ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岸 清一 2
岸 (4)

岸 (5)

DSCN0518.jpg
岸 清一 像 2
(東京都 渋谷区神南 岸記念体育会館)

撮影日:2016年2月29日
建設年:昭和39年
分 類:弁護士、スポ-ツ功労者
作 者:西田 明史
評 価:☆☆☆

岸 清一(きし せいいち)
(1867年-1933年)
明治-昭和時代前期の弁護士、スポ-ツ功労者
日本の体育・スポーツ界発展のため尽力し、“近代スポーツの父”として慕われた。

慶応3年7月4日生まれ。帝国大学在学中ボ-ト選手として活躍。
卒業後弁護士となり、民事訴訟法の権威として知られる。
大日本体育協会会長、IOC委員もつとめた。
昭和8年10月29日死去。67歳。
遺志による寄付金をもとに岸記念体育館がたてられた。出雲(島根県)出身。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

[岸記念体育会館]
第2代大日本体育協会会長・岸清一の遺言により100万円(現在の28億円程に当たる)が
寄付されて1940年に東京府神田駿河台に建設。
1964年のオリンピック開催時に現在地に移転。
建物前に岸清一の銅像が設置されている。
地下1階に体育協会資料室が併設され、スポーツ関連の書物が閲覧可能になっている。
岸 (3)

[感  想]
岸記念体育会館の敷地内におられます。
上半身の像で、彫りの深い顔と口髭が印象的です。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/633-c599bf1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。