ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中 久重
DSCN0309.jpg

DSCN0310.jpg

DSCN0313.jpg
田中 久重 像 
(福岡県 久留米市 通外町 五穀神社)

撮影日:2015年2月2日
建設年:昭和32年(建立昭和51年)
分 類:その他
作 者:豊田 勝秋
評 価:☆☆☆

田中 久重
田中 久重(たなか ひさしげ)
(1799年-1881年)
幕末・明治の機械技術者。

久留米のべっこう細工師の長男として生まれ、幼時より機巧の才にたけ、〈からくり儀右衛門〉と
呼ばれた。
1824年、諸国遍歴に旅立ち、長崎を経て、大坂、京都に移り、天文暦学の土御門家に入門、嵯峨
御所より御用時計師に与えられる近江大掾の称号を授かり、京都に機巧堂という店舗をかまえた。
各種の高級時計、無尽灯、雲竜水、須弥山儀などを製作し、また江戸期最高の万年時計を完成し
たが、これらは買手がつかず、見世物のからくり興業で渡世していた。
「世界大百科事典」から

DSCN0370.jpg

【工夫し続けた「東洋の発明王」】
からくり儀右衛門・田中久重
からくり儀右衛門は、本名を田中久重といい、江戸時代後期の寛政十一年(1799年)、今の久留
米市通町でべっ甲細工をつくる家の長男として生まれました。
幼いころから仕事場に座り込んで、父弥右衛門の手元をじっと見つめ、「たいまい」と呼ばれる海
亀の甲らが、櫛やめがねの縁に変わっていく様子を面白そうに見ている子どもでした。
あるときは近所の鍛冶屋へ出かけ、真っ赤な鉄の塊が鎌や包丁などに形が変わっていく様子を一
心に見ています。またあるときは、道具屋でかんなで板をけずるやり方を見ています。そのうち
に刃物のつくり方や傘づくり、漆塗り、人形づくりなど、どうやってつくっていくのかをすっか
り覚え込んでしまいました。
儀右衛門が九歳のとき、寺子屋ですずり箱にいたずらをされたことがありましたが、儀右衛門は
引出しのつまみをちょっと回しておけば、決して開くことのできないような仕掛けをつくって、
友だちや先生をびっくりさせました。
また、近所には、久留米かすりを発明した井上伝という人が住んでいました。儀右衛門は十五歳
のとき、もっと新しい模様がつくれないかという伝の悩みを聞いて、それまでの十字模様やあら
れ模様とは違った花や鳥や人の形をした絵模様の美しいかすりを織ることができる機械をつくり
出し、織り方や下絵の描き方まで教えたので、久留米かすりの評判がいっそう高くなりました。
二十歳になると、さまざまなからくり人形をつくっては人々を驚かせ、その人形を持って大阪、
京都、江戸などを回りました。からくり人形はどこへ行っても大評判で、「からくり儀右衛門」の
名は日本中に知れわたりました。
ところが、父親の死後、儀右衛門の発明工夫を陰ながら見守り、励まし続けてくれた母親が亡く
なりました。自分の好きな仕事に夢中になっていて、何の恩返しもできず両親を失ったことに、
深い悲しみと後悔に暮れていた儀右衛門の耳に、先に亡くなった父親の声がよみがえってきまし
た。
「立派な発明家になって国のため、人のためにつくす」という約束の言葉です。儀右衛門は、は
っとしました。からくり人形を工夫する知恵は、もっと大切なことに使わなければならない…。
そこで、さらに勉強し自分の力が十分に発揮できる場を求めて、妻や子どもを連れ大阪に住まい
を移しました。儀右衛門、三十六歳の出発です。
当時大阪では、幕府に不満を持った武士たちの反乱が相次いでいました。大塩平八郎の乱による
大火事で町は焼かれ、儀右衛門も家や家財道具、発明道具をすべて失いました。焼け出されて知
人宅に世話になっていた儀右衛門は、ちょろちょろとしか水の出ない「竜吐水」というポンプを
何とか工夫して、水を高く出せないか一生懸命に考えました。そして四人がかりの手押しポンプ
「雲竜水」をつくり、見物人の目の前で一〇メートルもの水を勢いよく出して見せました。
人々は大いに喜び、たくさんの注文がきました。
儀右衛門はからくり人形をつくるときに、ぜんまい仕掛けやばね仕掛けの工夫をした経験から、
壊れた時計の修理をよく頼まれました。外国製のとても複雑な機械の時計もたちまち直してしま
うので、とうとう自分の力で外国製に負けない時計をつくろうと決心しました。
こうして完成したのが、日本最高の作品といわれる万年時計で、「万年自鳴鐘」と呼ばれる六角形
の時計です。
万年自鳴鐘は、一面は西洋の時間、二面は日本の時間、三面は曜日、四面は季節、五面は今夜の
月の大きさ、六面は子丑寅(ねうしとら)などの刻(とき)をあらわし、一番上には赤い球と白い球が
くるくると回るようになっており、太陽と月の動く様子が一目見て分かるようになっていました。
 五十二歳になってもなお熱心に西洋の天文学や蘭学を学んだことが、儀右衛門の発明をさらに
進歩させていきました。儀右衛門の名声を聞いた佐賀藩では、彼を招き、初めて日本人の手によ
ってつくられた蒸気機関をすえ付けた汽船を完成させました。
明治時代を迎えると、儀右衛門は七十五歳で東京に移り、現在の東芝のもととなる工場をつくり、
明治十四年(1881年)、八十二歳で亡くなるまで活動し続けました。
【出典、参考文献】
「ふるさと久留米をきずいた人びと」久留米市先達顕彰促進協議会

万年時計こと万年自鳴鐘(和時計)
万年時計こと万年自鳴鐘(和時計)


久留米駅前
久留米駅前(まちなか口)には旧駅舎時代の2005年ごろからからくり時計が設置されている。
再開発に伴い新駅舎完成直後から一時撤去されていたが、2011年3月上旬に再設置された。

[感  想]
五穀神社境内の郷学の森におられます。
着物を着た上半身の像で、髭が特徴的です。


DSCN0297.jpg

DSCN0368.jpg
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/591-69e3b644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。