となったが、同年実業界に転じ、東京電灯技師長となる。
のち東京電気(東芝の前身)社長。
白熱灯用発電機、タングステン電球の製造など、電気事業の発展につくした。
大正7年3月5日死去。62歳。
周防(山口県)出身。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

藤岡市助ものがたり
エジソンの発明から10年後。
一人の男の情熱によって、日本で初めて国産電球が点灯されました。
欧米に負けない電気産業を興し、人々にゆたかな暮らしをもたらすために、彼は生涯にわたり懸命に努力を続けました。
彼が灯した白熱電球の輝きは、文明開化のシンボル。
もう一人の東芝創業者・藤岡市助の偉業に迫ります。

【運命 DESTINY】
それは運命の出会いから始まった ~エジソンとの出会い~
明治17年(1884年)、日本の電気工学の草創期を支えた若き研究者が、国の使節に任命されアメリカに渡った。
電気時代の到来を告げる盛大な博覧会や電気産業を視察した後、彼はエジソンの研究室を訪ねる。そして発明王に自らの想いを語った。
「日本に帰ったら電気事業の創設に我が身を捧げます」と。
青年の大志に、エジソンは「日本を電気国にするのは、大変よいことだ。だがひとつだけ忠告しておこう、どんなに電力が豊富でも、電気器具を輸入するようでは国は滅びる。
まず電気器具の製造から手がけ、日本を自給自足の国にしなさい」と応じた。
およそ120年前、このアドバイスを受けた人物こそ、藤岡市助だった。

【.挑戦 CHALLENGE】
白熱電球の国産化に成功 ~「白熱舎」創設~
帰国後、市助は、国や経済界へ電球の実用化・国産化を積極的に働きかけていく。
2年後の明治19年(1886年)、市助の提言により「東京電燈」(東京電力株式会社の前身)が開業。いよいよ日本でも電気時代が到来した。
同年、市助はついに大学の教職を辞し、東京電燈の技師長へ転身。
英国から電球製造機械を輸入して、白熱電球の試作を開始した。
明治23年(1890年)4月には、同じ岩国出身の三吉正一と共同で「白熱舎」を創設し、本格的な電球製造に着手する。当初、製造は日産数個。日夜苦労を重ねた末、品質も向上し、6年後には生産規模を日産280~290個まで拡大させた。

【.誕生 ADVENT】
「マツダランプ発売」 ~「東京芝浦電気」誕生まで~
マツダランプ
マツダランプ
明治38年(1905年)、市助はエジソンの会社、米国ゼネラルエレクトリック社との提携を図った。
明治44年(1911年)には、タングステン電球「マツダランプ」を発売。
安価で丈夫な国産電球が普及し、市助が理想とした社会が実現する。
その後、市助の情熱を継承する東京電気の技術者により二つの発明(二重コイル/内面つや消し)がもたらされ、現在の白熱電球が完成。東京電気は海外企業に負けない競争力を持つ会社へと変貌を遂げ、昭和14年(1939年)、田中久重が興した会社の流れをくむ「芝浦製作所」と合併。
遂に総合電気メーカー「東京芝浦電気」が誕生する。
日本の技術であらゆる電気製品をつくる市助のスピリットは、今に受け継がれている。
「東芝未来科学館ホームページ」から

[感  想]
岩国美術館の前におられます。
後ろで手を組んだ立ち姿で、電燈をじっと見つめておられます。
台座に彫られた「明るい未来へ」も良いです。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/573-4a38a6f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。