ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田 松陰 1
幕末志士 吉田松陰・金子重輔の像

幕末志士 吉田松陰・金子重輔の像2
吉田 松陰 像 1
(山口県 萩市 椿東)

撮影日:2007年8月23日
建設年:昭和43年
分 類:幕末志士、思想家
作 者:長嶺武四郎
評 価:☆☆☆。

吉田松陰
「近代日本人の肖像ホームページ」から

吉田松陰
吉田松陰像(山口県文書館蔵)

吉田 松陰(よしだ しょういん)
(1830年-1859年)
幕末の武士,思想家,教育者

文政13年8月4日生まれ。
杉百合之助の次男。杉民治の弟。
長門(山口県)萩藩士。
山鹿流兵学師範の叔父吉田大助の仮養子となり,兵学と経学をまなぶ。
9歳のときから藩校明倫館で山鹿流兵学を教授。
嘉永3年から諸国を遊学して会沢正志斎,安積艮斎らに従学。
6年から佐久間象山に砲術,蘭学をまなぶ。
7年下田沖のアメリカ軍艦で密航をはかるが失敗。
幽閉された生家に,安政4年松下村塾(もとは外叔父玉木文之進の家塾)をひらき,高杉晋作,伊藤博文らにおしえるが,安政の大獄で6年10月27日刑死した。30歳。
名は矩方。通称は寅次郎。別号に二十一回猛士。
【格言など】身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬともとどめおかまし大和魂(辞世)
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[エピソード]
◎「晋作の識、玄瑞の才」 ~なぜ高杉晋作は英雄になれたのか?
吉田松陰は人を感化させる天才でした。
松下村塾の門下生はもちろんのこと、萩の野山獄や江戸の伝馬町獄などで松陰と出会った人々は、不思議なほど松陰に感化されていきました。
その松陰のもう一つのたぐいまれな能力は、周囲に集まるひとりひとりの資質と能力を見分けて自在に対応する力を持ち合わせていた点です。
例えば、松下村塾の双璧と謳われた高杉晋作や久坂玄瑞も決して松陰を師と仰いで入門したわけではありませんでした。
ところが、その感化力によってすぐに二人を感化させた松陰は、この二人の異なった資質と能力を素早く見抜き、「晋作の識、玄瑞の才」と二人を評価しながら、お互いを競わせたのです。
幼いころから英才の誉れ高く、利発であった玄瑞に対して、晋作は学問では決して玄瑞にかなうことがありませんでした。
しかし、晋作には松陰が識と称した資質が備わっていたのです。
その識とは、現代でいう数学ができるとか記憶力がよいというような、いわゆる勉強のできる能力とは異なったもので、炯眼(けいがん)、洞察力、直感力に近い意味、つまり先を正しく見通す力、状況に応じ、特に危機に際して機敏で的確な判断と行動ができる能力のようなものを表現していたと考えられます。
明日をも知れぬ動乱の世にあって、この識を持ち合わせていたおかげで、才を持ちながら蛤御門の変に殉じた玄瑞とは違い、幾多の危機を乗り越え、奇兵隊を結成して大田絵堂の戦いや四境戦争を勝利に導き、維新回天の立役者となった晋作が、日本史上最大の英雄のひとりと成り得たのです。

◎「草莽の崛起(そうもうのくっき)」
開国後の日本では、外国のいいなりになって屈しているかのように見える弱い態度の幕府に対し、外国を追い払い日本国をどうやって守るかという強い気持ちをもっている人たちがいました。それを攘夷といいます。
その中心になったのが松陰を始めとする長州藩の志士たちでした。
松陰は幕府を倒すための力を、はじめは藩に期待しましたが、封建制度から抜け出ることのできない藩に失望し、残るは民衆の力しかないと思っていました。
そして民間からすぐれた人物があちこちからわき出るように出て、その力を結集して自由を勝ち取るという大きな期待を民衆にかけました。
これを「草莽の崛起」といいます。
松陰が処刑され、その亡き後、松下村塾から巣立った松下村塾生グループの高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤俊輔(のちの博文)などの若者は、「強い勢力を動かして、幕府を倒し、自由を勝ち取らなければならない」という松陰の志をうけついで、幕末維新の激動期に活躍していったのです。
ホームページ「知っちょるやまぐち!?」(山口県教育委員会)から

[銅 像]
松陰と金子重輔の銅像は、1968年(昭和四十三年)、明治維新百年を記念して建たてられました。
題字は、内閣総理大臣佐藤栄作のものです。

[感 想]
吉田松陰、この人無しに幕末維新は、あり得ませんでした。
松陰の考え方は、今の世の中でも見習うべきところが多い素晴らしいものだと思います。
銅像は、萩の市内をじっと見据えておられます。
萩城のある指月山と菊ヶ浜とその先の海をよく見渡すことができます。

幕末志士 吉田松陰・金子重輔の像3
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/58-52d30117
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。