ken's銅像探索日誌
旅先で出会った銅像達を紹介します!
分類



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千代の富士
千代の富士1

千代の富士 2

千代の富士3

千代の富士 4

千代の富士5
千代の富士 像
(東京都 台東区谷中 玉林寺)

撮影日:2016年2月29日
建設年:平成23年
分 類:力士
作 者:小張 隆男
評 価:☆☆☆

千代の富士
千代の富士貢(ちよのふじみつぐ)
(1955年-2016年)
昭和後期-平成時代の力士

昭和30年6月1日生まれ。
昭和45年九重部屋に入門。50年入幕。
ウルフとよばれ、右まわしをひきつけての速攻相撲で昇進し、56年58代横綱となる。
昭和63年53連勝を記録。平成3年引退。
通算1045勝は史上最多。優勝31回は大鵬の32回につぐ。平成4年九重部屋をつぐ。
平成元年国民栄誉賞受賞。20年日本相撲協会理事。北海道出身。本名は秋元貢。
「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」から

千代の富士1

[エピソ-ド]
◎岳父は玄洋社記念館館長、玄洋ビル社長を務めた進藤龍生。
夫人は進藤喜平太(第2代・第5代玄洋社社長)の曾孫で、進藤一馬(第十代玄洋社社長、元福岡市長)の姪孫。
次女はファッションモデルの秋元梢で、他に長男の秋元剛と長女の秋元優(梢の兄と姉)も同じくファッションモデルとして活動している。
◎次女はモデル・タレントの秋元梢。秋元はモデルとして成功するまで父が千代の富士である事を公表していなかったが、専属モデルや広告モデルに起用されるようになってからバラエティ-で公表し、「二世タレント」としてバラエティ-などに出演しているが、相撲を知らずさらに千代の富士の現役時代を知らない世代が中心の環境であり、千代の富士自身もバラエティ-に出演があまりないため、ほとんど実力で芸能活動をしている。
なお、1988年5月場所に千代の富士が23回目の幕内優勝を果たし、千代の富士が天皇賜杯を抱いての記念撮影を行う際には賜杯と共に当時生後10か月の秋元を抱いて記念撮影を行った。
◎尊敬する力士として貴ノ花を名を挙げている。新入幕後に十両から幕下で低迷してしまいやけになって煙草の本数が増え、一時は1日3箱も吸うヘビ-スモ-カ-となってしまったが、貴ノ花から禁煙を勧められたことに「尊敬していた大関がそんなに自分の事を心配してくれているのか」と感激し、50万円のダンヒルの金のライタ-を隅田川に投げ捨て、さらに飴玉を使って禁煙を遂げた。これがきっかけで体重が増え、後の横綱昇進に繋がる。

◎その強さもさることながら、均整のとれた筋肉質の体格(183cm・126kg、体脂肪率10.3%)、逞しさ漂う風貌でも人気を集めた。
幕内から大関、横綱へ一気に昇進してからは絶大な人気を誇った。

現役引退
◎横綱昇進が決まった日の夜、九重は千代の富士を自分の部屋に呼び、いきなり「ウルフ、辞めるときはスパッと潔く辞めような。ちんたらチンタラと横綱を務めるんじゃねえぞ」と言った。祝儀がもらえるのかと思っていた千代の富士はこの言葉に面食らったという。しかし、千代の富士の引退は正にこの言葉を守った潔いものとなった。これは、栃木山から言われた言葉を栃錦が千代の山に語り、千代の山から北の富士を経て、千代の富士へ受け継がれたものと言われている。

◎1991年5月場所が始まる前の最大の注目は、3月場所に幕内下位ながら終盤まで優勝争いに加わった貴花田と千代の富士の初対戦であった。何日目に対戦するかが話題となる中で、誰も予想しなかった初日に取組が組まれた。これは当時審判部長だった九重が「勝ち負けが全くついていない、まっさらな状態で対戦させたい」との思いからであったが、千代の富士はこの取組に敗れ、その2日後に引退を表明。ある意味、自らの師匠が招いた引退とも言える。貴花田に敗れた時点で実は千代の富士は引退も頭をちかつかせる程だったが、そのことを伝えに九重のもとに行ったところ、九重は千代の富士を見るなり「先に廻しを取られたからなあ。まあ明日がんばれよ」と言った。このために気勢を削がれた千代の富士は引退の意思を伝えそびれてしまい、引退表明が3日目の貴闘力戦に敗れた後になったという。その千代の富士からついに引退の決意を伝えられた時、千代の富士と共に九重も思わず二人で男泣きしたという。

◎千代の富士が引退した1991年5月14日は午前中に信楽高原鐵道列車衝突事故が発生し、NHKでは断続的に事故に関するニュ-スを放送していた。しかし夜になって、千代の富士自ら九重部屋にて突如引退会見を行うことになったため急遽ニュ-スを中断、駆け付けた大勢のマスコミ陣の前で会見の生中継を行った。
この際千代の富士は「長い間、本当に皆様には、大変お世話になりました。まああの月並みの、引退ですが…」と語ったその後、言葉に詰まらせながら目を赤くして、「体力の限界…気力も無くなり、引退することになりました…以上です。」
と振り絞るようにコメント、記者陣の目の前でハンカチで涙を拭っていた。
後年千代の富士が自ら語ったところによると、1991年5月場所3日目の夜に九重から「明日、発表しよう」と言われたがその日の夜に『サザエさん』を見ていた際に額の上に自身の引退を報じる速報が確認され、そうして慌てて会見に臨んだという。
尚丁度20年前の1971年5月14日には、大鵬も当時新鋭だった貴ノ花に敗れて引退を表明しており、大横綱と二子山部屋、藤島部屋が絡んでいる花田家には因縁がある。
ちなみに、千代の富士が幕内初優勝を果たした1981年1月場所は、奇しくも貴ノ花が現役引退を表明した場所でもあった。

◎引退相撲が行われた1992年2月1日はTBSで放送され、最後の横綱土俵入りでは露払いに引退直後の旭富士、太刀持ちには弟弟子の北勝海の両横綱を従えた。大銀杏を切り落とす瞬間には大粒の涙を流していた。

◎ロンドンにある蝋人形館、マダム・タッソ-では最近まで千代の富士の蝋人形が置かれていた。
ウルフと呼ばれていたことなどが記されていた。
現在はデックス東京ビ-チ内にあるマダム・タッソ-東京で展示されている。

その他
◎角界屈指のゴルフ好きで知られるが、元々は趣味としていなかった。休みの日は麻雀やファミリ-コンピュ-タに夢中の彼に対して、九重が「健康的な休みを取らないとダメだ」と無理やりゴルフに連れて行ったことがきっかけだった。しかし初めてのゴルフのハ-フで40台を出し、ワンラウンドを86で回って、九重のスコアより良かったことに「いやぁ、ゴルフっていいですねぇ!」とすっかり上
機嫌になって九重のメンツは丸つぶれ、以後ゴルフにのめり込んだ。

◎ゴルフの他にもジグソ-パズルを趣味としていた時期もあった。1986年4月から8カ月をかけて5146ピ-スもある古い世界地図が描かれたパズルを完成させたという。これが良い気分転換となってか千代の富士の土俵人生は絶頂期に突入し、特に1987年1月場所の辺りで最後の1ピ-スをはめて完成させた頃の相撲を見た当時の春日野理事長は「この相撲なら2、3年は大丈夫だな」と
語ったそうだが、実際に引退に至ったのは4年後の1991年5月場所であった。

◎横綱として全盛期を極めていた当時、テレビ番組、特に生放送の番組に出演することは稀であったが「夜のヒットスタジオDELUXE」(フジテレビ)には1985 - 1987年まで3回、特別ゲストとして番組オ-プニングからエンディングまで出演している。
これは当時の同番組司会者であり、千代の富士・九重との親交がある芳村真理の誘いを受けての出演だったと言われている。
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

【銅 像】
●千代の富士の銅像が横綱千代の山・千代の富士記念館(北海道福島町)、
九重部屋玄関前(東京都墨田区)、
玉林寺(東京都台東区)
の3箇所に建立されている。
●出身地や卒業した小学校とも千代の山と同じで、これは非常に珍しいケ-スで他に例がない。
故郷の福島町には横綱千代の山・千代の富士記念館があり、千代の山と千代の富士の土俵入りの様子をモデルにした銅像がある。
※出典: フリ-百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

[感  想]
玉林寺の境内におられます。
千代の富士6
右手に刀を持った、堂々とした立ち姿で、強かった横綱の雰囲気がよく出ています。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kendouzou.blog115.fc2.com/tb.php/637-2fc3657d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。